JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptのlocation.hrefで現在のページURLを取得してヘッダーの一致した要素に下線を表示

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

location.href

JavaScriptのlocation.hrefで現在のページURLを取得してヘッダーの一致した要素に下線を表示

JavaScriptのlocation.hrefで現在のページURLを取得してヘッダーの一致した要素に下線を表示

JavaScriptの location.href を使って、ヘッダーのメニューでURLが一致した要素にclass名を付けて、表示を切り替えます。

備忘録的な内容ですが、ぜひ参考にしてみてください。

location.href

JavaScriptの location.href は、現在のページURLを参照するプロパティです。

// 現在のURLを取得
const href = location.href;
// 指定URLに移動させる場合
location.href = 'http://www.yahoo.co.jp/';

この記事では、location.href プロパティを使い、ページのURLによって実行する処理で表示を切り替えます。

一致した要素に下線が表示されるヘッダーのサンプル

早速サンプルです。

以下ヘッダーの「テスト2」の a タグに、この記事のURLを設定しています。

この記事を開いた時に、ページのURLを取得して、hrefに設定したURLが一致する「テスト2」に classの「current」が付与されて、黒い下線が表示されます。

実装の手順と方法

手順と方法

コードの解説の前に、実装の手順と方法について解説します。

HTMLを記述

まずはじめに、HTMLでコードを記述します。

<div class="headerBlock">
<a class="logo" href="#home">LOGO</a>
<ul class="navList">
<li><a href="#abc">テスト1</a></li>
<li><a href="https://dubdesign.net/javascript/header-current/">テスト2</a></li>
<li><a href="#def">テスト3</a></li>
<li><a href="#hij">テスト4</a></li>
</ul>
</div>

今回のコードでは、サンプル用に div タグで擬似的に作っていますが、ヘッダーなら header タグで記述するようにしましょう。

JavaScriptを記述

次にJavaScriptを記述します。

コードは <body>〜</body>で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

// 現在のURLを取得
const href = location.href;
// ヘッダーの中のaタグを全部取得
var links = document.querySelectorAll(".navList > li > a");

// ループでURLと一致したaタグに current を付ける。
for (var i = 0; i < links.length; i++) {
  if (links[i].href == href) {
    document.querySelectorAll(".navList > li")[i].classList.add("current");
  }
}

CSSを記述

最後にCSSを記述して、見た目を整えましょう。

.headerBlock {
    display: flex;
    justify-content: space-between;
    align-items: center;
    background: #fff;
    padding: 0 20px;
}
.headerBlock a {
    text-decoration: none;
    transition: 0.3s ease-in-out;
}
.headerBlock a:hover, ul.navList li.current a {
    color: #313131;
}
a.logo {
    font-size: 1.4rem;
    font-weight: 500;
    letter-spacing: 0.08rem;
}
ul.navList {
    margin: 0;
    border: none;
    list-style: none;
    display: flex;
    gap: 10px;
    justify-content: flex-end;
    padding: 0;
}
ul.navList li {
    padding: 0;
    position: relative;
}
ul.navList li:after {
    position: absolute;
    bottom: 0;
    left: 0;
    width: 100%;
    height: 3px;
    content: "";
    transition: transform 0.3s ease-in-out;
    transform: scale(0, 1);
    transform-origin: left top;
    background: #313131;
}
ul.navList li:hover:after, ul.navList li.current:after {
    transform: scale(1, 1);
}
ul.navList li a {
    height: 60px;
    line-height: 60px;
    padding: 0 5px;
    display: inline-block;
}

かかかず
かかかず

これで完成です。

ざっくりとしたコードの解説

コードは、HTML・JavaScript・CSSの3種類です。順に解説していきます。

HTML

HTMLは「headerBlock」の要素に、a タグでロゴ。li のリストタグに各メニューにあたる a タグを入れています。

<div class="headerBlock">
<a class="logo" href="#home">LOGO</a>
<ul class="navList">
<li><a href="#abc">テスト1</a></li>
<li><a href="https://dubdesign.net/javascript/header-current/">テスト2</a></li>
<li><a href="#def">テスト3</a></li>
<li><a href="#hij">テスト4</a></li>
</ul>
</div>

メニューのテスト2には、当記事のURLを絶対パスで記述しています。

JavaScript

JavaScriptは大きく分けて「現在のURLを取得」「メニューの a タグを取得」「ループで一致した a タグにclass名を付与」の3つです。

// 現在のURLを取得
const href = location.href;
// ヘッダーの中のaタグを全部取得
var links = document.querySelectorAll(".navList > li > a");

// ループでURLと一致したaタグに current を付ける。
for (var i = 0; i < links.length; i++) {
  if (links[i].href == href) {
    document.querySelectorAll(".navList > li")[i].classList.add("current");
  }
}

CSS

CSSは、flexboxでヘッダーのレイアウトを作り、「current」のclassがつく前と後の記述です。

.headerBlock {
    display: flex;
    justify-content: space-between;
    align-items: center;
    background: #fff;
    padding: 0 20px;
}
.headerBlock a {
    text-decoration: none;
    transition: 0.3s ease-in-out;
}
.headerBlock a:hover, ul.navList li.current a {
    color: #313131;
}
a.logo {
    font-size: 1.4rem;
    font-weight: 500;
    letter-spacing: 0.08rem;
}
ul.navList {
    margin: 0;
    border: none;
    list-style: none;
    display: flex;
    gap: 10px;
    justify-content: flex-end;
    padding: 0;
}
ul.navList li {
    padding: 0;
    position: relative;
}
ul.navList li:after {
    position: absolute;
    bottom: 0;
    left: 0;
    width: 100%;
    height: 3px;
    content: "";
    transition: transform 0.3s ease-in-out;
    transform: scale(0, 1);
    transform-origin: left top;
    background: #313131;
}
ul.navList li:hover:after, ul.navList li.current:after {
    transform: scale(1, 1);
}
ul.navList li a {
    height: 60px;
    line-height: 60px;
    padding: 0 5px;
    display: inline-block;
}

下線は :after の擬似要素で作り、:hover で表示が切り替わる記述内容です、

さいごに

先生

今回は、location.href でそのページのURLを取得して表示を切り替える内容でしたが、ページ遷移もコードで表現することができるので、参考にして色々試してみてください。