JETBOYのファーストSSDプランでPingdomを使って速度を測定

レンタルサーバー・JETBOYは、最も安いプランでは月額290円〜で利用でき、無料独自SSLや、ドメインも無制限に使えたりと、基本的な機能もバッチリなレンタルサーバーです。

この記事では、そんなJETBOYで選べる6つプランの中で、下から2番目のクラスを使い、

  • JETBOYののファーストSSDプランの速さ。
  • JETBOYでテーマを変えた時の速さ。
  • JETBOYで設定を色々いじった時のスコア。

の内容です。

JETBOYをこれから使おうかと検討している方や、他社のレンタルサーバーとの検討中の方は、是非最後までご覧ください。

Pingdom Website Speed Testで試すテーマと条件

この記事では、JETBOYのファーストSSDプランをPingdom Website Speed Testというオンラインのスピード測定ツールでテストをしています。

Pingdom
Pingdom Website Speed Test より

この記事では以下3つのテーマで、記事はインストール直後の「Helle World!」の1記事のみ。そして、プラグインなどの追加は無しの状態で、それぞれ設定を変更して計測しています。

テーマバージョン
Twenty Twenty-One1.3
SANGO2.5.3
Cocoon2.3.0

Pingdom Website Speed Testの詳細については、以下の記事にまとめました。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

関連記事 サイトのスピードが測定できるPingdom Website Speed Testの特徴と調べる方法

JETBOYのファーストSSDプラン

JETBOY は、以下の仕様で構成されるレンタルサーバーです。

項目内容詳細
CPUXeon E5-2697 v3 @ 2.60GHz最大28コア56スレッドを搭載
メモリ64GB~最大128GB1つのサーバーに搭載されたメモリ積載量
転送量無制限転送量無制限トラフィックに対する課金はありません
サーバーOSCloudlinux6準仮想化他のお客様サイトの悪影響を受けず安定した稼動を実現します。
ディスク構成全SSD・SSD/HDDハイブリッドサーバー、プランによりディスク構成に差異があります。
RAID構成RAID5構成RAID5構成にてディスク耐障害性の向上と高速化を実現しております。
データセンター大手国内データセンター※サーバーは大手国内データセンターに設置しております。
バックアップ自動バックアップサーバー上のデータを毎日自動でリモートバックアップします。

上記の仕様で、ファーストSSDプランはディスク容量20GBで、月間のPV数の目安が約50万PVとなっているプランです。

かかかず
かかかず

月間50万PVは、1日換算で1万5千PVはイケるので、個人単位の利用なら安心して使える数値です。

その他のスピード測定の関連記事

JETBOY以外の他社レンタルサーバーでも、スピード計測をしています。

Pingdom Website Speed Testについても記載しているので、以下の記事も併せてご覧ください。

JETBOY × Twenty Twenty-One

JETBOYに、WordPressをインストールした時に有効化になっているTwenty Twenty-Oneです。

シングルカラムレイアウトとフッターサイドバーが特徴で、パステルカラーの背景を基本としたカラーパレットが採用されています。

また、テーマ自体のファイルサイズも小さいテーマです。

デフォルトテーマ
Twenty Twenty-One

何もいじってない状態

ページサイズが小さく、パフォーマンスグレードが B90 とそこそこ速いスコアになっており、体感で遅いという印象はないですが、ロード時間が974msと気になる数値です。

JETBOYのそのままのスコア
項目スコア
Performance gradeB 90
Page size49.1KB
Load time974ms
Requests10

JETBOY × SANGO

当サイトでも利用している、人気の有料テーマSANGOです。

シンプルなデザインで、所々にGoogleのマテリアルデザインを採用した見やすく居心地の良いテーマです。

SANGO
SANGO

何もいじってない状態

SANGOにするとページサイズが増加し、ロード時間も1.53sでパフォーマンスグレードも B86 とスコアが落ちます。

SANGOで何もいじってない状態のスコア
項目スコア
Performance gradeB 86
Page size222.1KB
Load time1.53s
Requests16

SANGOの高速化設定ON

SANGOのテーマでできる高速化設定を全てONにすると、ロード時間が減少します。他社のレンタルサーバーでも同様ですが、全体的に速くなるので高速化設定はONにした方が良い感じです。

SANGOの高速化スコア
項目スコア
Performance gradeB 87
Page size212.7KB
Load time1.17s
Requests14

Googleフォント適用時

GoogleフォントのNoto Sans JPをONにすると、ページサイズが増えます。また、それに応じてパフォーマンスグレードも B84 とスコアが落ちます。

JETBOYのGoogleFontでのスコア
項目スコア
Performance gradeB 84
Page size212.7KB
Load time1.17s
Requests14

JETBOY × Cocoon

Cocoonは無料で使えるWordPressの無料テーマで、HTMLやCSSをいじらなくても、管理画面からカスタマイズが色々できるで、初心者でも使いやすいテーマです。

そんなこともあってか、使っているユーザーも多いテーマです。

Cocoon
Cocoon

何もいじってない状態

CocoonのテーマをONにした状態は、SANGOのテーマと同程度のスコアです。

Cocoonの何もいじってない状態のスコア
項目スコア
Performance gradeB 85
Page size185.0KB
Load time1.50s
Requests17

Cocoonの高速化設定ON

Cocoonのテーマでできる高速化設定をONにすると、ロード時間が半分近く減少し、パフォーマンスグレードが A93 と速くなります。

JETBOYだけでなく、他社のレンタルサーバーでも有効にしていきたい機能です。

Cocoonの高速化設定ONのスコア
項目スコア
Performance gradeA 93
Page size220.3KB
Load time668ms
Requests12

さいごに

JETBOYは、飛び抜けて速いという数値ではありませんでしたが、LiteSpeedを採用している為、普通に速いスピードでした。

最後に、この記事の内容をまとめると、

  • JETBOYは普通に速い。
  • 比較的低価格で速いレスポンス。
  • 高速化ができるテーマではONにしておきたい。

です。

JETBOYは、2週間のお試し無料トライアルが可能です。

JETBOYが気になった方や、レンタルサーバーを検討中の方は、以下公式サイトのリンクから是非チェックしてみてください。

公式サイトのリンクJETBOY

レンタルサーバー

高速・高機能・高安定性

ConoHa WING

ConoHa Wingは、速くて安定性の高いレンタルサーバーです。その他のConoHa Wingの記事はこちらからどうぞ。

ConoHa WING