JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

テーブル

グラフ

背景

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

openBD

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptのIntersectionObserverでスクロールして表示されたブロックにclassの付与

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

IntersectionObserver

JavaScriptのIntersectionObserverでスクロールして表示されたブロックにclassの付与

JavaScriptのIntersectionObserverでスクロールして表示されたブロックにclassの付与

今回は、PhotoshopVIP」のレイアウト紹介記事を基にした内容です。

かかかず
かかかず

目から鱗の記事だったので、早速使ってみたかったのもあります。

スワイプエフェクトをCSSメインで、コード量も少なく実装できてしまうので、是非最後までご覧ください。

スワイプエフェクトで使用するCSS

スワイプエフェクトは、ページをスクロールすると、コンテンツが重なり合うレイアウトで、「PhotoshopVIP」さんで紹介されたCSSのみでできるスタイリングです。

.scroll-container {
  height: 100vh;
  overflow-y: scroll;
  scroll-snap-type: y mandatory;
}

.section {
  height: 100vh;
  scroll-snap-align: start;
  scroll-snap-stop: always;
}

詳細の内容は以下の参考記事から見れるので、こちらの記事も参考にしてみてください。

かかかず
かかかず

CSSのみで簡単に実装できるので、めちゃめちゃ便利です。

この記事ではこのCSSをベースに、表示されたブロックにclass名をあてるスニペットを解説していきます。

スワイプエフェクトで切り替わるサンプル

早速サンプルです。

5つのブロックからなるページで、スクロールすると各ブロックがウィンドウにピッタリ収まって表示されます。

リンク スワイプエフェクトのサンプルページ

1枚目のブロックだけ、スクロールすると2枚目が上にかぶさるようにしています。

かかかず
かかかず

フルサイズの縦スライダーをCSSだけでできるレイアウトです。

実装の手順と方法

手順と方法

コードの解説の前に、実装の手順と方法について簡単にご説明します。

HTMLを記述

HTMLで記述します。

<div class="scroll-container">
	<section class="section">
		<h1 id="mainLogo">
			<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/mainlogo.svg" alt="ロゴ">
		</h1>
		<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/001_building.jpg" class="bgImg">
	</section>
	<section class="section">
		<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/002_building.jpg" class="bgImg">
	</section>
	<section class="section">
		<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/003_building.jpg" class="bgImg">
	</section>
	<section class="section">
		<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/004_business.jpg" class="bgImg">
	</section>
	<section class="section">
		<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/005_business.jpg" class="bgImg">
	</section>
</div>	

JavaScriptの記述

次に、JavaScriptのコードをページに記述します。

コードは <body>〜</body> で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

const doObserve = (element) => {
  const targets = document.querySelectorAll('.section'); /* ターゲットの指定 */
  const options = {
    root: null,
    rootMargin: '0px',
    threshold: 0
  };
  const observer = new IntersectionObserver((items) => {
    items.forEach((item) => {
      if (item.isIntersecting) {
        item.target.classList.add('scrollon'); /* スクロールでターゲットに付与するclassの指定 */
      } else {
        item.target.classList.remove('scrollon'); /* 表示域から外れた時にターゲットから削除するclassの指定 */
      }
    });
  }, options);
  Array.from(targets).forEach((target) => {
    observer.observe(target);
  });
};
doObserve('.observe_target');
CSSを記述

最後にCSSの記述です。

.scroll-container {
  height: 100vh;
  overflow-y: scroll;
  scroll-snap-type: y mandatory;
}

.section {
  width: 100%;
  height: 100vh;
  scroll-snap-align: start;
  scroll-snap-stop: always;
  position: relative;
}
.section:first-child {
    position: sticky;
    top: 0;
}
	
.section .bgImg {
  object-fit: cover;
  object-position: center;
  width: 100%;
  position: relative;
}

body {
  margin: 0;
}

h1#mainLogo {
    position: absolute;
    top: 50%;
    z-index: 1;
    left: 50%;
    transform: translate(-50%, -50%);
}
h1#mainLogo img {
    width: 320px;
    height: 320px;
}
かかかず
かかかず

これで完成です!

ざっくりとしたコードの解説

コードについてざっくりですが解説します。コードはHTML・JavaScript・CSSの3種類です。

HTML

HTMLは、「scroll-container」のclass名を持つ親の div タグに、「section」のclass名の section タグがそれぞれスクロールした時にピタッとウィンドウに収まるブロックです。

<div class="scroll-container">
	<section class="section">
		<h1 id="mainLogo">
			<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/mainlogo.svg" alt="ロゴ">
		</h1>
		<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/001_building.jpg" class="bgImg">
	</section>
	<section class="section">
		<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/002_building.jpg" class="bgImg">
	</section>
	<section class="section">
		<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/003_building.jpg" class="bgImg">
	</section>
	<section class="section">
		<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/004_business.jpg" class="bgImg">
	</section>
	<section class="section">
		<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/07/005_business.jpg" class="bgImg">
	</section>
</div>	

1個目のブロックには、h1 タグで重ねるロゴを置いています。

JavaScript

JavaScriptは、「ターゲットの指定」を行い、条件分岐で処理方法をそれぞれ記述します。

const doObserve = (element) => {
  const targets = document.querySelectorAll('.section'); /* ターゲットの指定 */
  const options = {
    root: null,
    rootMargin: '0px',
    threshold: 0
  };
  const observer = new IntersectionObserver((items) => {
    items.forEach((item) => {
      if (item.isIntersecting) {
        item.target.classList.add('scrollon'); /* スクロールでターゲットに付与するclassの指定 */
      } else {
        item.target.classList.remove('scrollon'); /* 表示域から外れた時にターゲットから削除するclassの指定 */
      }
    });
  }, options);
  Array.from(targets).forEach((target) => {
    observer.observe(target);
  });
};
doObserve('.observe_target');

具体的には、冒頭にある option で「root」のキーを「null」に設定することで、要素がウィンドウに入ったかどうかの検知ができるようになります。

そして、検知された時に実行される処理は、まず IntersectionObserverを作成し、要素に対しての検知を行なっていくと、検知したオブジェクトを取得できるようになります。

CSS

CSSは

「scroll-container」のclass名には、scroll-snap-type: y mandatory; で y 方向にスナップ点を強制的に移動させるプロパティを記述。そして、「section」のclass名を持つ要素には、 scroll-snap-align: start; でスクロールスナップ領域の先頭位置をスナップ位置にして、scroll-snap-stop: always; ですべてのポイントにスクロールを可能な限りスナップさせてスナップスクロールを作ります。

.scroll-container {
  height: 100vh;
  overflow-y: scroll;
  scroll-snap-type: y mandatory;
}

.section {
  width: 100%;
  height: 100vh;
  scroll-snap-align: start;
  scroll-snap-stop: always;
  position: relative;
}
.section:first-child {
    position: sticky;
    top: 0;
}
	
.section .bgImg {
  object-fit: cover;
  object-position: center;
  width: 100%;
  position: relative;
}

body {
  margin: 0;
}

h1#mainLogo {
    position: absolute;
    top: 50%;
    z-index: 1;
    left: 50%;
    transform: translate(-50%, -50%);
}
h1#mainLogo img {
    width: 320px;
    height: 320px;
}

そして、1個目のブロックがスクロールした時に2個目のブロックが上から重なるようになるよう擬似要素の「:first-child」で position: sticky; プロパティを記述します。

また、親要素と各ブロックの高さを 100vh にして、画面にちょうどフィットさせるようにします。

かかかず
かかかず

スマホに最適なコードは書いていないので、使う場合は別途書くようにしましょう。

さいごに

今回は以下の記事を参考に、JavaScriptでclass名の追加・削除の方法を解説しましたが、参考元の記事には、この他にも使えるテクニックが多数紹介されているので、参考にしてみてください。