JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

テーブル

グラフ

背景

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

openBD

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptのchildで子要素の順番を指定して取得

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

child

JavaScriptのchildで子要素の順番を指定して取得

JavaScriptのchildで子要素の順番を指定して取得

親要素に、子要素が複数あるブロックがある場合、JavaScriptの .firstElementChild .children[n] .lastElementChild のプロパティを使って、子要素の順番を指定して取得します。

今回は、このプロパティを使って何かUIを作る感じではなく説明が主体の内容ですが、是非最後までご覧いただけると嬉しいです。

各子要素を取得して表示を変えるサンプル

はじめに、イメージを掴む用のサンプルからご覧ください。

下部にあるボタンには、それぞれ今回の記事で出てくるプロパティ名が記載されています。それらのボタンをクリックすると、対応する要素の表示が切り替わる仕組みです。

  • 最初の要素
  • 2個目の要素
  • 3個目の要素
  • 4個目の要素
  • 5個目の要素
  • 最後の要素

サンプルに使っているHTML・JavaScriptのコードも、以下に記載しておきます。気になる方はこちらも参考にしてみてください。

<ul id="parentList">
  <li>最初の要素</li>
  <li>2個目の要素</li>
  <li>3個目の要素</li>
  <li>4個目の要素</li>
  <li>5個目の要素</li>
  <li>最後の要素</li>
</ul>

<div class="btnWrapper">
  <button id="firstBtn">.firstElementChild</button>
  <button id="secondBtn">.children[1]</button>
  <button id="fourthBtn">.children[3]</button>
  <button id="lastBtn">.lastElementChild</button>
</div>

<script>
var list = document.getElementById("parentList");

document.getElementById("firstBtn").addEventListener('click', (e) => {
  // firstElementChild で最初の要素
  list.firstElementChild.classList.add('classplus');
  e.target.classList.add('clickon');
},{ once: true });


document.getElementById("secondBtn").addEventListener('click', (e) => {
  // children[1] で2個目の要素
  list.children[1].classList.add('classplus');
  e.target.classList.add('clickon');
},{ once: true });

document.getElementById("fourthBtn").addEventListener('click', (e) => {
  // children[3] で4個目の要素
  list.children[3].classList.add('classplus');
  e.target.classList.add('clickon');
},{ once: true });

document.getElementById("lastBtn").addEventListener('click', (e) => {
  // lastElementChild で最後の要素
  list.lastElementChild.classList.add('classplus');
  e.target.classList.add('clickon');
},{ once: true });
</script>

子要素の順番を取得する各プロパティ

今回、以下3種のプロパティを使います。

この3種のプロパティで、親要素に含有される複数の子要素から順番を指定して取得します。

  • 最初の子要素を取得する「.firstElementChild」
  • n番目の要素を取得する「.children[n]」
  • 最後の子要素を取得する「lastElementChild」

これらは参照専用のElement で返すプロパティで、HTML要素のオブジェクトなどを含む要素を表すオブジェクトです。

かかかず
かかかず

あくまで「参照専用」なので注意しましょう。

文字だけだと分かりづらい部分もあるかと思うので、それぞれどの順番の要素を取得するものなのか?のサンプルも交え見ていきます。

最初の子要素を取得する「.firstElementChild」

最初の子要素を取得する .firstElementChild のプロパティです。

.firstElementChild で取得する子要素が分かるよう、取得した箇所に黒く色塗りがされるサンプルを以下に作りました。

  • 最初の要素
  • 2個目の要素
  • 3個目の要素
  • 4個目の要素
  • 5個目の要素
  • 最後の要素

上記のサンプルでは、親要素に ul タグを置き子要素に6つの li タグを配置しています。

このように、プロパティの .firstElementChild を使って、一番初めの子要素を Element で返します。

「.firstElementChild」の構文

.firstElementChild の構文は、以下の通りです。

element.firstElementChild.classList.add('classplus');

n番目の要素を取得する「.children[n]」

.children[n] は、[n]番目の子要素を取得するプロパティです。

以下のサンプルでは、.children[1]で2番目の要素。.children[3] で4番目の要素を指定しています。

  • 最初の要素
  • 2個目の要素
  • 3個目の要素
  • 4個目の要素
  • 5個目の要素
  • 最後の要素

プロパティの .children[n] を使うと、[n]番目の子要素を Element で返します。

「.children[n]」の構文

.children[n] の構文は、以下の通りです。

element.children[n].classList.add('classplus');

.children[n] の[n]で順番を指定できるので、最初の子要素・最後の子要素の取得もできるので、汎用性は高いプロパティです。

かかかず
かかかず

最初の子要素を取得する場合は、.children[0]と書けばOKです。

最後の子要素を取得する「.lastElementChild」

.lastElementChild は、最後にある子要素を取得するプロパティです。

  • 最初の要素
  • 2個目の要素
  • 3個目の要素
  • 4個目の要素
  • 5個目の要素
  • 最後の要素

上記のように、一番最後にある子要素を Element で返します。

「.lastElementChild」の構文

.lastElementChild の構文は、以下の通りです。

element.lastElementChild.classList.add('classplus');

さいごに

あくまでプロパティなので、使い方としてはまず親要素を取得して、その次に子要素を取得する流れで使うことが多いと思います。

特に、今回のサンプルのようなリストやテーブルの要素が多いシチュエーションで使うと便利なので、是非参考にしてみてください。

UI

  • 他のウィンドウが開くことができないポップアップのUIです。

    モーダル

    モーダル

  • 並列な関係を持つ情報を1つずつ格納するUIです。

    タブ

    タブ

  • サイドから全体を覆うほど大きいメニュー表示するUIです。

    ドロワー

    ドロワー

  • 画像などのコンテンツをスライド表示させるUIです。

    スライダー

    スライダー

  • スクロールで表示が変化するスニペットです。

    スクロール

    スクロール

  • クリックすると隠れていた部分が開閉するUIです。

    アコーディオン

    アコーディオン

  • ページのhタグを取得して目次を生成するスニペットです。

    目次

    目次

  • ページの読み込み時にアニメーションをするスニペットです。

    ローディングアニメーション

    ローディングアニメーション

  • マウスオーバーした際に表示される補足説明です。

    ツールチップ

    ツールチップ

  • ページ内上部にあるナビゲーションUIです。

    ヘッダー

    ヘッダー

  • 行と列の組み合わせでできているUIです。

    テーブル

    テーブル

  • データを表やグラフで可視化して見せるUIです。

    グラフ

    グラフ

  • 背景をアニメーションで動かすスニペットです。

    背景

    背景

フォーム

  • ラジオボタン、チェックボックス、ドロップダウンリストなどを通じて、ユーザーが入力できるUIです。

    フォーム

    フォーム

文字

  • 文字列をJavaScriptで装飾・動きをつけるスニペットです。

    文字の装飾

    文字の装飾

  • 文字列の操作をして、置換・変更を行うスニペットです。

    文字の操作

    文字の操作

  • 文字列をカウントして表示などを行うスニペットです。

    文字のカウント

    文字のカウント

  • 数字の要素を取得して、変更するスニペットです。

    数字の操作

    数字の操作

ウィンドウ

classの操作

  • 要素を取得して、classを追加・削除するスニペットです。

    classの操作

    classの操作

要素の操作

API

  • WordPressのAPIを取得して表示するスニペットです。

    WP REST API

    WP REST API

  • Google Books APIsで書籍の情報を表示するスニペットです。

    Google Books APIs

    Google Books APIs

  • 楽天市場のAPIを取得して表示するスニペットです。

    楽天市場API

    楽天市場API

  • openBDのAPIを取得して表示するスニペットです。

    openBD

    openBD

画像・動画

  • 画像を取得して、アニメーションなどの変化を加えるスニペットです。

    画像の操作

    画像の操作

  • YouTubeの動画を表示するスニペットです。

    YouTube

    YouTube

リンク

  • ページ内のリンクを取得して変更・操作するスニペットです。

    リンク

    リンク

  • Google Analyticsとの連携をするスニペットです。

    Google Analytics

    Google Analytics

cookie

  • ブラウザのcookieを利用するスニペットです。

    cookie

    cookie

検索

  • 指定した要素の中から検索を行うスニペットです。

    検索

    検索