JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

テーブル

グラフ

背景

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

openBD

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptのwindow.innerHeightで右下にトップに戻るボタンを追従させて表示

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

window.innerHeight

JavaScriptのwindow.innerHeightで右下にトップに戻るボタンを追従させて表示

JavaScriptのwindow.innerHeightで右下にトップに戻るボタンを追従させて表示

JavaScriptなしでも作れるオブジェクトですが、JavaScriptの window.innerHeight を使って、少しスクロールした時に表示される「トップに戻る」ボタンを作ります。

是非、最後までご覧いただけると嬉しいです。

window.innerHeight

JavaScriptの innerHeight は、ウィンドウの内部の高さをピクセル単位で返すプロパティです。

const windowBottom = window.innerHeight;
かかかず
かかかず

「ウィンドウの高さ」を取得するプロパティです。

このプロパティはスクロールバーのサイズも含まれた高さを取得するので、スクロールバーを引いた高さを取得する場合には clientHeight() プロパティを使います。

トップに戻るボタンを表示するサンプル

ブラウザのコンテンツ領域の高さを取得する window.innerHeight で設定しています。ので、デフォルトでこのページをみた時のウィンドウサイズを超過すると「トップに戻る」ボタンが表示されます。

かかかず
かかかず

この記事でも、下にスクロールすると「トップに戻る」ボタンが表示されます。

実装の手順と方法

手順と方法

コードの解説の前に、ざっくりとした実装の手順と方法について解説します。a タグはJavaScriptで挿入するので、2つのSTEPで完了します。

JavaScriptを記述

はじめに、JavaScriptを記述します。

コードは <body>〜</body>で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

// bodyタグを取得
const documentBody = document.querySelector('body');
// aタグをbodyタグ直下に追加
var newElement = document.createElement("a");
newElement.setAttribute("class","backToTop");
documentBody.prepend(newElement);
newElement.href = "#";

// ウィンドウサイズを取得
const windowBottom = window.innerHeight;
console.log(windowBottom);
const topBtn = document.querySelector('.backToTop');
// スクロールで表示
window.addEventListener('scroll', ()=> {
    const scrollTop = window.pageYOffset || document.documentElement.scrollTop;
    if (scrollTop >= windowBottom) {
    topBtn.style.opacity = 0.6;
    topBtn.style.pointerEvents = "auto";
    }
    else {
    topBtn.style.opacity = 0;
    topBtn.style.pointerEvents = "none";
    }
});
CSSを記述

CSSを書きましょう。これで見た目を整えたら完了です。

/* スムーススクロール */
html{
  scroll-behavior: smooth;
}
/* トップに戻るボタン */
a.backToTop {
    background: #5ba9f7;
    width: 55px;
    height: 55px;
    position: fixed;
    right: 50px;
    bottom: 50px;
    opacity: 0;
    z-index: 999;
    border-radius: 9999px;
    display: inline-block;
    transition: opacity 0.8s;
    pointer-events: none;
}
/* 上三角 */
a.backToTop:before {
    display: inline-block;
    color: #FFF;
    line-height: 1;
    width: 0.8rem;
    height: 0.8em;
    border: 0.2em solid currentColor;
    border-left: 0;
    border-bottom: 0;
    box-sizing: border-box;
    content: "";
    z-index: 1000;
    opacity: 1;
    left: 50%;
    top: 55%;
    position: absolute;
    transform: translate(-50%, -50%) rotate(-45deg);
}
/* hover時 */
a.backToTop:hover {
    opacity: 0.8 !important;
}
かかかず
かかかず

あっさりですが、これで完了です。

ざっくりとしたコードの解説

コードはJavaScript・CSSの2種類です。ざっくりですが、順に解説していきます。

JavaScript

JavaScriptは、冒頭でまず「body タグ直下に a タグを追加」「ウィンドウサイズを取得」します。その次に、「ウィンドウサイズを取得」して「スクロールでトップに戻るボタンを表示」させます。

// bodyタグを取得
const documentBody = document.querySelector('body');
// aタグをbodyタグ直下に追加
var newElement = document.createElement("a");
newElement.setAttribute("class","backToTop");
documentBody.prepend(newElement);
newElement.href = "#";

// ウィンドウサイズを取得
const windowBottom = window.innerHeight;
console.log(windowBottom);
const topBtn = document.querySelector('.backToTop');
// スクロールで表示
window.addEventListener('scroll', ()=> {
    const scrollTop = window.pageYOffset || document.documentElement.scrollTop;
    if (scrollTop >= windowBottom) {
    topBtn.style.opacity = 0.6;
    topBtn.style.pointerEvents = "auto";
    }
    else {
    topBtn.style.opacity = 0;
    topBtn.style.pointerEvents = "none";
    }
});

JavaScriptのコードを分離してHTMLで記述する場合

コードの冒頭に、JavaScriptで a タグを挿入しています。コードのコメントアウトしてある「// aタグをbodyタグ直下に追加」の各4行(※コメントアウト含む)がそのコードです。

このコードは、HTMLで別途記述することが可能です。その場合は、コメントアウトしてある当該箇所を削除の上、HTMLに以下のコードを任意の箇所に記述しましょう。

<a href="#" class="backToTop"></a>
かかかず
かかかず

HTMLを別途記述する場合は、body タグの直下に記述しましょう。

CSS

CSSは、「トップに戻るボタン」に関する記述内容がほとんどです。

/* スムーススクロール */
html{
  scroll-behavior: smooth;
}
/* トップに戻るボタン */
a.backToTop {
    background: #5ba9f7;
    width: 55px;
    height: 55px;
    position: fixed;
    right: 50px;
    bottom: 50px;
    opacity: 0;
    z-index: 999;
    border-radius: 9999px;
    display: inline-block;
    transition: opacity 0.8s;
    pointer-events: none;
}
/* 上三角 */
a.backToTop:before {
    display: inline-block;
    color: #FFF;
    line-height: 1;
    width: 0.8rem;
    height: 0.8em;
    border: 0.2em solid currentColor;
    border-left: 0;
    border-bottom: 0;
    box-sizing: border-box;
    content: "";
    z-index: 1000;
    opacity: 1;
    left: 50%;
    top: 55%;
    position: absolute;
    transform: translate(-50%, -50%) rotate(-45deg);
}
/* hover時 */
a.backToTop:hover {
    opacity: 0.8 !important;
}

滑らかにスクロールさせる「スムーススクロール」の為に、scroll-behavior: smooth;html タグにあてましょう。

かかかず
かかかず

これがないと、アンカークリックで「ガバッと」スクロールしてしまいます。

さいごに

スクロール量が多いページだと「トップに戻る」ボタンがあるとユーザーライクです。

デザインは、この記事のような三角や矢印のような図形モチーフのものもあれば、文字の場合もあるので、必要に応じてカスタマイズしてみてください。