JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

テーブル

グラフ

背景

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

openBD

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptのlocation.hrefでドロップダウンメニューのリンク

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

JavaScriptのlocation.hrefでドロップダウンメニューのリンク

JavaScriptのlocation.hrefでドロップダウンメニューのリンク

JavaScriptの location.href を使って、リンク一覧のドロップダウンメニューを作ってみました。

location.href

locationで取得できる情報は複数ありますが、location.hrefでは、現在表示している Web ページ の URL を参照することができます。

locationで取得できる情報

locationで取得できる情報は以下の通りです。

  • location.href …… 現在ページURLを参照する
  • location.protocol …… 現在ページURLのプロトコルを参照する
  • location.hostname …… 現在ページURLのホスト名を参照する
  • location.host …… 現在ページURLのホスト情報を参照する
  • location.port …… 現在ページURLのポート番号を参照する
  • location.pathname …… 現在ページURLのパス名を参照する
  • location.search …… 現在ページURLのサーチ情報を参照する
  • location.hash …… 現在ページURLのハッシュ部分を参照する
  • location.reload() …… ページをリロード(再読み込み)する
  • location.replace() …… 指定したページへ移動する

上記のようにたくさんありますが、この記事ではURLを参照するlocation.hrefを使ったスニペットで、ドロップダウンメニューを作っています。

location.hrefでドロップダウンメニューのサンプル

ドロップダウンメニューのサンプルです。

「ここでリンクを選ぶ」を選択すると、ドロップダウンでリンクが開きます。そして、リンクを選んだ後にその横にある「リンクへ」のボタンクリックで、ページ遷移する仕組みです。

かかかず
かかかず

ドロップダウンは、WebのUIでは最近あまり見かけなくなりました。

ドロップダウンメニューのコード

option タグの中に遷移させたいリンクURLを記述して、ボタンをクリックすると設定したページに遷移します。

HTMLの記述方法は、このように非常にシンプルです。

<form action="#" name="hrefform">
<select name="hrefselect">
<option value="#">ここでリンクを選ぶ
<option value="https://dubdesign.net/">HOME
<option value="https://dubdesign.net/javascript/addeventlistener-drawer/">記事のリンク1
<option value="https://dubdesign.net/javascript/tolowercase-search/">記事のリンク2
</select>
<input type="button" value="リンクへ" onclick="url_jump();">
</form>
かかかず
かかかず

optionタグの valueに、移動先の URL とドロップダウンに表示される名前を記述しましょう。

また、JavaScriptのコードもシンプルで、url_jump() の関数宣言のみでOKです。

function url_jump() {
	location.href = document.hrefform.hrefselect.value;
}

document.フォーム名(ここではhrefform).エレメント名(ここではhrefselect).options[n].value とすると、取得したい option の value 値を取得することができます。

参考

UI

  • 他のウィンドウが開くことができないポップアップのUIです。

    モーダル

    モーダル

  • 並列な関係を持つ情報を1つずつ格納するUIです。

    タブ

    タブ

  • サイドから全体を覆うほど大きいメニュー表示するUIです。

    ドロワー

    ドロワー

  • 画像などのコンテンツをスライド表示させるUIです。

    スライダー

    スライダー

  • スクロールで表示が変化するスニペットです。

    スクロール

    スクロール

  • クリックすると隠れていた部分が開閉するUIです。

    アコーディオン

    アコーディオン

  • ページのhタグを取得して目次を生成するスニペットです。

    目次

    目次

  • ページの読み込み時にアニメーションをするスニペットです。

    ローディングアニメーション

    ローディングアニメーション

  • マウスオーバーした際に表示される補足説明です。

    ツールチップ

    ツールチップ

  • ページ内上部にあるナビゲーションUIです。

    ヘッダー

    ヘッダー

  • 行と列の組み合わせでできているUIです。

    テーブル

    テーブル

  • データを表やグラフで可視化して見せるUIです。

    グラフ

    グラフ

  • 背景をアニメーションで動かすスニペットです。

    背景

    背景

フォーム

  • ラジオボタン、チェックボックス、ドロップダウンリストなどを通じて、ユーザーが入力できるUIです。

    フォーム

    フォーム

文字

  • 文字列をJavaScriptで装飾・動きをつけるスニペットです。

    文字の装飾

    文字の装飾

  • 文字列の操作をして、置換・変更を行うスニペットです。

    文字の操作

    文字の操作

  • 文字列をカウントして表示などを行うスニペットです。

    文字のカウント

    文字のカウント

  • 数字の要素を取得して、変更するスニペットです。

    数字の操作

    数字の操作

ウィンドウ

classの操作

  • 要素を取得して、classを追加・削除するスニペットです。

    classの操作

    classの操作

要素の操作

API

  • WordPressのAPIを取得して表示するスニペットです。

    WP REST API

    WP REST API

  • Google Books APIsで書籍の情報を表示するスニペットです。

    Google Books APIs

    Google Books APIs

  • 楽天市場のAPIを取得して表示するスニペットです。

    楽天市場API

    楽天市場API

  • openBDのAPIを取得して表示するスニペットです。

    openBD

    openBD

画像・動画

  • 画像を取得して、アニメーションなどの変化を加えるスニペットです。

    画像の操作

    画像の操作

  • YouTubeの動画を表示するスニペットです。

    YouTube

    YouTube

リンク

  • ページ内のリンクを取得して変更・操作するスニペットです。

    リンク

    リンク

  • Google Analyticsとの連携をするスニペットです。

    Google Analytics

    Google Analytics

cookie

  • ブラウザのcookieを利用するスニペットです。

    cookie

    cookie

検索

  • 指定した要素の中から検索を行うスニペットです。

    検索

    検索