JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptのsetTimeout()でページ切り替え時にバウンスボールを表示して切り替え

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

setTimeout()

JavaScriptのsetTimeout()でページ切り替え時にバウンスボールを表示して切り替え

JavaScriptのsetTimeout()でページ切り替え時にバウンスボールを表示して切り替え

よくWebアプリで見かける、ページ切り替え時にボールが跳ねる「バウンスボール」を使って表示させるものをJavaScriptで作りました。

かかかず
かかかず

ボールが上下にポヨンポヨン跳ねるやつです。

ページの遷移はいろんなパターンがありますが、少しのアニメーションでサイトがリッチに見えるようにもなるので、参考にしてみてください。

setTimeout()

JavaScriptの setTimeout() は、タイマーを設定するメソッドです。

setTimeout(function(){ 
    element.style.display = "none"; 
  }, 1500);

メソッドの中でタイマーの秒数をミリの単位で指定をして、時間切れになると関数を実行させます。

かかかず
かかかず

個人的にフェードイン・フェードアウトで使うことが多いメソッドです。

この記事では、このメソッドを使ってページ遷移のアニメーションを作っています。

バウンスボール表示のサンプル

バウンスボールは、以下のようにボールが床から跳ねてるようにバウンドしているようなアニメーションです。

かかかず
かかかず

上記のサンプルは、バウンスボールをずっと再生させたアニメーションです。

この記事では、このバウンスボールを主にCSSで作り、JavaScriptで「ページローディング時」に表示させていて、以下のように表示されます。

かかかず
かかかず

表示の時を見逃してしまった場合は、こちらの「ページ更新」のボタンでリロードしてみてください。

実装の手順と方法

手順と方法

コードの解説の前に、ざっくりとした実装の手順と方法について解説します。

HTMLを記述

表示させたいページのHTMLに記述します。

<div id="page-loading" class="fadein">
  <div class="three-balls">
    <div class="ball ball1"></div>
    <div class="ball ball2"></div>
    <div class="ball ball3"></div>
  </div>
</div>

場所は基本どこでも大丈夫ですが、できればHTMLの<body>〜</body> の先頭に近い方が構文的にいいです。

JavaScriptを記述

次に、JavaScriptのコードをページに記述します。

コードは <body>〜</body> で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

// bodyタグを取得
const documentBody = document.querySelector('body');
var newElement = document.getElementById("page-loading");

// 2.5秒経ったらオーバーレイ非表示
setTimeout(function(){ 
    newElement.style.display = "none"; 
  }, 2500);

// ページ遷移時にフェードアウト
window.addEventListener("beforeunload", () => {
  documentBody.classList.add('fadeout');
  setTimeout(function(){ 
    documentBody.style.display = "none"; 
  }, 1000);
}, false);
CSSを記述

最後に、CSSを記述します。

#page-loading {
  position: fixed;
  top: 0;
  left: 0;
  bottom: 0;
  right: 0;
  z-index: 999;
  background-color: #FFF;
}
.fadein {
  animation : fadeIn 2.5s;
  animation-fill-mode: both;
}

.three-balls {
  margin: 0 auto;
  width: 70px;
  text-align: center;
  position: absolute;
  left: 0;
  right: 0;
  top: 45%;
}

.three-balls .ball {
  position: relative;
  width: 15px;
  height: 15px;
  border-radius: 50%;
  display: inline-block;
  -webkit-animation: bouncedelay 2.0s infinite cubic-bezier(.62, .28, .23, .99) both;
  animation: bouncedelay 2.0s infinite cubic-bezier(.62, .28, .23, .99) both;
}

.three-balls .ball1 {
  -webkit-animation-delay: -.16s;
  animation-delay: -.16s;
}

.three-balls .ball2 {
  -webkit-animation-delay: -.08s;
  animation-delay: -.08s;
}

@keyframes bouncedelay {
  0% {
    bottom: 0;
    background-color: #03A9F4;
  }
  16.66% {
    bottom: 40px;
    background-color: #FB6542;
  }
  33.33% {
    bottom: 0px;
    background-color: #FB6542;
  }
  50% {
    bottom: 40px;
    background-color: #FFBB00;
  }
  66.66% {
    bottom: 0px;
    background-color: #FFBB00;
  }
  83.33% {
    bottom: 40px;
    background-color: #03A9F4;
  }
  100% {
    bottom: 0;
    background-color: #03A9F4;
  }
}

@-webkit-keyframes bouncedelay {
  0% {
    bottom: 0;
    background-color: #03A9F4;
  }
  16.66% {
    bottom: 40px;
    background-color: #FB6542;
  }
  33.33% {
    bottom: 0px;
    background-color: #FB6542;
  }
  50% {
    bottom: 40px;
    background-color: #FFBB00;
  }
  66.66% {
    bottom: 0px;
    background-color: #FFBB00;
  }
  83.33% {
    bottom: 40px;
    background-color: #03A9F4;
  }
  100% {
    bottom: 0;
    background-color: #03A9F4;
  }
}

.fadeout {
  animation : fadeOut 1s;
  animation-fill-mode: both;
}
@keyframes fadeOut {
  0% {
    opacity: 1;
  }
  100% {
    opacity: 0;
  }
}

@keyframes fadeIn {
  0% {
    opacity: 1;
  }
  100% {
    opacity: 0;
  }
}
かかかず
かかかず

手順はこれで完了です。

ざっくりとしたコードの解説

コードはHTML・JavaScript・CSSの3種類です。ざっくりですが、順に解説していきます。

HTML

HTMLは、「page-loading」というid名で親要素を作り、その中にバウンスボールを「three-balls」のclass名で括り、ボール一個一個を「ball」で作ります。

<div id="page-loading" class="fadein">
  <div class="three-balls">
    <div class="ball ball1"></div>
    <div class="ball ball2"></div>
    <div class="ball ball3"></div>
  </div>
</div>

ローディング時のオーバーレイとして表示させるので、設置したいHTMLのなるべく冒頭の方に記述するようにしましょう。

JavaScript

JavaScriptは、バウンスボールを表示させる条件と、ページから離脱するときの記述です。

// bodyタグを取得
const documentBody = document.querySelector('body');
var newElement = document.getElementById("page-loading");

// 2.5秒経ったらオーバーレイ非表示
setTimeout(function(){ 
    newElement.style.display = "none"; 
  }, 2500);

// ページ遷移時にフェードアウト
window.addEventListener("beforeunload", () => {
  documentBody.classList.add('fadeout');
  setTimeout(function(){ 
    documentBody.style.display = "none"; 
  }, 1000);
}, false);

アニメーションは主にCSSで記述していきますが、要素の表示・非表示はJavaScriptの setTimeout でいじっていき、CSSのタイミングと合わせるように秒数を指定します。

CSS

CSSでは、ローディング時に白く画面を覆い尽くすオーバーレイと、そこに表示されるバウンスボールを作ります。

#page-loading {
  position: fixed;
  top: 0;
  left: 0;
  bottom: 0;
  right: 0;
  z-index: 999;
  background-color: #FFF;
}
.fadein {
  animation : fadeIn 2.5s;
  animation-fill-mode: both;
}

.three-balls {
  margin: 0 auto;
  width: 70px;
  text-align: center;
  position: absolute;
  left: 0;
  right: 0;
  top: 45%;
}

.three-balls .ball {
  position: relative;
  width: 15px;
  height: 15px;
  border-radius: 50%;
  display: inline-block;
  -webkit-animation: bouncedelay 2.0s infinite cubic-bezier(.62, .28, .23, .99) both;
  animation: bouncedelay 2.0s infinite cubic-bezier(.62, .28, .23, .99) both;
}

.three-balls .ball1 {
  -webkit-animation-delay: -.16s;
  animation-delay: -.16s;
}

.three-balls .ball2 {
  -webkit-animation-delay: -.08s;
  animation-delay: -.08s;
}

@keyframes bouncedelay {
  0% {
    bottom: 0;
    background-color: #03A9F4;
  }
  16.66% {
    bottom: 40px;
    background-color: #FB6542;
  }
  33.33% {
    bottom: 0px;
    background-color: #FB6542;
  }
  50% {
    bottom: 40px;
    background-color: #FFBB00;
  }
  66.66% {
    bottom: 0px;
    background-color: #FFBB00;
  }
  83.33% {
    bottom: 40px;
    background-color: #03A9F4;
  }
  100% {
    bottom: 0;
    background-color: #03A9F4;
  }
}

@-webkit-keyframes bouncedelay {
  0% {
    bottom: 0;
    background-color: #03A9F4;
  }
  16.66% {
    bottom: 40px;
    background-color: #FB6542;
  }
  33.33% {
    bottom: 0px;
    background-color: #FB6542;
  }
  50% {
    bottom: 40px;
    background-color: #FFBB00;
  }
  66.66% {
    bottom: 0px;
    background-color: #FFBB00;
  }
  83.33% {
    bottom: 40px;
    background-color: #03A9F4;
  }
  100% {
    bottom: 0;
    background-color: #03A9F4;
  }
}

.fadeout {
  animation : fadeOut 1s;
  animation-fill-mode: both;
}
@keyframes fadeOut {
  0% {
    opacity: 1;
  }
  100% {
    opacity: 0;
  }
}

@keyframes fadeIn {
  0% {
    opacity: 1;
  }
  100% {
    opacity: 0;
  }
}

アニメーションは、@keyframes でボールが跳ねる様子と、フェードイン・フェードアウトを作り、それぞれのclass名にアニメーションで定義していけば完成です。

さいごに

先生

ページ遷移のアニメーションは、時間がかかるものだとユーザーにストレスになりますが、スムーズで適度なものであれば、見栄えも良くなるのでオススメです。

これ以外にも色々あるので、この記事を参考にしながらCSSのアニメーションと掛け合わせて自分好みのものを探してみてください。