JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

テーブル

グラフ

背景

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

openBD

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptの.trim()でテキストの空白を削除

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

.trim()

JavaScriptの.trim()でテキストの空白を削除

JavaScriptの.trim()でテキストの空白を削除

テキストの両端にある空白を、JavaScriptの .trim() メソッドを使って削除します。

簡単なコードと内容ですが、参考にしてみてください。

.trim()

JavaScriptの .trim() は、文字列の両端の空白を削除するメソッドです。

const after = customTextIneer.trim();

「文字列の両端の空白」という部分が重要で、スペースやタブもこの空白に含まれます。

テキストの空白を削除したサンプル

早速サンプルです。

以下に「空白のあるテキスト」と「空白を削除したテキスト」の2種類の文字列がありますが、そのかぶの「空白を削除」ボタンをクリックすると、「空白を削除したテキスト」の両端の空白が削除されます。

     空白のあるテキスト     

     空白を削除したテキスト      

ボタンを押す前(「空白」が削除される前)のコード

サンプルでは「空白を削除」と表示されたボタンをクリックすることで「改行・空白」が削除された状態になります。

実際にボタンを押す前のコードは以下の通りです。

<p id="defaultText">     空白のあるテキスト     </p>
<p id="customText">     空白を削除したテキスト     </p>

ボタンを押した後(「空白」を削除した後)のコード

実際にボタンを押した後、以下のようなHTMLのコードになります。

<p id="defaultText">     空白のあるテキスト     </p>
<p id="customText">空白を削除したテキスト</p>
かかかず
かかかず

2行目の p タグの空白が全て削除されます。

実装の手順と方法

手順と方法

それぞれのコードの解説の前に、実装の手順と方法について簡単にご説明します。

かかかず
かかかず

コピペしてそのまま使うコードじゃないと思いますが、コピペの場合の手順についても解説しておきます。

HTMLを記述

はじめに、設置したい場所へHTMLを記述します。この記事のHTMLは以下の通りです。

<p id="defaultText">     空白のあるテキスト     </p>
<p id="customText">     空白を削除したテキスト     </p>
JavaScript

次に、JavaScriptのコードをページに記述します。これは、Swiperの動き方を指定するオプションです。

コードは <body>〜</body> で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

const customText = document.getElementById('customText');
const customTextIneer = customText.innerHTML;
console.log(customTextIneer);
const after = customTextIneer.trim();
console.log(after);
customText.innerHTML = after;

ざっくりとしたコードの解説

コードは、HTML・JavaScriptの2種です。見た目を整える部分はないので、CSSは割愛して順に解説していきます。

HTML

HTMLは、p タグ中に文字列が並ぶ構造で、それぞれの文字列の両端に空白を入れています。

<p id="defaultText">     空白のあるテキスト     </p>
<p id="customText">     空白を削除したテキスト     </p>

サンプルでは、2列目の「空白を削除したテキスト」の空白がボタンクリックで削除されます。

JavaScript

この記事のJavaScriptは、ざっくりいうと「文字列を取得→空白を削除→空白を削除した文字列を戻す」流れで、コード自体もシンプルな構造です。

const customText = document.getElementById('customText'); // 空白を削除するidの指定
const customTextIneer = customText.innerHTML; // 取得したidの中の文字列を取得
console.log(customTextIneer); // 文字列をコンソールに表示
const after = customTextIneer.trim(); // 文字列両端にある空白の削除
console.log(after); // 空白を削除した文字列をコンソールに表示
customText.innerHTML = after; // 空白を削除した文字列を指定idの中に戻す

複数要素の文字列の空白を削除して表示させるには、ループを使えばOKです。

さいごに

単品で使うコードではありませんが、応用して使ってみてください。