国内シェアNo1のレンタルサーバー・エックスサーバーで無料独自SSL導入の方法と手順

エックスサーバーは安定したサーバー環境で、レンタルサーバーの国内シェアNo1です。

運用サイト数もこれに比例して190万以上の実績があり、快適なサイト運営をサポートしてくれる機能が多彩です。

  • マルチドメイン無制限
  • モリサワWebフォント無料利用
  • 無料独自SSL
  • データベース数無制限
  • WordPress簡単インストール
  • WordPress簡単移行ツール
  • FTPアカウント無制限
  • メールアカウント無制限
  • 自動バックアップ

無料独自SSLももちろん使うことができ、GoogleはSSLについて、検索順位を決める要素の一つとしてSSLを加えたことを明言している為、今や必ずやっておきたい設定の一つです。

今回の記事は、エックスサーバーで無料独自SSL導入の方法について、

  • SSLの導入の仕方。
  • エックスサーバーでの無料独自SSLの導入方法。
  • エックスサーバーでブログ・サイトのURLをhttps://に変更する方法。

の内容です。

エックスサーバーを既に利用している方や、これから利用しようかと検討している方はこの記事を参考に、最後までご覧いただけたら嬉しいです。

ざっくりとしたエックスサーバーで無料独自SSL導入の手順

エックスサーバー での無料独自SSLの導入は、サーバーパネルで設定を行います。

SSLのイラスト

設定のざっくりとした手順は以下の通りです。

サーバーパネルにログイン

サーバーパネルにログインをして、メニューから「SSL設定」を選択します。

設定したいドメインに独自SSL設定追加

設定したいドメインを選択して独自SSLの設定をします。設定が完了したら、SSLの設定が反映されるまで最大1時間程度待ちます。

WordPressの管理画面からURLを変更

反映が完了したらWordPressの管理画面からURLを変更します。

かかかず
かかかず

それでは早速みていきましょう。

エックスサーバーで無料独自SSL導入の方法

無料独自SSLは、エックスサーバー のサーバーパネルから導入を行います。

公式サイトのトップページからサーバーパネルにログイン

公式サイトのトップページにある「サーバーパネル」を選択します。サーバーパネルへのログイン認証画面では、サーバーIDとサーバーパネルパスワードを入力しましょう。

サーバーパネルのログイン場所

SSL設定を選択

サーバーパネルへのログインが完了すると、メニュー画面になります。デスクトップで見た場合、メニューの右の方にある「SSL設定」を選択します。

エックスサーバーのサーバーパネル

SSLを設定するドメインを選択

SSL設定を選択すると、SSLを設定するドメインの選択をします。

SSLを設定するドメインを選択の画面

独自SSL設定追加

設定するドメインの選択が終わったら、SSL設定の画面にページが移動します。移動すると、「SSL設定一覧」と「独自SSL設定追加」のタブが出ますが、「独自SSL設定追加」を選択します。

「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にはチェックを入れず、「確認画面へ進む」を選択しましょう。

独自SSL設定追加の画面
CSR情報(SSL証明書申請情報)とは?

CSR情報(SSL証明書申請情報)とは、証明書を申請する時に提出する情報です。エックスサーバー の無料独自SSLは、CSR情報を設定しなくても申請手続きが可能です。

最終確認をして追加を選択

「確認画面へ進む」を選択すると最終確認の画面になります。念のため確認をして「追加する」を選択しましょう。

「追加する」を選択するとSSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。
※処理には数分程度かかる場合があります。
と表示されるので、少しそのまま待ちましょう。

SSL設定の最終確認画面

少し待つと以下のような表示で「(ドメイン名)に独自SSL設定を追加しました。」と表示されます。

SSL設定の完了画面

この画面が表示されたら、画面内の「戻る」ボタンを選択します。

完了するまで待つ

サーバーパネルのSSL設定に移動します。そこの無料独自SSL一覧に、申請中のドメインが表示されますが、また反映待ちの状態です。

サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかるので気長に待ちましょう。

SSL設定一覧の画面

反映待ちが消えたらWordPressの設定

反映待ちが消えたら、SSLの追加が完了です。そして最後にWordPressの管理画面から、サイトアドレスをSSL適用後のアドレスへ変更しましょう。

WordPressの管理画面へログインし、左メニューの「設定」>「一般」を選択します。

選択したら、「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」のURLの http://https:// に変更して保存をします。

httpsに変える場所

変更の保存が完了したら、トップページにアクセスしてみましょう。アクセスしたトップページで、ブラウザのアドレスバーに「鍵マーク」が表示されていればOKです。

SSLでのアドレスバーの表示
かかかず
かかかず

これで無料独自SSLの導入は完了です。

さいごに

エックスサーバーのSSLは、サーバーパネルから簡単に導入でき、反映待ちまで大体1時間程度で設定ができてしまいます。

かくゆうSSLは今や必須に近いものなので、忘れずに設定をしておきましょう。

この辺とこの記事の内容をまとめると、

  • SSLの導入はサーバーパネルから行う。
  • サーバーパネルから設定完了後、多少待つ必要がある。
  • 設定が完了したらWordPressの設定も行う。

です。

エックスサーバー は独自SSLが無料で使えるだけでなく、モリサワWebフォントが無料で使えたり、いろんな機能を追加料金なく使うことができます。

お試しで10日間の利用もできるので、気になった方はチェックしてみてください。

エックスサーバー

速くて快適なレンタルサーバーならエックスサーバー

とにかく速くて安定のサーバー。そして、国内シェアNo1。

評価
おすすめ
ポイント
とにかく速くて快適
特徴 サポートで多機能

運用サイト数は190万件を突破し、高速・機能・安定性を追求するエックスサーバー は、個人だけでなく多くの企業も利用しているレンタルサーバーです。プランは、月額990円〜 で使えるコスパの良いX10プランがオススメです。

レンタルサーバー

高速・高機能・高安定性

ConoHa WING

ConoHa Wingは、速くて安定性の高いレンタルサーバーです。その他のConoHa Wingの記事はこちらからどうぞ。

ConoHa WING