JETBOYの各プランの違いと特徴[2021年6月]

JETBOYは6つのプランから選択でき、ディスク容量やCPUなどのスペックがそれぞれ異なります。

そんな各プランで向いているPV数の目安を公式サイト上に出しているので、全体の仕様と金額をベースにプランを選びやすくなっています。

この記事は、JETBOYの各プランについて

  • JETBOYの各プランの金額。
  • JETBOYの特徴と良いところ。
  • JETBOYで気になるところ。

の内容です。

かかかず
かかかず

そんなJETBOYの各プランと特徴について見ていきましょう。

JETBOYは6つのプランから選択可能

JETBOY のプランは、以下の6つのプランから選択可能で、月当たりの金額は月契約よりも年契約にしたほうがお得です。

プランミニSSDファーストSSDスタンダードSSDプレミアムSSDビジネスSSDビジネスプロSSD
年契約の場合3,828円(319円)7,656円(638円)12,936円(1,078円)26,136円(2,178円)65,736円(5,478円)100,056円(8,338円)
月契約の場合418円759円1,408円2,618円6,358円10,098円
初期費用1,000円1,500円3,500円5,500円7,200円7,200円
※年契約の()の表記は月額換算の金額

これらのプランを契約していて途中で容量が足りなくなったり、処理速度に不満がある場合は、プランのアップグレードは可能ですが、一方ダウングレードはできないので注意が必要です。

かかかず
かかかず

この辺のことを踏まえてJETBOYの各プランについて見ていきましょう。

ミニSSD

JETBOY最安のミニSSDプランは、月額319円〜 WordPressが使用可能なのでサイト・ブログを試してみたい方にはうってつけのプランです。

項目ミニSSD
ディスク容量5GB
CPU1コア
メモリ512MB
MYSQLデータベース3
独自ドメイン10個
サブドメイン20個
転送量無制限
PV数目安5万PV/月

PV数目安は、5万PV程度までになっています。その為、おおよその目安としてはサイト立ち上げ〜半月程度ぐらいのサイトに向いている感じです。

ファーストSSD

ファーストSSDプランは、ミニSSDプランの上のクラスで、ディスクが4倍の20GBと、MYSQLデータベースの数も20までOKと、複数のサイト運用にも使えるプランです。

項目ファーストSSD
ディスク容量20GB
CPU2コア
メモリ1GB
MYSQLデータベース20
独自ドメイン無制限
サブドメイン無制限
転送量無制限
PV数目安50万PV/月

月間PVも50万までOKと、ある程度サイトが軌道に乗ってきたらこのクラスが丁度いいと思います。

スタンダード

スタンダードSSDプランは、PV数目安が100万程度と個人向けのブログやサイトには全く問題なく使えるクラスです。

項目スタンダードSSD
ディスク容量40GB
CPU3コア
メモリ2GB
MYSQLデータベース40
独自ドメイン無制限
サブドメイン無制限
転送量無制限
PV数目安100万PV/月

月間100万PVはなかなかの数字です。その為、サイトの立ち上げ当初は多少持て余す部分があるかもしれません。

プレミアム

プレミアムプランは、JETBOYで個人向けの最上級のクラスになるプランです。

項目プレミアムSSD
ディスク容量80GB
CPU5コア
メモリ4GB
MYSQLデータベース70
独自ドメイン無制限
サブドメイン無制限
転送量無制限
PV数目安200万PV/月

プランの内容を見ても、ディスク容量も十分なサイズで、PV数目安も200万PVまでいける仕様なので安心して使えます。

ビジネス・ビジネスプロ

ビジネス・ビジネスプロのプランは、その名の通り法人向けのプランです。

項目ビジネスSSDビジネスプロSSD
ディスク容量120GB150GB
CPU8コア12コア
メモリ8GB16GB
MYSQLデータベース100150
独自ドメイン無制限無制限
サブドメイン無制限無制限
転送量無制限無制限
PV数目安350万PV/月500万PV/月

なかなかなスペックとPV目安の数です。

JETBOYの特徴・良いところ

JETBOYの良いところと特徴についてです。

速いレスポンス

ロリポップ!ではハイスピードプラン以降に採用されている「LiteSpeed」を、全てのプランで採用しているので速いレスポンススピードを実現しています。

JETBOYのレスポンスの速さ

実際にスピード測定が可能なツールで測定してみると、速いレスポンス性能が出ており、確実に速いと言えるエックスサーバーまではいきませんが、快適な動作が可能な結果でした。

なので、サイトのレスポンスを速さを求めるユーザーにはコスパの良さも相まってオススメです。

関連記事 JETBOYのファーストSSDプランでPingdomを使って速度を測定

サイト引越しの代行など手厚いサポート

有料ながら、WordPressの他社からの引越しや、サイトの高速化診断など行ってくれます。

初心者のユーザーにとってなかなかハードルが高そうなこれらを代行で行ってくれる為、本当に困った場合はお願いすることができるのは嬉しい限りです。

代行メニュー概要1サイトあたりの代行料金(税別)
WordPressお引越し(4サイト目以降)初回は無料サポートにて承ります。4サイト目以降の料金表示となります。
5,980円
WordPressサイト高速化診断ご利用Wordpressの動作を分析し、よりサイトを高速化するためのご提案をします。5,980円
WordPressセキュリティ設定ご利用サイトのセキュリティ状況を診断し、よりサイトを安全にご運用するためのご提案をします。5,980円
WordPress不具合調査WordPress不具合時の原因調査を行います。
5,980円/1h
WordPressサイトSSL化ご利用サイトを常時SSL化の設定を致します。各種リダイレクト設定などお客様の状況に合わせて設定代行が可能です。1,980円
バックアップデータからの復元作業お客様にてデータを紛失された場合に、弊社バックアップデータからホームディレクトリ及びデータベースの復元作業を行います。5,980円
その他各種設定代行その他各種運用や設定代行を承りますのでJETBOYサポートまでお気軽にご相談ください。※要相談
かかかず
かかかず

メニューを見ても広範囲な代行サポートを行っているので、適宜相談できるのは嬉しいところです。

JETBOYの気になるところ

気になっているイラスト

JETBOYでちょっと気になる部分は以下3点です。

ディスク容量がちょっと小さい

使えるディスク容量がミニSSDで5GBで、個人利用に最適なプランとしておすすめのスタンダードSSDでも40GBです。

プランミニSSDファーストSSDスタンダードSSDプレミアムSSDビジネスSSDビジネスプロSSD
ディスク容量5GB20GB40GB80GB120GB150GB

例えば、エックスサーバーのX10プランでは300GB、ロリポップ!のライトプランでは160GBなどの他社のプランと比べるとちょっとサイズ感が小さくなります。

ディスク容量はそこまでフルに使うとこはあまりないとは思いますが、サイズの大きい動画や、写真を複数使う場合にはちょっと注意が必要です。

好みが分かれるcPanel

他社ではカラフルボックスなどで使われているコントロール「cPanel」ですが、好みが分かれるUIだと思います。

サーバーのコントロールパネルは、エックスサーバーのように文字基調でできているメニューのUIの方が好みです。

cPanel

cPanelをパッと見、それぞれのアイコンとメニュー名の紐付きが分からず、アイコンの主張も強いので、初見だと何が何のメニューなのかが迷ってしまいました。その為、コントロールパネルはちょっと気になった部分です。

メールのみの問い合わせサポート

「電話サポートにつきましては、今後の導入予定」と公式サイトで告知されていますが、現在はメールでのお問い合わせのみです。

困ったことや不明点はサポートマニュアルにきちんと記述がありますが、ふとわからないことがあった場合に電話で聞ける安心感のようなものも、レンタルサーバーを使っているとあるので、この辺はちょっと気になる部分です。

さいごに

JETBOYは、「LiteSpeed」を搭載するなどレスポンスの早いサーバーですが、上記のようにディスク容量やサポート体制など、ちょっと気になる部分もあるので、自分が重視するポイントと照らし合わせ流ようにしましょう。

と言いつつ、JETBOYは間違いなくスピードとコスパ重視の方にはオススメできると思います。

最後に、この記事の内容をまとめると、

  • .jpドメインは安全・安心。
  • 日本語ドメインも使える。
  • 会社や組織専用のドメインもある。

です。

公式サイトのリンクJETBOY

レンタルサーバー

高速・高機能・高安定性

ConoHa WING

ConoHa Wingは、速くて安定性の高いレンタルサーバーです。その他のConoHa Wingの記事はこちらからどうぞ。

ConoHa WING