JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptの.prepend()でページ遷移時に左から右にカーテン状のオーバーレイを表示

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

.prepend

JavaScriptの.prepend()でページ遷移時に左から右にカーテン状のオーバーレイを表示

JavaScriptの.prepend()でページ遷移時に左から右にカーテン状のオーバーレイを表示

いろんなことができるCSSアニメーションと、JavaScriptのと setTimeout() と、.prepend() を組み合わせてページ遷移時のアニメーションを作りました。

かかかず
かかかず

ページの見た目だけじゃなく、ユーザーの体験も作るページ遷移です。

この記事では、左から右にオーバーレイが表示される巣にペットについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

.prepend

JavaScriptの prepend() は、Node・DOMStringオブジェクトを指定した要素の最初の子の前に挿入するメソッドです。

// documentBodyの最初の子の前にnewElementを挿入
documentBody.prepend(newElement);

この記事では、この prepend() で2種類の要素を追加してオーバーレイを作っています。

カーテンを表示するサンプル

早速サンプルです。ページローディング時、まずはじめに body タグの全体が透過して、その後に画面全体を左から右にカーテン状のオーバーレイが表示された後、body タグに記載した本体の要素が表示されます。

かかかず
かかかず

この記事でもこのスニペットで表示させていますが、もう一回見る場合上記のボタンでぺーじ更新してみてください。

実装の手順と方法

手順と方法

コードの解説の前に、ざっくりとした実装の手順と方法について解説します。

JavaScriptを記述

はじめにJavaScriptのコードをページに記述します。

コードは <body>〜</body> で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

// bodyタグを取得
const documentBody = document.querySelector('body');
// body直下にオーバーレイの要素を作成
var newElement = document.createElement("div");
newElement.setAttribute("class","leftCurtainbg");
documentBody.prepend(newElement);
// オーバーレイの次に要素を作成
var coverElement = document.createElement("div");
coverElement.setAttribute("id","container");
newElement.prepend(coverElement);
// bodyタグにclassを付与
documentBody.classList.add('pageOn');

// 1.5秒経ったらオーバーレイ非表示
setTimeout(function(){ 
    newElement.style.display = "none";
  }, 1500);

// ページ遷移時にフェードアウト
window.addEventListener("beforeunload", () => {
  documentBody.classList.add('fadeout');
  setTimeout(function(){ 
    documentBody.style.display = "none"; 
  }, 1000);
}, false);
CSSを記述

次に、CSSを記述します。

アニメーション系の記述もあるので、コード量が結構多いですがコピペすればOKです。

.leftCurtainbg {
    display: block;
    content: "";
    position:fixed;
    z-index: 999;
    width: 100%;
    height: 100vh;
    top: 0;
    left: 0;
    transform: scaleX(0);
    background-color: #313131;
    animation-name:curtainAnime;
    animation-duration:1.2s;
    animation-timing-function:ease-in-out;
    animation-fill-mode:forwards;
}

@keyframes curtainAnime {
	0% {
		transform-origin:left;
		transform:scaleX(0);
	}
	50% {
		transform-origin:left;
		transform:scaleX(1);
	}
	50.001% {
		transform-origin:right;
	}
	100% {
		transform-origin:right;
		transform:scaleX(0);
	}
}

.fadeout {
  animation : fadeOut 1s;
  animation-fill-mode: both;
}
@keyframes fadeOut {
  0% {
    opacity: 1;
  }
  100% {
    opacity: 0;
  }
}

#container{
	opacity: 0;/*はじめは透過0に*/
}

/*bodyにpageOnクラスがついたら出現*/
body.pageOn #container{
	animation-name:PageAnimeOn;
	animation-duration:1s;
	animation-delay: 0.8s;
	animation-fill-mode:forwards;
	opacity: 0;
}

@keyframes PageAnimeOn{
	0% {
	opacity: 0;
	}
	100% {
	opacity: 1;
}
}
かかかず
かかかず

CSSのアニメーションの秒数を変更する場合、JavaScriptの setTimeout もいじるようにしましょう。

ざっくりとしたコードの解説

コードは、JavaScriptとCSSの2種のみで、HTMLはJavaScriptで要素を作成して挿入するので不要です。この2種類のコードを、順に解説していきます。

JavaScript

JavaScriptは、大きく分けて「オーバーレイの要素を作成」「bodyをフェードインさせる要素」「ページ遷移時のフェードアウト」の3つです。

// bodyタグを取得
const documentBody = document.querySelector('body');
// body直下にオーバーレイの要素を作成
var newElement = document.createElement("div");
newElement.setAttribute("class","leftCurtainbg");
documentBody.prepend(newElement);
// オーバーレイの次に要素を作成
var coverElement = document.createElement("div");
coverElement.setAttribute("id","container");
newElement.prepend(coverElement);
// bodyタグにclassを付与
documentBody.classList.add('pageOn');

// 1.5秒経ったらオーバーレイ非表示
setTimeout(function(){ 
    newElement.style.display = "none";
  }, 1500);

// ページ遷移時にフェードアウト
window.addEventListener("beforeunload", () => {
  documentBody.classList.add('fadeout');
  setTimeout(function(){ 
    documentBody.style.display = "none"; 
  }, 1000);
}, false);

コード量は、要素をJavaScriptの .createElement() で作っていくので多少多めのコード量です。

CSS

CSSは主に、JavaScriptで作った要素のアニメーションを指定するコードが多めです。

.leftCurtainbg {
    display: block;
    content: "";
    position:fixed;
    z-index: 999;
    width: 100%;
    height: 100vh;
    top: 0;
    left: 0;
    transform: scaleX(0);
    background-color: #313131;
    animation-name:curtainAnime;
    animation-duration:1.2s;
    animation-timing-function:ease-in-out;
    animation-fill-mode:forwards;
}

@keyframes curtainAnime {
	0% {
		transform-origin:left;
		transform:scaleX(0);
	}
	50% {
		transform-origin:left;
		transform:scaleX(1);
	}
	50.001% {
		transform-origin:right;
	}
	100% {
		transform-origin:right;
		transform:scaleX(0);
	}
}

.fadeout {
  animation : fadeOut 1s;
  animation-fill-mode: both;
}
@keyframes fadeOut {
  0% {
    opacity: 1;
  }
  100% {
    opacity: 0;
  }
}

#container{
	opacity: 0;/*はじめは透過0に*/
}

/*bodyにpageOnクラスがついたら出現*/
body.pageOn #container{
	animation-name:PageAnimeOn;
	animation-duration:1s;
	animation-delay: 0.8s;
	animation-fill-mode:forwards;
	opacity: 0;
}

@keyframes PageAnimeOn{
	0% {
	opacity: 0;
	}
	100% {
	opacity: 1;
}
}

カーテンのアニメーションは、@keyframesで指定している「curtainAnime」の箇所を色々いじればいろんな形態のアニメーションができるので、好みに応じていじってみてください。

さいごに

先生

ページ遷移系のアニメーションは、秒数や動きが多すぎるとストレスを感じられることもるとは思いますが、効果的に使えれば、動きが全体に出てビジュアルも魅力的になります。

この記事のスニペットも簡単に実装できるので、ぜひ使ってみてください。