JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptの.outerHTMLで指定タグをdivタグで括る

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

.outerHTML

JavaScriptの.outerHTMLで指定タグをdivタグで括る

JavaScriptの.outerHTMLで指定タグをdivタグで括る

JavaScript のElement オブジェクトに .innerHTML のプロパティがあります。この.innerHTMLは、要素内の HTML を取得したり設定するプロパティです。

一方.outerHTML は、要素自身と要素に含まれる HTML を取得したり設定するプロパティです。

この記事では、.outerHTML  を使って指定のタグを div タグで括る方法について解説します。

.outerHTML

JavaScriptの.outerHTML は、要素自身と要素に含まれる HTML を取得したり設定するプロパティです。

const content = element.outerHTML;

この記事ではこの.outerHTML を使って、指定のタグ全部を ループを使って div タグで全て括るスニペットについてご紹介しています。

ボタンクリックでdivタグで括られるサンプル

早速サンプルですが、ボタンをクリックすると「その1〜その5」までの p タグの要素が、 div タグで括られるようになります。

  • その1

  • その2

  • その3

  • その4

  • その5

かかかず
かかかず

変わったことが分かりやすいように、divタグが付くと色が変わるようにCSSを追記しています。

変更前・後のコード

上記の見た目の変化だけだと分かりづらいので、コードの変化についても紹介しておきます。

まずは、div タグが追記される前のコードは以下の通りです。

<ul class="sampleList">
<li><p>その1</p></li>
<li><p>その2</p></li>
<li><p>その3</p></li>
<li><p>その4</p></li>
<li><p>その5</p></li>
</ul>

上記のコードに、JavaScriptのコードを加えると、pタグが 「class=’midashi’」の付いたdiv で括られます。

<ul class="sampleList">
<li><div class='midashi'><p>その1</p></div></li>
<li><div class='midashi'><p>その2</p></div></li>
<li><div class='midashi'><p>その3</p></div></li>
<li><div class='midashi'><p>その4</p></div></li>
<li><div class='midashi'><p>その5</p></div></li>
</ul>

実装の手順と方法

手順と方法

コードの解説の前に、実装の手順と方法について解説します。

かかかず
かかかず

この記事のコードをそのまま使うことはないと思いますが、念の為の解説です。

HTMLを記述

はじめに、HTMLを記述します。

上記は、JavaScriptを動かす用のコードなので、どのような形式でも大丈夫ですが、後述のJavaScriptと連動させる必要があります。

<ul class="sampleList">
<li><p>その1</p></li>
<li><p>その2</p></li>
<li><p>その3</p></li>
<li><p>その4</p></li>
<li><p>その5</p></li>
</ul>

連動させるのは、JavaScriptのコード1行目にある.querySelectorAll に入る指定タグなので、それが含有されるコードを記述するようにしましょう。

JavaScriptを記述

次に、JavaScriptのコードをHTMLを設置したページに記述します。

コードは <body>〜</body> で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

//pタグを取得
const x = document.querySelectorAll('.sampleList li p');
//一致したpタグをループで回す
 for (i = 0; i < x.length; i++) {
x[i].outerHTML = "<div class='midashi'>" + x[i].outerHTML + "</div>";
}
console.log(x);
}, 
かかかず
かかかず

これで記述は完了です。

ざっくりとしたコードの解説

コードはHTMLとJavaScriptの2種類です。この記事のスニペットでは、見た目をさほどいじっていないので、CSSは割愛させてください。

HTML

HTMLは li のリストタグの中に p タグが入ったシンプルな構造です。

<ul class="sampleList">
<li><p>その1</p></li>
<li><p>その2</p></li>
<li><p>その3</p></li>
<li><p>その4</p></li>
<li><p>その5</p></li>
</ul>

サンプルに作っているものなので、特段の解説はないですが、JavaScriptのコード1行目.querySelectorAll で指定するタグが入るように記述しましょう。

JavaScript

JavaScriptは、まずはじめに「pタグを取得」して、取得した p タグ全てに「div タグで括るループ」を動かすコード内容です。

//pタグを取得
const x = document.querySelectorAll('.sampleList li p');
//一致したpタグをループで回す
 for (i = 0; i < x.length; i++) {
x[i].outerHTML = "<div class='midashi'>" + x[i].outerHTML + "</div>";
}
console.log(x);
}, 

ループの中で.outerHTML を記述して、そこで「どのようなタグで括らせるか?」を指定します。

さいごに

先生

静的なページであれば、「.outerHTML を使って div タグを追加」なんてことはほぼないと思いますが、動的なサイトで指定タグを追加する時などに使えると思います。

是非参考にしてみてください。