リトルサーバーのワードプランでPingdomを使って速度を検証!速度について調べてみた

リトルサーバーは、月額150円〜 WordPressも使える格安のレンタルサーバーで、独自ドメインや無料のSSLが使えたりと、基本的な機能も使えてコストパフォーマンスに優れたサーバーです。

そんなリトルサーバーの、

かかかず
かかかず

実際のスピードはどうなの?

と気になり調べてみたのがこの記事で、

  • リトルサーバーのワードプランの速さ。
  • リトルサーバーでテーマを変えた時の速さ。
  • リトルサーバーでテーマの設定を色々いじった時のスコア。

の内容です。

初めに言ってしまうと、普通に速いスピードでしたが、細かい部分も含め是非とも最後までご覧いただけたら嬉しいです。

Pingdom Website Speed Testで試すテーマと条件

この記事では、リトルサーバーのワードプランをPingdom Website Speed Testというオンラインのスピード測定ツールでテストをしています。

Pingdom
Pingdom Website Speed Test より

Pingdom Website Speed Testは、計測したいサイトのURLを入力して「START TEST」を選択すると、速度のグレードと点数、ページの読み込み時間、他サイトとの比較、ページサイズ、リクエスト数が分かります。

で、この記事では以下3つのテーマで、記事はインストール直後の「Helle World!」の1記事のみ。そして、プラグインなどの追加は無しの状態で、それぞれ設定を変更して計測しています。

テーマバージョン
Twenty Twenty-One1.3
SANGO2.5.3
Cocoon2.3.0

Pingdom Website Speed Testの詳細については、以下の記事にまとめました。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

関連記事 サイトのスピードが測定できるPingdom Website Speed Testの特徴と調べる方法

リトルサーバーのワードプラン

リトルサーバー は、月額150円から使えてコストパフォーマンスに優れ、無料SSLはもちろんのこと、自動で毎日バックアップ機能がついていたりと、基本機能も他社には劣らないレンタルサーバーです。

この記事では、そんなリトルサーバーの4つのプランの中の下から、2番目にあたるワードプランでスピード測定を行なっています。

リトルサーバーの特徴や違いの詳細は以下の記事でご覧頂けます。

関連記事 リトルサーバーの各プランの違いと特徴

その他のスピード測定の関連記事

また、リトルサーバー以外の他社レンタルサーバーでも、スピード計測をしているので、以下の記事も併せてご覧ください。

リトルサーバー × Twenty Twenty-One

Twenty Twenty-Oneは、WordPressをインストールすると有効になっているテーマです。シンプルなデザインとレイアウトです。

デフォルトテーマ
Twenty Twenty-One

何もいじってない状態

インストール直後のTwenty Twenty-Oneのテーマが有効な時のスコアです。シンプルな分、ページサイズも小さくなっています。

他社と比較しても、パフォーマンスグレードが A96で、ロード時間が241msとかなり速いパフォーマンスを発揮しています。

Twenty Twenty-Oneのスピード測定スコア
項目スコア
Performance gradeA 96
Page size54.7KB
Load time241ms
Requests10

リトルサーバー × SANGO

当サイトも利用しているSANGOは、Googleのマテリアルデザインを採用したWordPressのテーマです。シンプルで居心地の良いデザインで、カスタマイズもしやすく、使っている人も多い人気のテーマです。

SANGO
SANGO

何もいじってない状態

SANGOのテーマを有効にするとページサイズが増えますが、パフォーマンスグレード・ロード時間ともにストレスの溜まる速度ではなく、非常に良いスコアになっています。

SANGOのスピード測定スコア
項目スコア
Performance gradeA 92
Page size227.7KB
Load time1.13s
Requests16

SANGOの高速化設定ON

SANGOのテーマでできる高速化設定をONにすると、ロード時間はさほど変わりませんが、ページサイズの圧縮とリクエスト数が減少し、パフォーマンスグレードが A93 と向上しています。

SANGOの高速化設定ONのスコア
項目スコア
Performance gradeA 93
Page size218.2KB
Load time1.14s
Requests15

Googleフォント適用時

SANGOでは、Googleフォントを適用することができ、ここではNoto SansJPをONにしたスコアです。

ページサイズが増加していますが、パフォーマンスグレードが A92 と高い水準を維持し、ロード時間も短く速い印象です。

SANGOでGoogleフォント適用時のスコア
項目スコア
Performance gradeA 92
Page size544.0KB
Load time1.17s
Requests29

リトルサーバー × Cocoon

Cocoonはわいひらさんが作った無料のWordPressテーマで、高速化設定やヘッダーなどのカスタマイズを管理画面で容易にできたりと、非常に高機能なテーマです。

Cocoon
Cocoon

何もいじってない状態

CocoonのテーマをONにして何もいじっていない状態だと、ロード時間が2.02sで、パフォーマンスグレードが B90 と気になる部分です。

他社のレンタルサーバーでもCocoonを有効にした場合、同等程度にスコアが落ちます。

Cocoonで何もいじってない状態のスコア
項目スコア
Performance gradeB 90
Page size223.9KB
Load time2.02s
Requests20

Cocoonの高速化設定ON

Cocoonの高速化設定を全てONにすると、ロード時間が10分の1程度に短くなり、パフォーマンスグレードも A96 と文句のないパフォーマンスを発揮しています。

Cocoonの高速化設定ONにしたときのスコア
項目スコア
Performance gradeA 96
Page size217.1KB
Load time263ms
Requests13

さいごに

リトルサーバーはついつい月額150円〜 と、価格に目がいきがちですが、このようにちゃんと高速なスピードの出るサーバースペックでした。

別記事で詳細は書きますが、ディスク容量とサポート体制の不安がないユーザーにはコスパに優れ打ってつけだと思います。

最後に、この記事の内容をまとめると、

  • リトルサーバーは普通に速い。
  • 低価格で速い為コストパフォーマンスに優れる。
  • 同時接続時の速さは別途検証が必要。

です。

実際にリトルサーバーをお試し利用してみようと思った方や、ちょっと気になった方は、以下の公式サイトのリンクからチェックしてみてください。

公式サイトのリンクリトルサーバー

レンタルサーバー

高速・高機能・高安定性

ConoHa WING

ConoHa Wingは、速くて安定性の高いレンタルサーバーです。その他のConoHa Wingの記事はこちらからどうぞ。

ConoHa WING