さくらのレンタルサーバのスタンダードプランでPageSpeed Insightsを使って速度を検証!本当に速いのか調べてみた。

PageSpeed Insightsのイラスト

さくらのレンタルサーバは、一番低価格のプランで月額524円〜 利用することができます。

この月額524円〜のスタンダードプランは、低価格ながらもディスク容量100GBが使え、独自ドメインが200個まで使えたりと、基本的な部分も安心のスペックでユーザーに評価されています。

かかかず
かかかず

さくらのレンタルサーバは昔からあります。

この記事は、そんなさくらのレンタルサーバのスタンダードプランについて、

  • さくらのレンタルサーバの実際の速さのスコア。
  • スタンダードプラン x WordPressの各テーマ別のスコア。
  • どういう設定をするとさらに速くなる?遅くなる?

の内容です。「本当に速いの?」と疑問を持っている方や、スタンダードプランを検討中の方は、是非この記事を最後までご覧頂けたら幸いです。

かかかず
かかかず

あと、はじめに結論を言っておくと、実際速かったです。

PageSpeed Insightsで試すテーマ

この記事でのスピードの計測は、WordPressのインストール完了後にサンプルの1記事の状態で、Googleの「PageSpeed Insights」を使用。そして、WordPressのバージョンは「5.7.1」。PHPのバージョンは「7.4.15」。そしてさくらレンタルサーバの「スタンダードプラン」でテストをしています。

PageSpeed Insights
PageSpeed Insights

そして、それぞれのテーマのバージョンは、記事執筆時点の最新ver.で調査しています。

テーマバージョン
Twenty Twenty-One1.3
SANGO 2.4.2
Cocoon2.2.8.8

あとスコアと一緒に出てくる「First Contentful Paint」は、ページ内に何らかのコンテンツが表示されるまでの時間です。

かかかず
かかかず

テーマによって設定を色々変えて計測しているので、是非最後までご覧ください。

Twenty Twenty-One

WordPressテーマのTwenty Twenty-Oneは、WordPressのデフォルトのテーマです。パステルグリーンの背景色をベースにしたテーマで、超シンプルなデザインとレイアウトです。

Twenty Twenty-One
WordPressテーマ Twenty Twenty-One

全体的に、余白が結構ありフォントが目立つので、サイトのコンセプトによってWebフォントを使うと、いい感じにおさまりそうなテーマです。

かかかず
かかかず

早速Twenty Twenty-Oneのスコアを見てみましょう。

何もいじってない状態

レンタルサーバーにWordPressのインストールが完了して、デフォルトテーマのTwenty Twenty-OneをそのままPageSpeed Insightsで計測した数値です。

モバイル

モバイルのスコア

First Contentful Paint:1.9 秒

パソコン

パソコンのスコア

First Contentful Paint:0.6 秒

何も設定をしないと、ワンカラムの表示でコンテンツ量もかなり少ない為、スコアも爆速です。モバイルも、パソコンも何ら問題ありません。

モリサワWebフォント適用時

さくらのレンタルサーバでは、Webフォントが無料で使えます。

サーバーのコントロールパネルから設定をONにして、WordPressのプラグインをインストールすると使えます。

PageSpeed Insightsのテストでは、ベーシックの「見出し:見出ゴMB31 / リード:カクミンR / 本文:新ゴR /太字:新ゴM」で設定した場合のスコアです。

モリサワWebフォントの設定

設定をすると以下のように、それぞれのフォントブロックに適用されます。

かかかず
かかかず

ワンカラムのテーマはいい意味でフォントが目立つので、Webフォントを使うと、より映えます。

モバイル

何もいじってない状態との差 -9

モリサワWebフォント適用時のモバイルスコア

First Contentful Paint:1.9 秒

パソコン

何もいじってない状態との差 -5

モリサワWebフォント適用時のパソコンスコア

First Contentful Paint:0.6 秒

モリサワWebフォントをONにすると、多少スコアが下がりますが、First Contentful Paintの数値も何もいじっていない状態と比較しても変わっていない為、実際にページの切り替えもスムーズです。

かかかず
かかかず

Webフォントの影響はちょっとあります。

SANGO

SANGOはWordPressの有料テーマで、サルワカさんがGoogleのマテリアルデザインを随所に取り入れて作った、シンプルで居心地の良いテーマです。当サイトもSANGOを使っています。

WordPresstテーマ SANGO
WordPresstテーマ SANGO
かかかず
かかかず

SANGOのPageSpeed Insightsのスコアを見てみましょう。

何もいじってない状態

何もいじっていない状態でPageSpeed Insightsのスコアは、モバイルが84で、パソコンは95です。

モバイル

First Contentful Paint:2.9 秒

パソコン

First Contentful Paint:0.7 秒

ちょっとモバイルのスコアと、First Contentful Paintの時間が気になりますが、全体的に高いスコアで全く問題ないレベルです。

SANGOの高速化設定ON

WordPressテーマのSANGOには、高速化設定ができます。

「投稿/固定ページ内の画像を遅延読み込み」や「メインコンテンツ外の画像にloading=”lazy”を指定する」などの高速化設定をONにしてみます。

SANGOの高速化設定ON

モバイル

何もいじってない状態との差 +4

高速化したSANGOのモバイルのスコア

First Contentful Paint:2.9 秒

パソコン

何もいじってない状態との差 -3

高速化したSANGOのパソコンのスコア

First Contentful Paint:0.7 秒

モバイルのスコアがちょっとだけ上がりました。これは投稿ページと固定ページを対象とした高速化の設定が多い為、計測対象のページにそこまで影響がない為、おそらく誤差程度で差があるものだと思います。

Googleフォント適用時

SANGOだと「Noto Sans JP」「M PLUS Rounded 1c」のGoogle Fontsの2種類が、管理画面のカスタマイズから簡単にONにできます。

このGoogle Fontsの「Noto Sans JP」をONにした時のスコアです。

モバイル

何もいじってない状態との差 -23

SANGOでGoogleフォント適用時のモバイルスコア

First Contentful Paint:4.3 秒

パソコン

何もいじってない状態との差 -7

SANGOでGoogleフォント適用時のパソコンスコア

First Contentful Paint:1.1 秒

モバイルの数値が結構落ちましたが、及第点であることは変わりません。Google Fontsの日本語は字数が元々多く、フォントのファイルサイズも大きいので、サブセット化をすれば早くなります。

モリサワWebフォント適用時

SANGOでもモリサワWebフォントをONにした時のスコアです。

モバイル

何もいじってない状態との差 +3

First Contentful Paint:2.9 秒

パソコン

何もいじってない状態との差 +4

First Contentful Paint:0.7 秒

若干スコアが上がっていますが、PageSpeed Insightsも都度数値が若干程度変わるので、その際の誤差だと思います。

Cocoon

Cocoonは、わいひらさんが作ったWordPressテーマで、シンプルながら便利な機能がふんだんに盛り込まれたテーマです。そして、なんと言ってもこの高機能ながら無料で利用することができる、人気のWordPressテーマです。

個人的にもWordPressのサイトやブログを作る場合、Cocoonを使うことが多いです。

WordPressテーマCocoon
WordPressテーマ Cocoon

何もいじってない状態

何もいじっていない状態だと、以下のスコアで全体的に高いスコアです。

モバイル

cocoonのモバイルスコア

First Contentful Paint:2.1 秒

パソコン

パソコンのスコア

First Contentful Paint:0.6 秒

Cocoonの高速化設定ON

Cocoonはサイトの高速化設定が可能で、ブラウザキャッシュのON・OFFの設定や、HTMLやCSSの縮小も出来たりします。

cocoonの高速化設定

ここでは、高速化の設定できる項目を全てONにした時のスコアです。

モバイル

何もいじってない状態との差 +9

高速化設定をしたcocoonのモバイルスコア

First Contentful Paint:2.4 秒

パソコン

何もいじってない状態との差 +7

高速化設定をしたcocoonのパソコンスコア

First Contentful Paint:0.7 秒

First Contentful Paintは多少遅くなっていますが、スコアが大きく上がり、モバイル・パソコン共に100も視野に入るようなスコアで、早くなっています。

かかかず
かかかず

めっちゃ早くなります。

モリサワWebフォント適用時

以下はCocoonで、モリサワWebフォントのベーシック「見出し:見出ゴMB31 / リード:カクミンR / 本文:新ゴR /太字:新ゴM」のフォントに設定した場合のキャプチャです。

モリサワWebフォント適用時のトップページ

見た目にそんなに大きな違いは出ませんが、見出しや登校日の日付に適用になった部分が変わり、メリハリがつきます。

モバイル

何もいじってない状態との差 -5

モリサワWebフォント適用時のモバイルスコア

First Contentful Paint:2.4 秒

パソコン

何もいじってない状態との差 -2

モリサワWebフォント適用時のパソコンスコア

First Contentful Paint:0.7 秒

モリサワのWebフォントをONにすると、スコアはちょっと下がりますが、それでも何ら問題ないレベルのスコアです。

さいごに

さくらのレンタルサーバは、平均して90のスコア前後でした。

そして、何らかのコンテンツと呼べるものが表示されるまでの時間のFirst Contentful Paintも3秒以下で応答するなど、サーバーからのレスにストレスを感じず、早い応答速度でした。

今回のこれらのことをまとめると

  • スタンダードプランのPageSpeed Insights平均スコアは90前後。
  • Webフォントを組み込むと多少スコアが落ちるが、モリサワWebフォントならそこまで遅くならない。
  • スタンダードプランは速い。

です。

このようにスタンダードプランは、サイトを開設当初なんら問題ない形で運用でき、WebサーバがApacheでアクセスが集中しても処理を分散できるので、安定した運用ができるサーバーだと思います。

かかかず
かかかず

安くて安定・速いはその通りの結果でした。

今回、さくらレンタルサーバで計測のものは「スタンダードプラン」ですが、これ以外のプランもお試し利用が可能なので、気になった方は以下の公式サイトからチェックしてみてください。

公式サイトのリンクさくらインターネット

レンタルサーバー