JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptの.querySelectorAll()で水平方向メニューのタブ

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

.querySelectorAll()

JavaScriptの.querySelectorAll()で水平方向メニューのタブ

JavaScriptの.querySelectorAll()で水平方向メニューのタブ

よく見かけるタブメニューは、ブロックの上部にメニュー。その下にコンテンツがある形態が多いですが、この記事では、縦ではなく左にメニュー。右にコンテンツで横の水平方向のタブをJavaScriptを使って作っています。

コードは、ネイティブなJavaScriptで、かつ同じページに複数個のタブを設置しても動くコードです。

かかかず
かかかず

最後までご覧いただけたら嬉しいです。

.querySelectorAll()

JavaScriptの .querySelectorAll() は、CSSセレクタで指定ができるメソッドです。

かかかず
かかかず

ANDやORの検索も可能で、:hover:activeの擬似要素にも対応しています。

これ以外にも、JavaScriptには .getElementById() や、.getElemetnsByClassName() で、HTML要素を取得できるメソッドはありすが、この.querySelectorAll() は、jQueryを扱うときのような記述で、HTML要素をセレクタ指定することができるのも特徴です。

水平方向メニューのタブ

早速サンプルです。いわゆるタブのUIで、左にメニュー・右にメニュークリックで表示されるコンテンツブロックの横並びタブです。

Section1-1

山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。山路を登りな

Section1-2

山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。山路を登りな

Section1-3

山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。山路を登りな山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。

かかかず
かかかず

メニュークリックで表示されるコンテンツ部分のアニメーションは、CSSで作っています。

実装の手順と方法

手順と方法

コードの解説の前に、実装の手順と方法について解説します。

HTMLMを記述

はじめに、設置したいHTMLへ以下のコードを記述します。

<section class="someTabs" data-tabs>
  <nav class="tabs__nav">
    <div class="tabs__btnBlock">
    <a href="#" class="tabs__item active" data-tab><span>Section1-1</span></a>
    <a href="#" class="tabs__item" data-tab><span>Section1-2</span></a>
    <a href="#" class="tabs__item" data-tab><span>Section1-3</span></a>
    </div>
  </nav>
  <div class="tabs__body">
    <div class="tabs__content active" data-tab-content><p>Section1-1</p><p>山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。山路を登りな</p></div>
        <div class="tabs__content" data-tab-content><p>Section1-2</p><p>山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。山路を登りな</p></div>
        <div class="tabs__content" data-tab-content><p>Section1-3</p><p>山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。山路を登りな山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。</p></div>
  </div>
</section>
JavaScriptを記述

次に、JavaScriptのコードをページに記述します。

コードは <body>〜</body> で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

const tabsElems = document.querySelectorAll("[data-tabs]");

if(tabsElems.length > 0){
  for (let i = 0; i < tabsElems.length; i++) {
  let tab = tabsElems[i];
  let tabBtnElems = tab.querySelectorAll("[data-tab]");
  let tabContentElems = tab.querySelectorAll("[data-tab-content]");
  for (let i = 0; i < tabBtnElems.length; i++) {
    let tabBtn = tabBtnElems[i];
    let tabContent = tabContentElems[i];
    tabBtn.addEventListener("click", (e) => {
      e.preventDefault();
      for (let i = 0; i < tabBtnElems.length; i++) {
       tabBtnElems[i].classList.remove('active');
       tabContentElems[i].classList.remove('active');
      }
      tabBtn.classList.add('active');
      tabContent.classList.add('active');
    });
  }
}
}
CSSを記述

最後に、CSSを記述します。

.someTabs {
    display: flex;
    justify-content: flex-start;
}
/* 左側 */
.tabs__nav {
    width: 200px;
    display: flex;
    flex-direction: column;
}
.tabs__btnBlock {
    border: solid 1px #eee;
    display: flex;
    flex-direction: column;
    border-right: none;
    height: 100%;
}
.tabs__item {
    background: #FFF;
    height: calc(100% / 3);
    line-height: 1;
    display: block;
    border-bottom: solid 1px #eee;
    position: relative;
}
.tabs__item span {
    position: absolute;
    top: 50%;
    transform: translateY(-50%);
    padding-left: 20px;
}
.tabs__item:last-child {
    border-bottom: none;
}
.tabs__item:hover {
    text-decoration: none;
    opacity: 0.8;
}
.tabs__item.active {
    background: linear-gradient( 45deg , #bdb9ff, #67b8ff);
    color: #FFF;
}
.tabs__item.active:after {
    content: "";
    position: absolute;
    top: 50%;
    left: 100%;
    margin-top: -10px;
    border: 10px solid transparent;
    border-left: 10px solid #74b8ff;
}

/* 右側 */
.tabs__body {
    width: calc(100% - 200px);
    padding: 25px 35px;
    border: solid 1px #eee;
    background: #FFF;
    min-height: 380px;
}
[data-tab-content]{
  display: none
}
[data-tab-content].active{
  display: block;
}
.tabs__content p {
    margin: 0;
}
.tabs__content.active {
    animation: fadeInLeft 0.7s ease 0s 1 normal;
}

/* FadeIn */
@keyframes fadeInLeft {
  0% {
    opacity: 0;
    transform: translateX(-30px);
  }
  100% {
    opacity: 1;
  }
}

@media screen and (max-width: 767px) {
/* (ここにモバイル用スタイルを記述) */
  .tabs__nav {
    width: 115px;
  }
  .tabs__body {
    width: calc(100% - 115px);
    padding: 15px 10px 15px 20px;
    min-height: auto;
  }
  .tabs__content {
    max-height: 350px;
    overflow-y: scroll;
    padding-right: 5px;
  }
.tabs__content::-webkit-scrollbar {
      width: 10px;
}
.tabs__content::-webkit-scrollbar-thumb {
  background: #666;
}
::-webkit-scrollbar-track {
      background-color: #f0f0f0;
}
}
かかかず
かかかず

これで完成です。

ざっくりとしたコードの解説

コードは、HTML・JavaScript・CSSの3種類です。順に解説していきます。

HTML

HTMLは、親要素の section タグに「data-tabs」。タブのボタンにあたる a タグに「data-tab」。タブの中身に「data-tab-content」の属性をそれぞれ付与して、全体を作ります。

<section class="someTabs" data-tabs>
  <nav class="tabs__nav">
    <div class="tabs__btnBlock">
    <a href="#" class="tabs__item active" data-tab><span>Section1-1</span></a>
    <a href="#" class="tabs__item" data-tab><span>Section1-2</span></a>
    <a href="#" class="tabs__item" data-tab><span>Section1-3</span></a>
    </div>
  </nav>
  <div class="tabs__body">
    <div class="tabs__content active" data-tab-content><p>Section1-1</p><p>山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。山路を登りな</p></div>
        <div class="tabs__content" data-tab-content><p>Section1-2</p><p>山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。山路を登りな</p></div>
        <div class="tabs__content" data-tab-content><p>Section1-3</p><p>山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。山路を登りな山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。</p></div>
  </div>
</section>

これら3つの属性は、後述するJavaScriptとCSS共に連動するので、コードを書き換えて利用する場合は、それぞれ注意して記述するようにしましょう。

JavaScript

JavaScriptは、まずはじめに .querySelectorAll で親要素に当たる「data-tabs」の属性を持つ要素を全て取得します。

const tabsElems = document.querySelectorAll("[data-tabs]");

if(tabsElems.length > 0){
  for (let i = 0; i < tabsElems.length; i++) {
  let tab = tabsElems[i];
  let tabBtnElems = tab.querySelectorAll("[data-tab]");
  let tabContentElems = tab.querySelectorAll("[data-tab-content]");
  for (let i = 0; i < tabBtnElems.length; i++) {
    let tabBtn = tabBtnElems[i];
    let tabContent = tabContentElems[i];
    tabBtn.addEventListener("click", (e) => {
      e.preventDefault();
      for (let i = 0; i < tabBtnElems.length; i++) {
       tabBtnElems[i].classList.remove('active');
       tabContentElems[i].classList.remove('active');
      }
      tabBtn.classList.add('active');
      tabContent.classList.add('active');
    });
  }
}
}

そして、取得した「data-tabs」の属性を持つ親要素の中の「data-tab」と、「data-tab-content」の要素をループで回していき、タブのメニューにあたる「data-tab」を .addEventListener のクリックイベントで、各class名の付け替えでタブの表示・非表示を行います。

かかかず
かかかず

ループを複数回まわす為コード量は比較的多めです。

CSS

CSSは、水平のレイアウトの為定番のFlexboxを使って、配置を決めます。配置ができたら、その中の要素のプロパティを書いていきます。

.someTabs {
    display: flex;
    justify-content: flex-start;
}
/* 左側 */
.tabs__nav {
    width: 200px;
    display: flex;
    flex-direction: column;
}
.tabs__btnBlock {
    border: solid 1px #eee;
    display: flex;
    flex-direction: column;
    border-right: none;
    height: 100%;
}
.tabs__item {
    background: #FFF;
    height: calc(100% / 3);
    line-height: 1;
    display: block;
    border-bottom: solid 1px #eee;
    position: relative;
}
.tabs__item span {
    position: absolute;
    top: 50%;
    transform: translateY(-50%);
    padding-left: 20px;
}
.tabs__item:last-child {
    border-bottom: none;
}
.tabs__item:hover {
    text-decoration: none;
    opacity: 0.8;
}
.tabs__item.active {
    background: linear-gradient( 45deg , #bdb9ff, #67b8ff);
    color: #FFF;
}
.tabs__item.active:after {
    content: "";
    position: absolute;
    top: 50%;
    left: 100%;
    margin-top: -10px;
    border: 10px solid transparent;
    border-left: 10px solid #74b8ff;
}

/* 右側 */
.tabs__body {
    width: calc(100% - 200px);
    padding: 25px 35px;
    border: solid 1px #eee;
    background: #FFF;
    min-height: 380px;
}
[data-tab-content]{
  display: none
}
[data-tab-content].active{
  display: block;
}
.tabs__content p {
    margin: 0;
}
.tabs__content.active {
    animation: fadeInLeft 0.7s ease 0s 1 normal;
}

/* FadeIn */
@keyframes fadeInLeft {
  0% {
    opacity: 0;
    transform: translateX(-30px);
  }
  100% {
    opacity: 1;
  }
}

@media screen and (max-width: 767px) {
/* (ここにモバイル用スタイルを記述) */
  .tabs__nav {
    width: 115px;
  }
  .tabs__body {
    width: calc(100% - 115px);
    padding: 15px 10px 15px 20px;
    min-height: auto;
  }
  .tabs__content {
    max-height: 350px;
    overflow-y: scroll;
    padding-right: 5px;
  }
.tabs__content::-webkit-scrollbar {
      width: 10px;
}
.tabs__content::-webkit-scrollbar-thumb {
  background: #666;
}
::-webkit-scrollbar-track {
      background-color: #f0f0f0;
}
}

タブの表示・非表示はJavaScriptで「.active」のclass名をコントロールして行います。

さいごに

先生

水平方向のタブは、昨今のモバイルファーストの流れだとあまり使う場面がないかもしれませんが、ぜひ参考にしてみてください。