JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptの.addEventListenerクリックで左に小さいドロワメニュー

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

.addEventListener()

JavaScriptの.addEventListenerクリックで左に小さいドロワメニュー

JavaScriptの.addEventListenerクリックで左に小さいドロワメニュー

比較的スマホ向けのUIですが、JavaScriptもコードも簡単な記述でできる左から小さめのドロワメニューです。

.addEventListenerのクリック

以下は要素のIDを指定して、クリックイベントを行う時の記述です。

document.getElementById('トリガーになる要素のID').addEventListener('click', () => {
  // 処理内容を記述
});

このように記述して、いろんな処理内容を中に記述していきます。

ドロワメニューのサンプル

早速ドロワーのサンプルです。ボタンクリックで左からドロワーメニューが開き、ドロワーメニューの「✖️」を選択するとドロワーがフェードアウトします。

全体を覆うオーバーレイじゃないドロワーなので、閉じるには「✖️」をクリックする必要があります。

かかかず
かかかず

その為ユーザービリティではあまり良くないかもしれません。

サンプルのコード

サンプルのコードはHTML・JavaScript・CSSの3種類です。順に解説していきます。

HTML

HTMLは、大きく分けて「ドロワ」とトリガーになる「ボタン」の2種類です。「mySidepanel」のid名がつく div タグが親要素で、ドロワの中に表示するものはそこに記述していきます。

/* ドロワ */
<div id="mySidepanel" class="sidepanel">
<div id="drawerClose"><span class="lineClose"></span></div>
<nav>
<ul class="panelInner">
<li><a href="#">メニュー1</a></li>
<li><a href="#">メニュー2</a></li>
<li><a href="#">メニュー3</a></li>
<li><a href="#">メニュー4</a></li>
</ul>
</nav>
</div>

/* ボタン */
<button id="drawerOpen">ドロワメニューを開く</button>

サンプルでは、a タグを li のリストタグの中に記述しています。

JavaScript

JavaScriptは、.addEventListener() のクリックイベントで発動する「ボタンクリックでドロワーを開く」と、「✖️クリックでドロワーを閉じる」の2種類です。

document.getElementById('drawerOpen').addEventListener('click', () => {
  document.getElementById("mySidepanel").style.width = "300px";
  document.getElementById("mySidepanel").style.opacity = "1";
});

document.getElementById('drawerClose').addEventListener('click', () => {
  document.getElementById("mySidepanel").style.width = "0";
  document.getElementById("mySidepanel").style.opacity = "0";
});

「ドロワーを開く」場合は、「mySidepanel」のid名がつく要素を width:300opacity:1 で表示させて、反対に「ドロワを閉じる」場合は、width:0opacity:0 で非表示にします。

かかかず
かかかず

CSSのプロパティを操作する処理内容です。

CSS

CSSでは以下の通り簡単な記述です。「✖️」部分は span タグを使い表示させています。

/* drawer */
.sidepanel {
  height: 100%;
  width: 0;
  position: fixed;
  z-index: 100000;
  top: 0;
  left: 0;
  background-color: #111;
  overflow-x: hidden;
  padding-top: 60px;
  transition: 0.5s;
  filter: drop-shadow(2px 0px 6px #777);
}
ul.panelInner {
    padding: 0 25px;
    border: none;
    list-style: none;
    margin: 0;
}
.panelInner li a {
    text-decoration: none;
    font-size: 1.6rem;
    color: #999;
    display: block;
}

.sidepanel a:hover {
  color: #f1f1f1;
}

.sidepanel #drawerClose {
    position: absolute;
    top: 5px;
    right: 5px;
    display: block;
    padding: 20px;
    cursor: pointer;
}
.lineClose {
    display: inline-block;
    vertical-align: middle;
    color: #aaa;
    line-height: 1;
    width: 2.5rem;
    height: 0.2rem;
    background: currentColor;
    border-radius: 0.1rem;
    position: relative;
    transform: rotate(45deg);
    transition: 0.2s;
}
.lineClose::before {
  content: '';
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 100%;
  background: inherit;
  border-radius: inherit;
  transform: rotate(90deg);
}
.sidepanel #drawerClose:hover > span {
    color: #ddd;
}