JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

テーブル

グラフ

背景

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

openBD

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptのwindow.scrollでボタンクリックすると一番上・一番下にスムーススクロール

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

JavaScriptのwindow.scrollでボタンクリックすると一番上・一番下にスムーススクロール

JavaScriptのwindow.scrollでボタンクリックすると一番上・一番下にスムーススクロール

CSSだけで、色々できるようになりましたよね。位置の細かい調整はできませんが、「スムーススクロール」もCSSだけで実装可能です。

そんなCSSのスムーススクロールにJavaScriptのコードを追加して、「一番上・一番下にそれぞれスムーススクロール」をさせるスニペットを作ってみました。

かかかず
かかかず

簡単なコードでできる内容です。

是非、最後までご覧いただけたら嬉しいです。

window.scroll

JavaScriptの window.scroll は、文書内の特定の位置までスクロールするメソッドです。

window.scroll({top: 0});

この記事では、window.scroll メソッドに scrollHeightclientHeight プロパティを加えてスムーススクロールをさせています。

ボタンクリックでスムーススクロールするサンプル

早速サンプルです。

2つのボタンが並んでいますが、表示の通り「一番上にスクロール」でページの一番上へ。「一番下にスクロール」でページの一番下にスクロールします。

スクロールは一気に飛ぶのではなく、滑らかにスクロールする「スムーススクロール」で移動します。

かかかず
かかかず

スムーススクロールじゃない方が今は少ないかもしれません。そんなスクロールをJavaScriptで作ります。

実装の手順と方法

手順と方法

各コードの解説の前に、実装の手順と方法について簡単にご説明します。

HTMLを記述

はじめに、ボタンを設置したい場所に以下のコードを記述します。

<button id="upScroll">一番上にスクロール</button>
<button id="downScroll">一番下にスクロール</button>
JavaScriptを記述

次に、JavaScriptのコードをページに記述します。

コードは <body>〜</body> で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

// 一番上へ
document.getElementById('upScroll').addEventListener('click', () => {
  var a = document.documentElement;
  var y = a.scrollHeight - a.clientHeight;
  window.scroll({top: 0});
});

// 一番下へ
document.getElementById('downScroll').addEventListener('click', () => {
  var a = document.documentElement;
  var y = a.scrollHeight - a.clientHeight;
  window.scroll(0, y);
});
CSSを記述

最後にCSSを記述して完了です。

html{
  scroll-behavior: smooth; // スムーススクロール
}

ざっくりとしたコードの解説

コードは、HTML・JavaScript・CSSの3種類です。順に解説していきます。

HTML

HTMLは、各id名を付与した button タグが並ぶシンプルな記述内容です。

<button id="upScroll">一番上にスクロール</button>
<button id="downScroll">一番下にスクロール</button>
かかかず
かかかず

メンテしやすいよう onclick にはせず、HTMLをシンプルにする方が好みだからこの記述です・・・。

JavaScript

JavaScriptは、「一番上へ」と「一番下へ」のそれぞれで .addEventListener のクリックイベントで処理で、スクロールさせる内容と位置を分けています。

// 一番上へ
document.getElementById('upScroll').addEventListener('click', () => {
  var a = document.documentElement;
  var y = a.scrollHeight - a.clientHeight;
  window.scroll({top: 0});
});

// 一番下へ
document.getElementById('downScroll').addEventListener('click', () => {
  var a = document.documentElement;
  var y = a.scrollHeight - a.clientHeight;
  window.scroll(0, y);
});

各処理内容で記述している scrollHeightclientHeight の内容は以下の通りです。

  • scrollHeight:要素の中身(ページ)の高さ
  • clientHeight:表示域(ブラウザ)の高さ

これで計算を行い、window.scroll で指定位置へスクロールをさせています。

CSS

CSSは以下の一文だけでスムーススクロールを実装可能です。

html{
  scroll-behavior: smooth; // スムーススクロール
}

スムーススクロールはこれだけのコードでOKですが、htmlタグへのプロパティ指定が必要なので、覚えておきましょう。

scroll-behavior: smooth; のデメリット

JavaScriptでスムーススクロールを実装する方法もあります。CSS だけで作る場合、スムーススクロールは細かな調整ができないデメリットがあるので、細かいアンカーのスクロールを入れる場合はJavaScriptの実装も検討するようにしましょう。

さいごに

ページの右下でよく見かける「トップに戻る」ボタンは、この記事のスニペットをベースにCSSの position:fixed を併用すれば簡単にできるので、是非参考にしてみてください。