プラグイン無しでcocoonの改造/自動でh2の見出しタグにCSSで番号をつける

h2の見出しのアイキャッチ

当サイトで使用しているWordPressのテーマ:SANGOは、イケてるデザインですが、有名な無料テーマ:cocoonも高速で、かつイケてるデザインです。

cocoonのテーマ

cocoonをベースにサイトを色々と改造したので、今回は記事ページに実装した自動でh2の見出しタグにCSSで番号をつける方法をご紹介します。

cocoonの実装のサンプル

h2の前にネガティブマージンで本文位置よりも左にはみ出し、数字で見出しをつけています。

cocoonの実装のサンプル

cocoon用h2の番号付与CSS

.article h2:before のcontent:には 数字と「.」を付与するようなCSSで記述しています。

この中身を変更することで、自分の出力したいものに変更が可能です。

コードを表示する

CSS

.article h2 {
  position: relative;
  padding: 0 14px 0 30px;
	background-color: #FFF;
  display:inline-block;
	margin-left: -28px;
	font-weight: 600
}

.article {
  counter-reset: h2;  /* 'h2'という名前のカウンターを設定し、 0 で初期化する。 */
}

.article h2:before {
  counter-increment: h2;  /* h2カウンターの値に1を加算 */
  content: counter(h2) ". ";   /* h2カウンターの値を表示 */
	margin-left: -70px;
	margin-right: -6px;
	filter: drop-shadow(0 0 0.06rem black);
	color: #fff;
	font-size: 2.6em;
}

cocoonを改造して作ったサイト

cocoonをベースにして、1カラムでシンプルなテーマを作ってみました。

この記事でご紹介しているブロックも使用しているので、参考にご覧ください。

>>> cocoonを改造したサイト:テストのサイト