さくらのレンタルサーバのスタンダードプランでPingdomを使って速度を検証!どれくらいの速度なのか調べてみた。

スピードテストのイラスト

さくらのレンタルサーバでWordPressが使えるプランは6つありますが、無料のSSLが使え、月額524円とコスパの良いスタンダードプランが一番人気だそうです。

以前の記事では、GoogleのPagespeed Insightを使って計測してみましたが、速度は早く安定しているサーバープランです。その時の結果は以下の記事です。

関連記事 さくらのレンタルサーバのスタンダードプランでPageSpeed Insightsを使って速度を検証!本当に速いのか調べてみた。

この記事はその続きのような内容で、

  • Pingdomとは?
  • 各テーマを使ったスタンダードプランのスコア
  • いろんな設定を変えた時のスタンダードプランのスコア

の、さくらのレンタルサーバのスタンダードプランについての計測結果についての内容です。

さくらのレンタルサーバを検討中の方は、是非この記事を最後までご覧いただけたら嬉しいです。

Pingdomとは?

Pingdom Website Speed Testは、計測元の国を選んで対象のドメインの速度を測るオンラインのツールです。

GoogleのPagespeed Insightと比較すると、速度計測結果の表示もシンプルで見やすいUIです。

Pingdom Website Speed Test
写真:Pingdom Website Speed Test より

調べたいURLをFVに入れ「START TEST」を選択すると、速度のグレードと点数、ページの読み込み時間、他サイトとの比較、ページサイズ、リクエスト数が分かります。

かかかず
かかかず

日本語に翻訳すればコンテンツ毎の改善点が分かるので、結構使えるツールです。

GoogleのPagespeed Insightとの違い

GoogleのPagespeed Insightとの主な違いは、すごくざっくり言うと「モバイル・パソコン別のスコアは出ない」「CWV(コアウェブバイタル)の指標はない」ことです。

Pingdom Website Speed Testの表示

また、全てUIが英語の為詳細の内容を理解するには翻訳が必要です。

その為、このツールの結果を受けた上でのサイトの改善は、Pagespeed Insightの方が使いやすいと思いますが、違った角度でサイトの速度を知るには非常に使えるツールになっています。

かかかず
かかかず

速度を知るのには最適なツールです。それを踏まえ早速みていきましょう。

Twenty Twenty-One

WordPressテーマのデフォルトテーマのTwenty Twenty-Oneです。WordPressのインストールが完了すると、必然的にこのテーマになっているはずです。

Twenty Twenty-One
WordPressテーマ Twenty Twenty-One

かなりシンプルなレイアウトのテーマなので、ページ内のコンテンツ量も少ない作りになっています。

何もいじってない状態

他のテーマと比較すると分かりますが、ページサイズがかなり小さい印象ですが、ロード時間が多少長めになっています。

ですが、グレードはAと良いものになっています。

そのままの状態でPingdomのスコア
項目スコア
Performance gradeA 92
Page size122.6KB
Load time3.37s
Requests17

モリサワWebフォント適用時

さくらのレンタルサーバで利用できるモリサワのWebフォントをONにすると、ロード時間が若干増えますが、パフォーマンスグレードはAと変わりません。

モリサワWebフォント適用時のスコア
項目スコア
Performance gradeA 92
Page size137.6KB
Load time3.42s
Requests19

SANGO

SANGOは、サルワカさんが作った有料テーマで、当サイトもSANGOを使っています。

WordPresstテーマ SANGO
WordPresstテーマ SANGO

シンプルな作りで読者も見やすく、Googleフォントを管理画面からONにできたりと、難しい操作をしなくてもいろんなカスタマイズできるのが魅力のテーマです。

かかかず
かかかず

SANGOの速度を見てみましょう。

何もいじってない状態

インストール直後の状態でもパフォーマンスグレードはAと良好で、ロード時間も2.08sと速い印象です。

SANGOの何もいじっていない状態のスコア
項目スコア
Performance gradeA 91
Page size253.3KB
Load time2.08s
Requests19

SANGOの高速化設定ON

管理画面のカスタマイズメニューから設定できる「高速化」をONにすると、パフォーマンスグレードは変わりませんが、多少ロード時間が短くなり、ファイルサイズも減少しました。

変わらず速い印象です。

SANGOの高速化設定ONのスコア
項目スコア
Performance gradeA 91
Page size244.1KB
Load time1.95s
Requests18

Googleフォント適用時

GoogleフォントのNoto Sans JPをONにすると、ページサイズが倍以上になりますが、パフォーマンスグレードは変わらずAです。ロード時間も多少増加していますが、気になるほどではありません。

SANGOのGoogleフォント適用時のスコア
項目スコア
Performance gradeA 91
Page size542.6KB
Load time2.32s
Requests30

モリサワWebフォント適用時

モリサワWebフォントをONにすると、そのままの状態とさほど変わりありませんが、ロード時間が気になるところですが、基本のスピード自体が早いので問題ではないと思います。

モリサワWebフォント適用時のスコア
項目スコア
Performance gradeA 91
Page size253.5KB
Load time2.87s
Requests19

Cocoon

Cocoonは、無料で使えることにびっくりするくらい高機能なWordPressのテーマです。このテーマを使っているユーザーを頻繁に見かける程、人気のテーマです。

WordPressテーマCocoon
WordPressテーマ Cocoon

また、CSSや関数をいじらずに管理画面から高度な設定が簡単にできるのもこのテーマの魅力で、非常に使いやすいテーマです。

何もいじってない状態

Cocoonのテーマでは、唯一Bのパフォーマンスグレードになっており、ロード時間も3.00sとなっています。

Cocoonの何もいじってない状態のスコア
項目スコア
Performance gradeB 89
Page size251.6KB
Load time3.00s
Requests23

Cocoonの高速化設定ON

同様の速度のテストをPagespeed Insightで行っていますが、その時もCocoonの高速化設定でかなり早くなっていました。ここでも同様に速くなり、ロード時間も672msとかなりスピードが速くなっています。

Cocoonの高速化設定ONのスコア
項目スコア
Performance gradeA 92
Page size245.1KB
Load time672ms
Requests15

モリサワWebフォント適用時

モリサワWebフォントをONにすると、そのままの状態と同様パフォーマンスグレードがBになっていますが、実際にその状態でページを開いても「遅い印象」はなく、問題ないレベルでした。

CocoonのモリサワWebフォント適用時のスコア
項目スコア
Performance gradeB 89
Page size264.6KB
Load time2.60s
Requests26

さいごに

WordPressインストール直後の状態での計測の為、Performance gradeはAが欲しいところですが、さくらのレンタルサーバはAを多く取得できているので、記事数が増えていっても安心です。

今回の記事をまとめると、

  • 全体的にPerformance gradeはA〜Bの評価で速い。
  • テーマの高速化ONでさらに速くなる。
  • Webフォントの利用でLoad timeがちょっと増加する。

です。

さくらのレンタルサーバのスタンダードプランは、月額524円で使えます。また、お試し期間も2週間無料なので、サイトやブログを作ってみたい方は是非公式サイトからチェックしてみてください。