JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

テーブル

グラフ

背景

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

openBD

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptの.createElement()で都道府県を選択可能なセレクトボックス

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

.createElement()

JavaScriptの.createElement()で都道府県を選択可能なセレクトボックス

JavaScriptの.createElement()で都道府県を選択可能なセレクトボックス

HTMLで、47都道府県を option タグで書いてもいいですが、見やすく・メンテナンスしやすいようにJavaScriptの .createElement() メソッドで記述することが可能です。

かかかず
かかかず

フォームのHTML構造はごちゃつきやすいので、JavaScriptで書く方法を解説します。

サンプルとあわせて参考にしてみてください。

.createElement()

JavaScriptの document.createElement() は、指定された HTML 要素を生成するメソッドです。

let element = document.createElement(tagName[, options]);

この記事では、このメソッドに for 文のループを併用してセレクトボックスを作ります。

セレクトボックスのサンプル

早速サンプルです。

以下に「都道府県を選択してください。」と表記のあるボックスを選択すると、各都道府県がそれぞれ表示されます。

選択すると、ボックスの上部に吹き出しで選択された都道府県が表示されます。

かかかず
かかかず

よくある都道府県のセレクトボックスです。

実装の手順と方法

手順と方法

各コードの解説の前に、実装の手順と方法について簡単にご説明します。

HTMLを記述

はじめに、設置したい場所にHTMLのコードを記述します。

<div class="todoufukenBox">
  <p id="target"></p>
  <select id="todoufuken" onchange="onsel(this);"></select>
</div>
JavaScriptを記述

次に、JavaScriptのコードをページに記述します。

コードは <body>〜</body> で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

window.addEventListener('load', (event) => { //ロードが完了したら
  var inner = [ // 都道府県を作成
    {cd:"", label:"都道府県を選択ください。"},
    {cd:"1", label:"北海道"},
    {cd:"2", label:"青森県"},
    {cd:"3", label:"岩手県"},
    {cd:"4", label:"宮城県"},
    {cd:"5", label:"秋田県"},
    {cd:"6", label:"山形県"},
    {cd:"7", label:"福島県"},
    {cd:"8", label:"茨城県"},
    {cd:"9", label:"栃木県"},
    {cd:"10", label:"群馬県"},
    {cd:"11", label:"埼玉県"},
    {cd:"12", label:"千葉県"},
    {cd:"13", label:"東京都"},
    {cd:"14", label:"神奈川県"},
    {cd:"15", label:"新潟県"},
    {cd:"16", label:"富山県"},
    {cd:"17", label:"石川県"},
    {cd:"18", label:"福井県"},
    {cd:"19", label:"山梨県"},
    {cd:"20", label:"長野県"},
    {cd:"21", label:"岐阜県"},
    {cd:"22", label:"静岡県"},
    {cd:"23", label:"愛知県"},
    {cd:"24", label:"三重県"},
    {cd:"25", label:"滋賀県"},
    {cd:"26", label:"京都府"},
    {cd:"27", label:"大阪府"},
    {cd:"28", label:"兵庫県"},
    {cd:"29", label:"奈良県"},
    {cd:"30", label:"和歌山県"},
    {cd:"31", label:"鳥取県"},
    {cd:"32", label:"島根県"},
    {cd:"33", label:"岡山県"},
    {cd:"34", label:"広島県"},
    {cd:"35", label:"山口県"},
    {cd:"36", label:"徳島県"},
    {cd:"37", label:"香川県"},
    {cd:"38", label:"愛媛県"},
    {cd:"39", label:"高知県"},
    {cd:"40", label:"福岡県"},
    {cd:"41", label:"佐賀県"},
    {cd:"42", label:"長崎県"},
    {cd:"43", label:"熊本県"},
    {cd:"44", label:"大分県"},
    {cd:"45", label:"宮崎県"},
    {cd:"46", label:"鹿児島県"},
    {cd:"47", label:"沖縄県"}
  ];
 // ループで option を生成
  for(var i=0;i<inner.length;i++){
    let op = document.createElement("option"); //optionタグを生成
    op.value = inner[i].cd; // cdを追加
    op.text = inner[i].label; // ラベルを追加
    document.getElementById("todoufuken").appendChild(op); // optionタグを追加
  }
  //1つ目のoptionタグに disabled を追加
  let todouoption = document.querySelectorAll("#todoufuken option");
    for(var i=0;i<todouoption.length;i++){
    todouoption[0].disabled = true;
  }
});

// optionが変更された時
function onsel(obj){
  document.getElementById("target").innerHTML = "<span>" + obj.options[obj.selectedIndex].text + "</span>を選択しました。";
  document.getElementById("target").style.display = "block";
}
CSSを記述

最後にCSSを記述します。

.todoufukenBox {
    position: relative;
}
p#target {
    position: absolute;
    left: 50%;
    transform: translateX(-50%);
    background: #313131;
    color: #ccc;
    margin: 0;
    bottom: 130%;
    display: none;
    width: 300px;
    text-align: center;
    font-size: 0.8rem;
    padding: 7px 0;
    border-radius: 9999px;
    letter-spacing: 0.06rem;
    transition: 0.2s ease-in-out;
}
p#target:after {
    content: "";
    position: absolute;
    top: 100%;
    left: 50%;
    margin-left: -8px;
    border: 8px solid transparent;
    border-top: 8px solid #313131;
}
p#target span {
    font-weight: 600;
    color: #FFF;
}
select#todoufuken {
    margin: 0 auto;
    background: #FFF;
    height: 50px;
    text-indent: 10px;
    position: relative;
    max-width: 340px;
    border: solid 1px #707070;
}
かかかず
かかかず

これで完成です。

ざっくりとしたコードの解説

コードは、HTML・JavaScript・CSSの3種類です。順に解説していきます。

HTML

HTMLは、「todoufukenBox」のclass名が付く div タグの親要素に、セレクトボックスを選択後に表示される吹き出しの p タグと、セレクトボックスの select タグです。

<div class="todoufukenBox">
  <p id="target"></p>
  <select id="todoufuken" onchange="onsel(this);"></select>
</div>

JavaScript

JavaScriptは、.addEventListener のロードが終わった際に発動する「load」で、ループを使い47の都道府県を配置します。

配置が完了したら、1つ目の option タグに「disabled」を追加します。

window.addEventListener('load', (event) => { //ロードが完了したら
  var inner = [ // 都道府県を作成
    {cd:"", label:"都道府県を選択ください。"},
    {cd:"1", label:"北海道"},
    {cd:"2", label:"青森県"},
    {cd:"3", label:"岩手県"},
    {cd:"4", label:"宮城県"},
    {cd:"5", label:"秋田県"},
    {cd:"6", label:"山形県"},
    {cd:"7", label:"福島県"},
    {cd:"8", label:"茨城県"},
    {cd:"9", label:"栃木県"},
    {cd:"10", label:"群馬県"},
    {cd:"11", label:"埼玉県"},
    {cd:"12", label:"千葉県"},
    {cd:"13", label:"東京都"},
    {cd:"14", label:"神奈川県"},
    {cd:"15", label:"新潟県"},
    {cd:"16", label:"富山県"},
    {cd:"17", label:"石川県"},
    {cd:"18", label:"福井県"},
    {cd:"19", label:"山梨県"},
    {cd:"20", label:"長野県"},
    {cd:"21", label:"岐阜県"},
    {cd:"22", label:"静岡県"},
    {cd:"23", label:"愛知県"},
    {cd:"24", label:"三重県"},
    {cd:"25", label:"滋賀県"},
    {cd:"26", label:"京都府"},
    {cd:"27", label:"大阪府"},
    {cd:"28", label:"兵庫県"},
    {cd:"29", label:"奈良県"},
    {cd:"30", label:"和歌山県"},
    {cd:"31", label:"鳥取県"},
    {cd:"32", label:"島根県"},
    {cd:"33", label:"岡山県"},
    {cd:"34", label:"広島県"},
    {cd:"35", label:"山口県"},
    {cd:"36", label:"徳島県"},
    {cd:"37", label:"香川県"},
    {cd:"38", label:"愛媛県"},
    {cd:"39", label:"高知県"},
    {cd:"40", label:"福岡県"},
    {cd:"41", label:"佐賀県"},
    {cd:"42", label:"長崎県"},
    {cd:"43", label:"熊本県"},
    {cd:"44", label:"大分県"},
    {cd:"45", label:"宮崎県"},
    {cd:"46", label:"鹿児島県"},
    {cd:"47", label:"沖縄県"}
  ];
 // ループで option を生成
  for(var i=0;i<inner.length;i++){
    let op = document.createElement("option"); //optionタグを生成
    op.value = inner[i].cd; // cdを追加
    op.text = inner[i].label; // ラベルを追加
    document.getElementById("todoufuken").appendChild(op); // optionタグを追加
  }
  //1つ目のoptionタグに disabled を追加
  let todouoption = document.querySelectorAll("#todoufuken option");
    for(var i=0;i<todouoption.length;i++){
    todouoption[0].disabled = true;
  }
});

// optionが変更された時
function onsel(obj){
  document.getElementById("target").innerHTML = "<span>" + obj.options[obj.selectedIndex].text + "</span>を選択しました。";
  document.getElementById("target").style.display = "block";
}

都道府県の設置が完了したら、次にHTMLで設定した onchange のイベントハンドラで設定した関数を登録します。

登録する関数は、.innerHTML でタグと文字列を出力します。

CSS

CSSは、「吹き出し」にあたるHTMLの p タグと、セレクトボックスの select タグの2種を中心とした記述内容です。

.todoufukenBox {
    position: relative;
}
p#target {
    position: absolute;
    left: 50%;
    transform: translateX(-50%);
    background: #313131;
    color: #ccc;
    margin: 0;
    bottom: 130%;
    display: none;
    width: 300px;
    text-align: center;
    font-size: 0.8rem;
    padding: 7px 0;
    border-radius: 9999px;
    letter-spacing: 0.06rem;
    transition: 0.2s ease-in-out;
}
p#target:after {
    content: "";
    position: absolute;
    top: 100%;
    left: 50%;
    margin-left: -8px;
    border: 8px solid transparent;
    border-top: 8px solid #313131;
}
p#target span {
    font-weight: 600;
    color: #FFF;
}
select#todoufuken {
    margin: 0 auto;
    background: #FFF;
    height: 50px;
    text-indent: 10px;
    position: relative;
    max-width: 340px;
    border: solid 1px #707070;
}

さいごに

今回は、HTMLではなくJavaScriptを使ったセレクトボックスでした。

セレクトボックスは、選択肢の表示形式がかず多い選択肢があった場合に有効なUIで、この記事のようにJavaScriptで otpion を出力するとメンテがしやすい場合もあるので、ぜひ参考にしてみてください。