国内シェアNo1・エックスサーバー のX10プランでPingdomを使って速度を検証!どれだけ速いのか調べてみた。

人気のエックスサーバーは、国内シェアNo1を誇るレンタルサーバーで、使っているユーザーも多く「速く・安定性も抜群」のレビューをよく見かけます

と、実際にどうかということでPingdomというスピード測定ツールを使って検証してみたのが今回の記事です。

この記事の内容は、

  • エックスサーバーのスピード測定結果。
  • 3つのテーマで調べた結果。
  • 色々設定を変えたスピード測定の結果。

です。

はじめに結論を言うと、「やっぱり速かったエックスサーバー 」の結果となっています。是非最後までご覧ください。

Pingdom Website Speed Testで試すテーマと条件

この記事では、Pingdom Website Speed Testというオンラインのスピード測定ツールでテストをしています。

Pingdom
写真:Pingdom Website Speed Test より

Pingdom Website Speed Testは、計測したいサイトのURLを入力して「START TEST」を選択すると、速度のグレードと点数、ページの読み込み時間、他サイトとの比較、ページサイズ、リクエスト数が分かります。

で、この記事では以下3つのテーマで、記事はインストール直後の「Helle World!」の1記事のみ。そして、プラグインなどの追加は無しの状態で、それぞれ設定を変更して計測しています。

テーマバージョン
Twenty Twenty-One1.3
SANGO 2.4.2
Cocoon2.2.8.8

Pingdom Website Speed Testの詳細については、以下の記事にまとめました。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

関連記事 サイトのスピードが測定できるPingdom Website Speed Testの特徴と調べる方法

エックスサーバーのX10プラン

この記事ではエックスサーバー のX10のプランでスピード測定を行なっています。

X10プランはエックスサーバーで一番コスパの良いプランで、月額990円〜 利用できます。上位プランとの違いは、ドメイン永年無料の有無とディスク容量が違う点です。

プランの詳細については、以下の記事にまとめていますので併せてご覧ください。

関連記事 レンタルサーバー国内シェアNo1・エックスサーバーの各プランの違いと特徴[2021年5月]

各レンタルサーバーの速さの結果と各詳細記事

この記事で測定しているレンタルサーバー以外に、各社毎にSANGOやCocoonのテーマや、GoogleフォントをONにしてスピード測定をしています。

悩む人
悩む人

結局どれが速いの?

こんなお悩みのある方は、各測定結果を交えて解説していますので、各「測定記事」のリンクからご覧ください。

レンタルサーバー速さ(秒数)パフォーマンスグレード
ConoHa WING測定記事144msA 96
カラフルボックス測定記事192msB 90
Xserver測定記事203msA 96
スターサーバー測定記事216msA 96
mixhost測定記事226msB 90
リトルサーバー測定記事241msA 96
ヘテムル測定記事317msA 96
ロリポップ測定記事780msB 88
JETBOY測定記事974msB 90 
さくらのレンタルサーバ測定記事3.37sA 92
テーマ:Twenty Twenty-One / ツール:Pingdom
かかかず
かかかず

それでは、エックスサーバーのスピードについて見ていきましょう。

エックスサーバー × Twenty Twenty-One

Twenty Twenty-Oneは、WordPressの5.7をインストールした時のデフォルトのテーマです。

デフォルトテーマ
Twenty Twenty-One

シンプルなレイアウトとデザインです。

何もいじってない状態

プラグインを入れたり、記事数を増やしたりと何もいじっていない状態では A 96で、ロード時間も203msとかなり速いスピードが出ています。

エックスサーバーのスピードテスト
項目スコア
Performance gradeA 96
Page size61.4KB
Load time203ms
Requests9

モリサワWebフォント適用時

エックスサーバー では、モリサワWebフォントはが無料で使えます。この設定でのテストは、ベーシック適用時のスコアです。

他社のレンタルサーバーでもWebフォントをONにすることでスコアが多少下がりますが、エックスサーバー も例に漏れずスコアが下がります。

ですが、元々が速いのでロード時間も377msと、速いスピードを維持できています。

モリサワWebフォント適用時
項目スコア
Performance gradeA 92
Page size139.9KB
Load time377ms
Requests17

エックスサーバー × SANGO

有料テーマSANGOです。シンプルながらも随所にGoogleのマテリアルデザインを採用した居心地の良いテーマです。

SANGO
SANGO

内部最適化もされているのもGOODなポイントで、プラグインを入れることなくSEO対策ができるのも嬉しいWordPressのテーマです。

何もいじってない状態

SANGOのテーマにすることで、読み込むページサイズが大きくなるのに比例してロード時間も1.13sと長くなりますが、パフォーマンスグレード A92 と高いパフォーマンスを発揮しています。

他社の低価格系サーバーだと概ね85〜90のスコアが多いので、エックスサーバーの速さを体現している結果です。

デフォルトのスコア
項目スコア
Performance gradeA 92
Page size239.8KB
Load time1.13s
Requests15

モリサワWebフォント適用時

モリサワWebフォントをONにするとページサイズが増えますが、ロード時間もほぼほぼ一緒で、あまり影響を受けません。

というのも、計測対象にしているのはトップページで、Webフォントの対象となるパーツが少ないのも影響しているかと思っているので、記事ページだとまた違った結果が出るかもしれません。

が、他社のレンタルサーバーではパフォーマンスグレードが80代のスコアが多いので、それでも速いことには変わりありません。

SANGOのスコア
項目スコア
Performance gradeA 91
Page size261.8KB
Load time1.14s
Requests18

SANGOの高速化設定ON

SANGOのテーマで設定できる高速化をONにすると、ページサイズがちょっと減るのでグレードのスコアも良くなります。

今回の測定では1記事ですが、複数記事になっていった場合効果を発揮しそうな設定です。

SANGOの高速化設定ONのスコア
項目スコア
Performance gradeA 93
Page size228.2KB
Load time1.12s
Requests14

Googleフォント適用時

Noto Sans JPを適用させた時のスコアで、ページサイズが倍以上になっていますが、ロード時間も減っていません。

このGoogleフォント適用の設定は、スコアが大きく下がる結果が他社でも多くなりますが、エックスサーバー の速さでそれを補助してロード時間が増えることを防いでいるのではないかと思っています。

Googleフォント適用時
項目スコア
Performance gradeA 92
Page size529.2KB
Load time1.16s
Requests26
かかかず
かかかず

さすがエックスサーバー。他社だと比較的スコアが落ちますが、スコアが落ちずに速さを実感した結果です。

エックスサーバー × Cocoon

Cocoonです。専門的な知識がなくてもカスタマイズが簡単にできてしまう人気の無料のテーマです。

Cocoon
Cocoon

何もいじってない状態

何もいじっていない状態だと、他のWordPressのテーマと比較した場合スコアが多少下がりB89になっています。ですが、ロード時間は相変わらず速い結果です。

Cocoon標準状態のスコア
項目スコア
Performance gradeB 89
Page size248.3KB
Load time315ms
Requests21

モリサワWebフォント適用時

モリサワのWebフォントを使うとこちらもスコアがB88と多少低めですが、相変わらずロード時間は早いです。

モリサワWebフォント適用時
項目スコア
Performance gradeB 88
Page size284.0KB
Load time459ms
Requests27

Cocoonの高速化設定ON

他社のレンタルサーバーでもそうですが、Cocoonの高速化設定をONにするとかなり速くなり、スコアが劇的に上がります。

かなりリクエスト数を減らしてくれるのが好結果の要因ぽいです。

Cocoonの高速化設定ONのスコア
項目スコア
Performance gradeA 97
Page size233.9KB
Load time299ms
Requests13
かかかず
かかかず

他社だと高速化しても意味がなかったりする場合もありますが、エックスサーバー はそんなことなく速くなっています。

さいごに

エックスサーバー は、とにかく速い結果でした。

記事執筆時点では、この記事のエックスサーバー と、国内シェアNo2のロリポップ。国内シェアNo3のさくらのレンタルサーバの3社で比較すると、最も速いスピードを出せています。

さいごに、この辺りのこととこの記事をまとめると、

  • エックスサーバーは速い。
  • テーマを変えてもサイトのスピードは速い。
  • 高速化の設定ができるテーマだとより速くなる。

です。

この結果の通り、「速くて安定」というユーザーのレビューは嘘ではないと思うので、エックスサーバー が気になった方は公式サイトから是非チェックしてみてください。10日間お試し利用も出来ちゃいます。

エックスサーバー

速くて快適なレンタルサーバーならエックスサーバー

とにかく速くて安定のサーバー。そして、国内シェアNo1。

評価
おすすめ
ポイント
とにかく速くて快適
特徴 サポートで多機能

運用サイト数は190万件を突破し、高速・機能・安定性を追求するエックスサーバー は、個人だけでなく多くの企業も利用しているレンタルサーバーです。プランは、月額990円〜 で使えるコスパの良いX10プランがオススメです。

カテゴリーのイラスト

同じカテゴリの記事一覧

ボタンの影

レンタルサーバー