JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptの.lastModifiedでページの最終更新日を表示

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

.lastModified

JavaScriptの.lastModifiedでページの最終更新日を表示

JavaScriptの.lastModifiedでページの最終更新日を表示

JavaScriptの .lastModified プロパティを使用して「そのページが、最後に更新された日時=最終更新日時」を表示します。

静的なページ向けのスニペットです

当記事でもサンプルで実装していますが、WordPressで動的にページが生成されています。その為、サンプルの日時は「常に現在日時」で表示されます。ので、静的に作成されたHTMLファイルの更新日時を表示したい場合に使いましょう。

簡単なので、参考にしてみてください。

.lastModified

JavaScriptの .lastModified は、現在の文書が最後に更新された日付と時刻を含む文字列を返すプロパティです。

var day = new Date(document.lastModified);
かかかず
かかかず

文字列そのままだと綺麗に表示できないので、少し整形する必要があります。

ページの最終更新日を表示したサンプル

早速サンプルです。

当該ページの「最終更新日」を取得して表示しています。

なんの変哲もないですが、こんな感じに日付を表示させます。

かかかず
かかかず

冒頭の解説の通り、動的なページなので、日付は現在のものだと思います。

実装の手順と方法

手順と方法

コードの解説の前に、実装の手順と方法について解説します。

HTMLを記述

まずはじめに、設置したい場所にHTMLのコードを記述します。

<div id="modDay"></div>

JavaScriptを記述

次に、JavaScriptのコードをページに記述します。これは、Swiperの動き方を指定するオプションです。

コードは <body>〜</body> で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

// 日付を取得
var day = new Date(document.lastModified);
var y = day.getFullYear();
var m = day.getMonth() + 1;
var d = day.getDate();

// 曜日を指定して出力
var week = new Array("日", "月", "火", "水", "木", "金", "土");
var w = week[day.getDay()];

//日にちの整形
if (m < 10) m = "0" + m;
if (d < 10) d = "0" + d;

// modDayに出力
modDay.innerHTML += "<span>更新日 </span>" + y + "年" + m + "月" + d + "日 (" + w + ")";
CSSを記述

最後に、CSSを記述して見た目を整えたら完了です。

#modDay {
    display: flex;
    justify-content: center;
    font-size: 1.2rem;
    letter-spacing: 0.04rem;
    align-items: center;
}
#modDay span {
    background: #313131;
    line-height: 1;
    font-size: 0.9rem;
    padding: 5px 10px;
    margin-right: 10px;
    border-radius: 3px;
    color: #eee;
}

ざっくりとしたコードの解説

コードはHTML・JavaScript・CSSの3種です。ざっくりですが、順に解説していきます。

HTML

HTMLは「modDay」のid名が付与された div タグ。これだけです。

<div id="modDay"></div>

この要素にJavaScriptの .innerHTML プロパティを使って、要素の中身に最終更新日を挿入させます。

JavaScript

JavaScriptは、冒頭に「日付を取得」して、その後任意の形に整形していき出力します。

// 日付を取得
var day = new Date(document.lastModified);
var y = day.getFullYear();
var m = day.getMonth() + 1;
var d = day.getDate();

// 曜日を指定して出力
var week = new Array("日", "月", "火", "水", "木", "金", "土");
var w = week[day.getDay()];

//日にちの整形
if (m < 10) m = "0" + m;
if (d < 10) d = "0" + d;

// modDayに出力
modDay.innerHTML += "<span>更新日 </span>" + y + "年" + m + "月" + d + "日 (" + w + ")";

曜日を追加する為、曜日の配列を作り day.getDay() として配列の値を取得します。

getMonth()

getMonth() で取得する「月」は、最初に取得する1月が 0 のため、実際の月より1ヶ月少なく表示されてしまいます。その為、day.getMonth() + 1; と書き、+1 を追加します。

CSS

CSSですが、シンプルな内容で出力した日付を少し整える程度の内容です。

#modDay {
    display: flex;
    justify-content: center;
    font-size: 1.2rem;
    letter-spacing: 0.04rem;
    align-items: center;
}
#modDay span {
    background: #313131;
    line-height: 1;
    font-size: 0.9rem;
    padding: 5px 10px;
    margin-right: 10px;
    border-radius: 3px;
    color: #eee;
}

出力された文字列の並びを整えているだけなので、設置場所にあわせてカスタマイズしましょう。

さいごに

頻繁に使うものではないと思いますが、静的なページで使えるケースもあるかと思うので、その時はぜひ使ってみてください。