さくらのレンタルサーバの各プランの違いと特徴[2021年5月]

さくらのレンタルサーバのイラスト

さくらのレンタルサーバは、1996年からサービスを提供し100万の申し込み数を突破した老舗のレンタルサーバーで、コスパに優れながらも、2018年にはPHP7導入や、高速Webサーバーnginx導入等により高速化も実現しています。

かかかず
かかかず

老舗の安心感と、安定性には定評があります。

この記事では、さくらのレンタルサーバについて

  • さくらのレンタルサーバの6つのプランの特徴
  • さくらのレンタルサーバの特徴・いいところ
  • さくらのレンタルサーバの気になるところ

が分かる内容になっています。

さくらのレンタルサーバを検討中や知りたい方は、この記事を是非最後までご覧ください。

6つのプランから選択可能

さくらのレンタルサーバ は、用途に合わせて6つのプランから選ぶことができます。

さくらのレンタルサーバの全プラン

一番安い物で月額131円のライトプランから、サーバー1台丸ごとレンタルする月額13,200円のマネージドプランまで、自分に合ったプランを選択できます。

中でも、WordPressが使える人気No.1のスタンダードプランは、月額524円で利用できるコスパが高いプランですが、色々用途に応じて選べるのでそれぞれの特徴について見てみましょう。

かかかず
かかかず

早速ご紹介します。

ライトプラン

ライトプランは、無料SSL、マルチドメイン20個まで対応した月額131円で利用できるプランです。

データベースは使うことができないので、WordPressを設置することができません。また、ディスク容量も10GBと、写真や動画の格納先にも少し厳しい少なめの容量なので、HTMLなどの静的なサイトを作る方におすすめのプランです。

利用料金初期費用1,048円/年間一括1,571円
容量10GB
転送量200GB/日
WordPress利用不可
お試し期間2週間無料
サポート体制電話・メールサポート無料

スタンダードプラン

スタンダードプランは、月額524円で無料SSL・バックアップ機能にも対応し、WordPressが使える人気のプランです。

モジュール版PHPが利用可能なので、体感的にも速くなり、WordPressでホームページを始めるには最適なプランです。費用は年間一括5,238円で支払うと約2か月分お得になります。

利用料金初期費用1,048円/月額524円・年間一括5,238円
容量100GB
転送量800GB/日
WordPress利用可能
お試し期間2週間無料
サポート体制電話・メールサポート無料

プレミアムプラン

プレミアムプランは、月額1,571円でディスク容量が200GBと転送量がアップし、大容量ファイルの利用に最適なプランです。

また、このプレミアムプランから、さくらのCDNサービス「ウェブアクセラレータ」が使えます。このCDNサービス「ウェブアクセラレータ」は、データをCDNサーバーへキャッシュし、データの配信を肩代わりするサービスが無料で使えるので、写真や動画のファイルサイズが大きめのコンテンツを多く使ったサイト運営におススメのプランです。

かかかず
かかかず

このプレミアムプランを公式サイトでオススメしているは納得の内容です。

もちろん、スタンダードプラン同様、WordPressの簡単インストール機能やサイトのバックアップも無料で可能です。

利用料金初期費用1,048円/月額1,571円・年間一括15,714円
容量200GB
転送量800GB/日
WordPress利用可能
お試し期間2週間無料
サポート体制電話・メールサポート無料

ビジネスプラン

ビジネスプランは、ドメインごとに管理アカウントの作成、受信するメールアドレスの制御などができるプランで、月額2,619円で利用可能です。

これ以外にもビズネスライクな複数ユーザでのFTP利用ができたりと、低価格ながらビジネス向けの内容になっています。

もちろんWordPressの簡単インストールや、無料SSLも利用可能なプランです。

利用料金初期費用5,238円/月額2,619円・年間一括15,714円
容量300GB
転送量900GB/日
WordPress利用可能
お試し期間2週間無料
サポート体制電話・メールサポート無料

ビジネスプロプラン

ビジネスプロプランは、月額4,714円で使え、ビジネスプランからさらに安定性を重視した上位互換のプランです。

ビジネスプロプランでは、WebサイトのIPアドレスが専有となるため他ユーザーへのDoS攻撃の影響を受けにくくなり、WordPressの簡単インストールや無料SSLも利用可能なプランです。

かかかず
かかかず

このプランからは、外部委託を前提とした法人向けのプランです。

利用料金初期費用5,238円/月額4,714円・年間一括47,143円
容量500GB
転送量1,000GB/日
WordPress利用可能
お試し期間2週間無料
サポート体制電話・メールサポート無料

マネージドプラン

マネージドプランは、月額13,200円で使え、サーバー1台丸ごとレンタルして安定性を重視したさくらのレンタルサーバの最上位のプランです。

ここまで来ると個人向けではないプランになってくるので、説明が不要になってきますが、ここまでの全ての機能が使えるスペシャルプランです。

利用料金初期費用49,500円/月額13,200円・年間一括145,200円
容量700GB
転送量1,000GB/日
WordPress利用可能
お試し期間2週間無料
サポート体制電話・メールサポート無料

さくらレンタルサーバの特徴・いいところ

さくらレンタルサーバの特徴

さくらレンタルサーバのいいところです。

モリサワのWebフォントが無料で利用可能

モリサワの30書体のWebフォントが無料で使えます。

Webフォントを使うと、どのユーザーが見ても同じデザインに見え、そのサイトやブログらしさをフォント でも表現できるので、デザインだけでなくSEOでも非常に有利です。

使えるモリサワのフォント
しまなみ/UDデジタル教科書体 R/ヒラギノ丸ゴ W4/リュウミン R-KL/リュウミン M-KL/見出しミンMA31/A1明朝/新ゴ R/新ゴ M/ゴシックMB101 B/見出しゴMB31/ナウ-GM/じゅん 201/じゅん 501/新丸ゴ/フォーク R/フォーク M/丸フォーク R/丸フォーク M/カクミン R/解ミン 宙 B/シネマレター/トーキング/はるひ学園/すずむし/G2サンセリフ-B/新丸ゴ 太ライン/正楷書CB1/隷書101/UD新ゴ R/UD新ゴ M/UD新ゴ コンデンス90 L/UD新ゴ コンデンス90 M

通常モリサワのWebフォントを使おうと思うと、月額2,200円のモリサワのスタンダードプランや、年間50,000円のモリサワパスポートの契約が必要ですが、これらの契約がなくても使えるので、非常に大きなメリットです。

速くて安定

さくらのレンタルサーバのスタンダードプランでスピードを計測すると、速いスピードが出ています。

Pingdom Website Speed Test

これは、WordPress標準テーマの「Twenty Twenty-One」を、Pingdom Website Speed Test で計測すると、gradeAです。

このPingdomは、サーバーの応答スピードだけではない、相対的なスコアなのであくまで参考値ですが、参考になる数値です。

スピードを計測するには、このPingdomとGoogleのPageSpeed Insightsを使うと、より速度感が分かりやすくなります。以下の記事では、同じさくらのレンタルサーバのスタンダードプランで計測した際の比較をしているので、興味のある方はご覧ください。

関連記事 さくらのレンタルサーバのスタンダードプランでPageSpeed Insightsを使って速度を検証!本当に速いのか調べてみた。

全てのプランで電話・メールサポート対応

さくらのレンタルサーバでは、全てのプランで電話・メールサポートに対応しています。

例えば、WebARENA SuiteSや、カラフルボックスレンタルサーバーなど、他社で安いプランだと、電話サポートのないレンタルサーバー会社が多くなります。ですが、さくらのレンタルサーバでは全プランで電話サポート付きなので、はじめてレンタルサーバーを利用する方でも非常に安心です。

クイックインストール

さくらのレンタルサーバでは、スタンダードプラン以上にMySQLのデータベースを使って、WordPressをはじめとアプリをコントロールパネルからインストールして利用することができます。

クリックインストールできるアプリケーション
かかかず
かかかず

WordPress・EC-CUBE・concrete5の3つを選べます。

WordPress

言わずもがなのWordPressです。インストール手順も簡単にブログやサイトを作るには、WordPress一択で問題ないと思います。

さくらのレンタルサーバでのインストールは以下の手順でできるので、気になる方は参考程度にご覧ください。

関連記事 さくらのレンタルサーバにWordPress簡単インストールの方法と手順

EC-CUBE

EC-CUBEは2006年9月にリリースされた日本発のネットショップ構築専用のCMSです。2019年の利用サイト数は3万5000店舗、2018年年間の流通総額は推定で2,000億円と、国内で多くのユーザーが使っているそうです。

EC-CUBE

通販サイトには、多くのレンタルカートサービスや楽天などのショッピングモールがありますが、ネットショップを自由度にカスタマイズして運営したい方には便利なオープンソースのパッケージです。

concrete5

concrete5はドラッグ&ドロップで積み木を組み立てるように、直感的な操作でホームページを作成・編集できるCMSです。

concrete5

ブログをのような、時系列でコンテンツを管理する概念はないので、ブログには不向きです。また、使っているユーザーもそんなにいない為、不明点をググった時になかなか記事が見つからないのが欠点としてありますが、直感的にホームページを作りたい人にはぴったりです。

かかかず
かかかず

ノンコードでサイトを作りたい方にはいいかもしれません 。

無料SSL証明書が利用可能

さくらのレンタルサーバでは、無料のSSL証明書を利用することができます

レンタルサーバーの標準機能と言っても過言ではないほど、近年急速に無料SSL機能が普及してきましたが、さくらのレンタルサーバでは中でも有名なLet’s Encryptのものが使えます。

常時SSL化はGoogleも推奨し、SSLに対応していない場合「保護されていない通信」という警告が表示されたりと、ユーザーの不安を煽ってしまうので是非導入しておきたいものです。

関連記事 常時SSL化の重要性と注意すべきポイント

メール専用プランもある

さくらのレンタルサーバには、全部のプランでメールが使えますが、メール専用のプランがあります。

例えば、AWSで独自ドメインのサーバーを使っていて、それと同じ独自ドメインでメールを利用したい方には便利なプランです。

利用料金初期費用0円/月額87円・年間一括1,048円
容量10GB
お試し期間2週間無料
サポート体制電話・メールサポート無料

連絡先のメールアドレスがyahooやGmallのフリーメールだったりすると、「信用して大丈夫かな・・・」と不安になったりしますが、ビジネス用のメールアドレスとして独自ドメインでのメールアドレスは信頼アップにもつながるので、そんな時に便利なプランです。

無料で最大8世代バックアップ

スタンダードプラン以上のプランでは、「バックアップ&ステージングSnapUP」が無料で使えます。

バックアップ&ステージング

バックアップでは、スケジュールとフォルダを指定して最大8世代までバックアップが可能です。

これによって、サイト情報・データベース・WordPressなどWebサイトを構成する情報を世代やフォルダごとにバックアップします。バックアップする容量は最大30GBで、利用しているサーバーとは別に設けられるため、利用しているサーバー容量を圧迫することはありません。

かかかず
かかかず

ステージングができるのはめっちゃ便利です。

さくらレンタルサーバの気になるところ

さくらレンタルサーバの気になるところ

さくらレンタルサーバにいいところがいっぱいありますが、ちょっと気になる部分が2つあります。

契約後プラン変更ができない

さくらのレンタルサーバでは、スタンダード→プレミアムに変更するなど、契約後のプラン変更ができません。

さくらのレンタルサーバは、プランごとに収容サーバーが異なるらしくプランを変更する場合は、別のプランを新規で申し込みし、ホームページのデータをすべて自分で引越し・移行する必要があります。新規の契約の扱いなので初期費用も発生します。

サイトやブログを立ち上げ当初はスタンダードプランでも運営には問題ないと思いますが、そこそこ軌道に乗った時にプランを変更する場合には、契約と引越しの作業が必要なので、これはなかなか気になるところです。

かかかず
かかかず

もうちょっと柔軟な契約があると嬉しいです。

サーバー障害からの復旧時間

さくらのレンタルサーバを含むさくらインターネットでは、公式サイトでメンテナンス・障害情報が一覧で見ることができます。

メンテナンス・障害情報

外部リンク さくらインターネットのメンテナンス・障害情報

このページでは、提供サービス毎に情報を公開していて、さくらのレンタルサーバの障害の発生状況をタイムリーに詳細を公開していおり、透明性のある運用で好感が持てます。

障害情報の一覧

ですが、中には復旧まで30〜40分程かかっていたりと、その時間はアクセスできないので、もう少し速く対応して欲しい部分です。

かかかず
かかかず

ロリポップ!でも障害情報を公開していますが、同等レベルの障害復旧は10分程度が多い傾向です。

とは言え、クリティカルな障害はなく国内シェアNo3の実績で、安心して使えるサーバーです。

さいごに

さくらのレンタルサーバは、口コミサイトをのぞいても評価は様々ですが、常により良いサーバー環境になるようアップグレードしており、利用しているユーザーも多いので、わからないことでもググればすぐ解決する記事が検索結果に出てきます。また、金額も全体的に低価格の月額料金で利用できます。

今回の記事をまとめると、

  • スタンダードプラン以上をWordPressが使える。
  • スタンダードプランは十分速い。
  • さくらのレンタルサーバはサポートや無料で使える機能が充実している。

です。

さくらのレンタルサーバでは、2週間のお試し利用ができるので、この記事を見て気になった方は以下の公式サイトからをチェックして、お試し利用をしてみてください。

公式サイトのリンクさくらのレンタルサーバ

お試し利用の方法については、以下の記事にしているので申し込み方法がちょっと分からなくなってしまった場合にはご覧ください。

関連記事 さくらのレンタルサーバで2週間お試し利用の方法と手順

レンタルサーバー