カラフルボックスのBOX2プランでPingdomを使って速度を検証!速さを調べてみた

カラフルボックスのイラスト

レンタルサーバーのカラフルボックスは、無料でSSLを利用できるのはもちろんのこと、過去14日間の自動バックアップや、マニュアルやサポートも充実しているので、どのプランでも安心で使いやすいレンタルサーバーです。

このカラフルボックスでのスピードが気になり、8つのプランの中、月額968円〜使えるBOX2プランで、検証をしてみました。

この記事では、そんなカラフルボックスのBOX2プランについて、

  • カラフルボックスのBOX2プランの速さ。
  • カラフルボックスでテーマを変えた時の速さ。
  • カラフルボックスで設定を色々いじった時のスコア。

の内容です。レンタルサーバーを検討中の方や、カラフルボックスをこれから使ってみようかな?という方はこの記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。

かかかず
かかかず

WordPressテーマと併せて検証しているので、その辺も含めてご覧ください。

Pingdom Website Speed Testで試すテーマと条件

この記事では、カラフルボックスのBOX2プランでPingdom Website Speed Testというオンラインのスピード測定ツールでテストをしています。

Pingdom
Pingdom Website Speed Test より

Pingdom Website Speed Testは、計測したいサイトのURLを入力して「START TEST」を選択すると、速度のグレードと点数、ページの読み込み時間、他サイトとの比較、ページサイズ、リクエスト数が分かります。

で、この記事ではWordPressの5.7.2のバージョンと以下3つのテーマで調べました。記事はインストール直後の「Helle World!」の1記事のみ。そして、プラグインなどの追加は無しの状態で、それぞれ設定を変更して計測しています。

テーマバージョン
Twenty Twenty-One1.3
SANGO2.4.2
Cocoon2.2.8.8

Pingdom Website Speed Testの詳細については、以下の記事にまとめました。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

関連記事 サイトのスピードが測定できるPingdom Website Speed Testの特徴と調べる方法

カラフルボックスのBOX2プラン

カラフルボックスは、初期費用無料で月額528円から利用可能なレンタル サーバーです。

他社のレンタルサーバーと比べると、メール、チャットでの問い合わせと、上位プランでは電話にも対応していたりとサポート体制が充実しています。また、これに加えて、WordPressの初期設定などを行ってくれる「あんしんスタート」が有料オプションで選べます。

このカラフルボックスの選べる8つのプランの中、BOX2という月額968円〜利用できるプランでスピード測定をしていますが、各プランの違いや特徴については以下の記事をご覧ください。

関連記事 レンタルサーバー・カラフルボックスの各プランの違いと特徴

その他のスピード測定の関連記事

また、他のレンタルサーバーでもスピード計測をしているので、以下の記事も併せてご覧ください。

カラフルボックス × Twenty Twenty-One

Twenty Twenty-Oneは、WordPressインストール時に適用されているシンプルなレイアウトのテーマです。

かなりシンプルなテーマと、カラフルボックスのBOX2プランでのスコアです。

デフォルトテーマ
Twenty Twenty-One

何もいじってない状態

「Compress components with gzip」と表示され、カラフルボックスの初期値はgzip圧縮がONになっていないようです。

これが多少足を引っ張り、パフォーマンスグレードが B90 となっていますが、ロード時間が192msと体感では気にならない速さです。

gzip とは?

gzipは、ファイルサイズを小さくする圧縮方法の1つです。gzip に対応することで、ユーザーと サーバ間でやりとりされている HTML ドキュメントのファイルサイズが小さくなり、転送速度が向上します。有効にするには、.htaccessを編集してGzipの圧縮をONにする必要があります。

何もいじってない状態のスコア
項目スコア
Performance gradeB 90
Page size49.2KB
Load time192ms
Requests9

カラフルボックス × SANGO

Googleのマテリアルデザインがところどころに採用された、WordPressの有料テーマSANGOです。

カスタマイズも管理画面から簡単で、SEOの内部最適化もされているのでSEO系のプラグインも不要なので、非常に使いやすいテーマです。

SANGO
SANGO
かかかず
かかかず

当サイトもSANGOを使っています。

何もいじってない状態

ページサイズが大きくなる分、ロード時間が増加しますが B86 とそこそこの速さが出ます。

ここでもgzipがONになっていない為、スコアにも影響し、ちょっと惜しい気がします。

何もいじってない状態のSANGOのスコア
項目スコア
Performance gradeB 86
Page size221.3KB
Load time1.17s
Requests15

SANGOの高速化設定ON

SANGOのテーマで設定できる高速化設定をONにすると、ロード時間は変わりませんがパフォーマンスグレードが B87 に向上しています。

SANGOの高速化設定ONのスコア
項目スコア
Performance gradeB 87
Page size212.7KB
Load time1.17s
Requests14

Googleフォント適用時

これもSANGOのテーマのカスタマイズでできるGoogle Fontで、Noto Sans JPをONにした場合のスコアです。

ファイルサイズが大きくなりますが、ロード時間はさほど変わらずのスコアになっています。

Googleフォント適用時のスコア
項目スコア
Performance gradeB 86
Page size454.5KB
Load time1.17s
Requests22

カラフルボックス × Cocoon

Cocoonは、無料ながら高機能なWordPressのテーマです。カスタマイズも容易で、いろんなことができてしまう優れものです。

Cocoon
Cocoon

何もいじってない状態

何もいじっていない状態でのスコアは B85 と速いとは言いづらい部分ですが、ロード時間が速いので、遅いという印象は全くないと思います。

Cocoonで何もいじってない状態のスコア
項目スコア
Performance gradeB 85
Page size227.5KB
Load time335ms
Requests20

Cocoonの高速化設定ON

Cocoonのテーマで設定できる高速化をONにすると、パフォーマンスグレードのスコアが目立って上がります。

その為、Cocoonを使う場合は是非とも高速化設定は全てONにした方が良さそうです。

Cocoonの高速化設定ONのスコア
項目スコア
Performance gradeA 93
Page size222.6KB
Load time551ms
Requests12

さいごに

カラフルボックスのBOX2プランはそこそこの速さでしたが、PVがUUの集まらないはじめの頃はこのプランでスタートするにはちょうど良いスペックと金額です。

そしてプランのアップグレードも即時可能なのも、カラフルボックスの特徴なので、サイトやブログの成長に合わせて使うには最適なプランです。

最後に今回の記事をまとめると、

  • カラフルボックスのBOX2プランはそこそこ速い。
  • BOX2プランは途中でアッププラン前提ならGOOD。
  • 高速化ができるならBOX2プランでもOK。

です。

カラフルボックスが気になった方は、30日間無料お試しの利用ができるので、以下の公式サイトのリンクからチェックしてみてください。

公式サイトのリンクカラフルボックス

レンタルサーバー

高速・高機能・高安定性

ConoHa WING

ConoHa Wingは、速くて安定性の高いレンタルサーバーです。その他のConoHa Wingの記事はこちらからどうぞ。

ConoHa WING