JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptの.scrollTopでスクロールしたらヘッダーの高さ・大きさを可変

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

.scrollTop

JavaScriptの.scrollTopでスクロールしたらヘッダーの高さ・大きさを可変

JavaScriptの.scrollTopでスクロールしたらヘッダーの高さ・大きさを可変

当サイトでも実装されている「スクロールでヘッダー可変」を、改めてネイティブなJavaScriptで作りました。

と言っても、「可変をするヘッダー」の実装はかなり簡単なコードで可能なので、参考にしてみてください。

SampleのHeader

.scrollTop

.scrollTop は、要素の内容が現在のスクロール位置を取得・設定するプロパティです。ウィンドウ内のスクロールが一番上にある状態や、そもそもスクロールがない場合に「0」になります。

一例として、.scrollTop を使った記述は以下の通りです。

const y = document.body.scrollTop;

上記の例の場合、縦にどれくらいスクロールしたかを取得します。.addEventListener

かかかず
かかかず

この記事では .scrollTop プロパティに .addEventListener スクロールを絡めてスニペットを作っています。

可変のヘッダーサンプル

早速サンプルです。

以下はこのページをキャプチャした動画ですが、このように下方へスクロールすると上部に固定されているヘッダーが可変しながら、少し透過して小さくなります

そして、またページの最上部へスクロールすると元の状態へ戻ります。

サンプルのコード

コードはHTML・JavaScript・CSSの3種類です。コード量は少なめですが、順に解説していきます。

HTML

HTMLは、任意のid名をdivタグに付与したこの一文のみです。

<div id="header">SampleのHeader</div>

サンプルでは、idに「header」という名前をつけています。

JavaScript

JavaScriptでは、.addEventListener のスクロールをトリガーにして、Y方向の80pxを境にして if で処理を分岐します。

window.addEventListener('scroll', function(){
  if (document.body.scrollTop > 80 || document.documentElement.scrollTop > 80) {
    document.getElementById("header").style.height = "40px";
    document.getElementById("header").style.background = "rgb(255,255,255,.4)";
  } else {
    document.getElementById("header").style.height = "80px";
    document.getElementById("header").style.background = "rgb(255,255,255,1)";
  }
});

上記のように80pxを超えた場合には、高さを40pxに可変して透過にし、ページ最上部から80px以内に戻ると、サイズと透過もなくなります。

かかかず
かかかず

もしも、スクロール可変じゃなく、色々とデザインを変更する場合は、toggle メソッドを使った方がいいでしょう。

CSS

可変する時のサイズと背景色は、JavaScriptでプロパティを書き換えるので、CSSのコードも少なくなっています。

#header {
    background-color: #FFF;
    padding: 0;
    color: #313131;
    font-weight: bold;
    position: fixed;
    top: 0;
    width: 100%;
    transition: 0.3s;
    height: 80px;
    left: 0;
    z-index: 99;
    display: flex;
    justify-content: center;
    align-items: center;
    margin: 0;
    box-shadow: 0 3px 6px rgb(0 0 0 / 18%);
}
かかかず
かかかず

CSSはこれだけですが、ヘッダーの中にメニューを置いた場合はこれに加えて色々書いていく感じです。