無料で使えるレンタルサーバー・スターサーバーフリーのフリー PHP+MySQLプランでpingdomを使って速度を検証

スターサーバーフリーのイラスト

無料で使えるスターサーバーフリーは、ディスク容量が2GBと心許ないサイズですが、それでもWordPressのCMSが気軽に使うことができるのは、とてもありがたいサービスを提供しています。

ですが、「実際にはどうなんだ?」的に実使用でも問題ないレベルでできるかどうかが気になり、スピード測定のテストを行ってみました

この記事は、そんなスターサーバーフリーについて、

  • スターサーバーフリーの速さ。
  • スターサーバーフリーでテーマを変えた時の速さ。
  • スターサーバーフリーでテーマの設定を色々いじった時のスコア。

の内容です。

無料でWordPressを使ってみたい方や、前々からスターサーバーフリーが気になっていた方は、是非最後までご覧ください。

Pingdom Website Speed Testで試すテーマと条件

この記事では、スターサーバーフリーのフリー PHP+MySQLプランをPingdom Website Speed Testというオンラインのスピード測定ツールでテストをしています。

Pingdom
Pingdom Website Speed Test より

Pingdom Website Speed Testは、計測したいサイトのURLを入力して「START TEST」を選択すると、速度のグレードと点数、ページの読み込み時間、他サイトとの比較、ページサイズ、リクエスト数が分かります。

で、この記事では以下3つのテーマで、記事はインストール直後の「Helle World!」の1記事のみ。そして、プラグインなどの追加は無しの状態で、それぞれ設定を変更して計測しています。

テーマバージョン
Twenty Twenty-One1.3
SANGO2.5.3
Cocoon2.3.0

Pingdom Website Speed Testの詳細については、以下の記事にまとめました。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

関連記事 サイトのスピードが測定できるPingdom Website Speed Testの特徴と調べる方法

スターサーバーフリーのフリー PHP+MySQLプラン

Star Server Free(スターサーバーフリー)は、スターサーバーを運営するネットオウル株式会社が運営する無料のレンタルサーバーで、WordPressを使う場合は、フリー PHP+MySQLプラン を選ぶと使うことができます。

ディスク容量が2GB程度で、スマホでみた場合に広告が表示されます。

Star Server Freeキャプチャ
写真:Star Server Free より

スターサーバーフリー以外にも無料でWordPressを使えるサーバーはあるので、気になる方は以下の記事も併せてご覧ください。

関連記事 MySQL対応でWordPressが使える4つの無料レンタルサーバーと特徴

その他のスピード測定の関連記事

また、スターサーバーフリー以外のレンタルサーバーでも、スピード計測をしています。

その他で気になるサーバーについては、以下の記事をご覧ください。

かかかず
かかかず

それでは、スターサーバーフリーのスピード測定結果を以下からご覧ください。

スターサーバーフリー × Twenty Twenty-One

Twenty Twenty-Oneは、WordPressをインストール直後に有効になっているテーマで、非常にシンプルなレイアウトで動作も軽めです。

デフォルトテーマ
Twenty Twenty-One

何もいじってない状態

ロード時間は265msと比較的速いのですが、パフォーマンスグレードが C78 です。

有料のレンタルサーバーでは、遅くても B の80後半にはなるので、なかなか遅いと言わざるを得ない結果です。

スターサーバーで何もいじってない状態
項目スコア
Performance gradeC 78
Page size291.5KB
Load time265ms
Requests10

スターサーバーフリー × SANGO

当サイトでも利用している、WordPressテーマSANGOです。有料のテーマですが、そのままのデフォルトでもキレイに収まり、カスタマイズもしやすい為人気のテーマです。

SANGO
SANGO

何もいじってない状態

ページサイズが大きくなる為、それに応じてロード時間も長くなり、スコアも C76 になります。実際にこの状態でアクセスしてみると、体感的にもう少し速いといいなぁと思った感じです。

何もいじってない状態のスコア
項目スコア
Performance gradeC 76
Page size496.5KB
Load time1.22s
Requests16

SANGOの高速化設定ON

SANGOのテーマで有効化できる「高速化設定」を全てONにすると、ロード時間とパフォーマンスグレードが向上します。

それでも C77 と気になる部分は変わりません。

SANGOの高速化設定ONのスコア
項目スコア
Performance gradeC 77
Page size437.6KB
Load time1.17s
Requests15

Googleフォント適用時

GoogleフォントのNoto Sans JPをONにすると、ページサイズが大きく増え、

Googleフォント適用時のスコア
項目スコア
Performance gradeC 76
Page size758.9KB
Load time1.11s
Requests27

スターサーバーフリー × Cocoon

無料で利用ができるテーマで、使っている人も多いCocoonです。

Cocoon
Cocoon

何もいじってない状態

Cocoonのテーマを有効にすると、ロード時間はそこまでかかっていませんが、パフォーマンスグレードが C74 と、かなり気になるスコアです。

ページ数が増えた時には、より厳しそうなパフォーマンスです。

Cocoonの標準時のスコア
項目スコア
Performance gradeC 74
Page size621.2KB
Load time423ms
Requests22

Cocoonの高速化設定ON

高速化をONにするとスコアが爆上がりし、パフォーマンスグレードも A99 となっています。

高速化の注意

Cocoonで高速化を全てONしてアクセスすると、常に500エラーになってしまいました。その為、この画面での計測スコアになっているぽいです。※

そりゃ、速いはずです。

500エラー

その為、この高速化設定ONの数値は、あくまで参考値としてご理解ください。

スターサーバーの高速化のスコア
項目スコア
Performance gradeA 99
Page size17.0KB
Load time103ms
Requests2

さいごに

スターサーバーフリーは無料ということもあり、スピード自体は決して速いものではなく、ディスク容量も2GB程度なので、実際に使って運用するよりは、何かテスト為に使ったりするのにはいいかもしれません

  • スターサーバーフリーの速度は遅め。
  • 記事やコンテンツが増えた場合、読み込みの時間がさらにかかるので不安。
  • このスピードを踏まえると、WordPressでの利用はきつい。

これ以外にも、無料で利用できるレンタルサーバーは他にもあり、それぞれ特徴が若干異なるので、以下の記事でも検討して、自分に合いそうなものを見つけてください。

関連記事 MySQL対応でWordPressが使える4つの無料レンタルサーバーと特徴

レンタルサーバー

高速・高機能・高安定性

ConoHa WING

ConoHa Wingは、速くて安定性の高いレンタルサーバーです。その他のConoHa Wingの記事はこちらからどうぞ。

ConoHa WING