jQueryのコピペで数字をカウントアップしながら表示するスニペット

タイマーのイラスト

LPにアンケート結果や、実績の数を表示する際、数値の桁数が少ない時等、そのまま数字を載せただけではイマイチな場合があります。

そんな時、数字に動きや装飾をつけたりすると、また違った印象を与えることができます。

この記事は、そんな数字をカウントアップしながら表示するjQueryについて

  • 数字をカウントアップさせた場合の実装サンプル。
  • jQueryのコピペ用コード一式。
  • ざっくりとしたコードの解説。

の内容で、実装サンプルと併せて解説します。

かかかず
かかかず

実績〇〇社!とかに使えます。

カウントアップのデザインサンプル

早速デザインサンプルで、それぞれ指定した数値になるまでカウントしていきます。上限の数値になるまで、時間も任意で設定できます。

  • テキストはここ。

  • テキストはここ。

  • テキストはここ。

  • テキストはここ。

  • テキストはここ。

  • テキストはここ。

かかかず
かかかず

ここまでスクロールした時に、カウントアップが既に終わっていて動きがない場合、ページの更新をしてみてください。

コピペする時の注意点

この記事で紹介のコピペ用コードには、jQuery本体の組み込みが必要です。

jQueryは既に<head>〜</head> の中で読み込まれていれば問題ありませんが、ない場合は以下のMEMOを見てjQueryもHTMLファイルに書き込みましょう。

MEMO
当サイトでは以下のjQueryを使用しています。
<script type='text/javascript' src='https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.5.1/jquery.min.js'></script>
上記のような記述が、htmlファイルの
<head>〜</head>
の中に無い場合その中へ貼り付けましょう。
かかかず
かかかず

jQueryは必須でないと動かないので、書きこんでからコピペください。

コピペ用のコード一式

コピペ用のコードで、HTMLは好きなところに設置して、jQueryは <body>〜</body> のクロージングタグの前にコピペします。

コードを表示する

HTML

<ul class="counter_ul">
  <li>
  <div class="counter">
   <i class="fa fa-code fa-2x"></i>
   <p class="timer count-title count-number" data-to="300" data-speed="1500"></p>
   <p class="count-text ">テキストはここ。</p>
  </div>
  </li>
  <li>
  <div class="counter">
   <i class="fas fa-coffee"></i>
   <p class="timer count-title count-number" data-to="10500" data-speed="1500"></p>
   <p class="count-text ">テキストはここ。</p>
  </div>
  </li>
  <li>
  <div class="counter">
   <i class="fas fa-box-open"></i>
   <p class="timer count-title count-number" data-to="8400" data-speed="1500"></p>
   <p class="count-text ">テキストはここ。</p>
  </div>
  </li>
  <li>
  <div class="counter">
   <i class="fas fa-user-check"></i>
   <p class="timer count-title count-number" data-to="1020" data-speed="1500"></p>
   <p class="count-text ">テキストはここ。</p>
  </div>
  </li>
  <li>
  <div class="counter">
   <i class="fas fa-shopping-cart"></i>
   <p class="timer count-title count-number" data-to="10500" data-speed="1500"></p>
   <p class="count-text ">テキストはここ。</p>
  </div>
  </li>
  <li>
  <div class="counter">
   <i class="fas fa-box-open"></i>
   <p class="timer count-title count-number" data-to="8400" data-speed="1500"></p>
   <p class="count-text ">テキストはここ。</p>
  </div>
  </li>
</ul>

CSS

ul.counter_ul {
    display: flex;
    justify-content: space-between;
    list-style: none;
    border: none;
    margin: 0;
    padding: 0;
    flex-wrap: wrap;
}
ul.counter_ul li {
    width: 31.5%;
    margin-bottom: 7px;
}
.counter{ background-color: #ffffff; padding: 20px 0; background: #fff;
    border-radius: 2px;
    box-shadow: 0 1px 4px rgb(0 0 0 / 20%);
    transition: 0.3s ease-in-out;}
.counter .count-title { font-size: 40px; font-weight: normal;  margin-top: 10px; margin-bottom: 0; text-align: center; }
.counter .count-text { font-size: 13px; font-weight: normal;  margin-top: 10px; margin-bottom: 0; text-align: center; }
.counter i {
    margin: 0 auto;
    float: none;
    display: table;
    color: #6BB6ff;
    font-size: 2rem;
}

@media screen and (max-width: 767px) {
/* (ここにモバイル用スタイルを記述) */
ul.counter_ul {
    flex-direction: column;
}
ul.counter_ul li {
    width: 100%;
}
}

jQuery

(function ($) {
  $.fn.countTo = function (options) {
    options = options || {};
    
    return $(this).each(function () {
      // set options for current element
      var settings = $.extend({}, $.fn.countTo.defaults, {
        from:            $(this).data('from'),
        to:              $(this).data('to'),
        speed:           $(this).data('speed'),
        refreshInterval: $(this).data('refresh-interval'),
        decimals:        $(this).data('decimals')
      }, options);
      
      // how many times to update the value, and how much to increment the value on each update
      var loops = Math.ceil(settings.speed / settings.refreshInterval),
        increment = (settings.to - settings.from) / loops;
      
      // references & variables that will change with each update
      var self = this,
        $self = $(this),
        loopCount = 0,
        value = settings.from,
        data = $self.data('countTo') || {};
      
      $self.data('countTo', data);
      
      // if an existing interval can be found, clear it first
      if (data.interval) {
        clearInterval(data.interval);
      }
      data.interval = setInterval(updateTimer, settings.refreshInterval);
      
      // initialize the element with the starting value
      render(value);
      
      function updateTimer() {
        value += increment;
        loopCount++;
        
        render(value);
        
        if (typeof(settings.onUpdate) == 'function') {
          settings.onUpdate.call(self, value);
        }
        
        if (loopCount >= loops) {
          // remove the interval
          $self.removeData('countTo');
          clearInterval(data.interval);
          value = settings.to;
          
          if (typeof(settings.onComplete) == 'function') {
            settings.onComplete.call(self, value);
          }
        }
      }
      
      function render(value) {
        var formattedValue = settings.formatter.call(self, value, settings);
        $self.html(formattedValue);
      }
    });
  };
  
  $.fn.countTo.defaults = {
    from: 0,               // the number the element should start at
    to: 0,                 // the number the element should end at
    speed: 1000,           // how long it should take to count between the target numbers
    refreshInterval: 100,  // how often the element should be updated
    decimals: 0,           // the number of decimal places to show
    formatter: formatter,  // handler for formatting the value before rendering
    onUpdate: null,        // callback method for every time the element is updated
    onComplete: null       // callback method for when the element finishes updating
  };
  
  function formatter(value, settings) {
    return value.toFixed(settings.decimals);
  }
}(jQuery));

jQuery(function ($) {
  // custom formatting example
  $('.count-number').data('countToOptions', {
  formatter: function (value, options) {
    return value.toFixed(options.decimals).replace(/\B(?=(?:\d{3})+(?!\d))/g, ',');
  }
  });
  
  // start all the timers
  $('.timer').each(count);  
  
  function count(options) {
  var $this = $(this);
  options = $.extend({}, options || {}, $this.data('countToOptions') || {});
  $this.countTo(options);
  }
});

各コードのざっくりとした解説

それぞれのコードについての解説です。CSSはカードタイプでこのサイトに合わせて作っているので、説明は割愛します。

HTML:数字の上限値と表示スピード

HTMLのdata-to="XXX" data-speed="XXX"の部分が、それぞれ表示させる記述と設定の部分です。

コピペ用コードのHTMLには、p タグの中に記述していて、data-to="XXX" が数字の上限値で、data-speed="XXX" が上限値になるまでの時間です。

jQuery

// start all the timers のコメントアウトの下にある$('.timer').each(count); がカウンター表示の対象になるclassの指定の箇所です。

コピペ用コードは .timer を指定していますが、IDなどの指定もOKです。

レンタルサーバー