カテゴリーの出力

カテゴリー出力のイラスト

個々の投稿はカテゴリーにいれることが多いですが、the_category という関数(テンプレートタグ)を使って、個々の投稿にその投稿が分類されるカテゴリーの一覧を出力することができます。

カテゴリーの出力

カテゴリーの情報を出力するには、the_category の関数を使います。

PHP

<?php the_category(); ?>

パラメータなしで the_category() と呼び出した場合、カテゴリーの一覧はリスト ul/li で出力されます。

HTML

<ul class="post-categories">
	<li><a href="カテゴリーのURL" rel="category">〇〇</a></li>
	<li><a href="カテゴリーのURL" rel="category">××</a></li>
	<li><a href="カテゴリーのURL" rel="category">△△</a></li>
</ul>

セパレータを指定して出力

the_category のパラメータとして、個々のカテゴリーを区切る文字(セパレータ)を指定することが可能です。

PHP

<?php the_category( ' / ' ); ?>

この場合、カテゴリーへの一覧は ul/li で囲まれず、ここのカテゴリーへのリンクの間にセパレータの文字列が出力されます。

リンクなしのカテゴリー名を出力

リンク無しでカテゴリー名を出力する場合には、以下の関数を使ってカテゴリー名を出力します。

PHP

<?php $cat = get_the_category(); $cat = $cat[0]; { echo $cat->cat_name; } ?>

件数付きの全カテゴリーの出力

サイドバーや任意の場所にサイトの全カテゴリーを表示させるには、wp_list_categories() という関数(テンプレートタグ)を使います。

デフォルトでは <li> タグで出力されるので、以下のように記述します。

PHP

<ul>
<?php wp_list_categories(); ?>
</ul>

カテゴリーがリストとしてマークアップされますが、何もパラメータを指定しないと、「カテゴリー」というタイトルが表示され、そのあとにカテゴリー名が表示されてしまうので、title_li というパラメータを使い非表示にします。

それに、記事の投稿件数を表示させるには show-count というパラメータを使い表示させることができ、この title_lishow-count の関数を組み合わせて出力します。

PHP

<ul>
<?php
  $args = array(
    'show_count' => 1,
    'title_li'  => ''
  );
  wp_list_categories($args); 
?>
</ul>