JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptの.replaceで文字列の置換

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

.replace

JavaScriptの.replaceで文字列の置換

JavaScriptの.replaceで文字列の置換

.replace メソッドで、指定した文字列を任意の文字列で置換します。

.replace

.replaceメソッドは、指定した文字列を検索し、見つかった文字列を別の文字列に置換します。

.replace("置換する文字列", "置換した後の文字列")

Excelに同じ「REPLACE」関数がありますが、「文字の位置」を基準に別の文字列に置き換えるのがExcelの関数なので、置換条件が少し異なります。

最初の文字列だけ対象なのが.replace

対象の文字列の中に一致するものが複数あった場合で、置換されるのは最初に見つかった文字列だけなのが、.replaceです。

.replaceを使ったサンプル

まずは、.replace メソッドを使ったサンプルです。

文字が置換される前の文字列

上記のボタンをクリックすると、上部の「文字が置換される前の文字列」の表示が「文字が置換された後の文字列」に置換されます。

このように、文字列を置き換えたい時に使えるメソッドです。

.replaceを使ったコード

このサンプルのHTMLを見てみましょう。

<p id="replaceconpo" class="deleteclass">文字が置換される前の文字列</p>
<button id="replaceBtn1">idが#replaceBtn1のボタン</button>

このように、HTMLでは div タグの中に p タグのみのシンプルな構成です。

そして、以下が .replace を使ったJavaScriptのコードです。

document.querySelector('#replaceBtn1').addEventListener('click', () => {
const strObj = document.getElementById("replaceconpo").innerHTML;
const result = strObj.replace("置換される前", "置換された結果");
document.getElementById("replaceconpo").innerHTML = result;
});

replaceBtn1 のidを持つボタンをクリックしたときに、.addEventListener で関数が発動し、strObj でreplaceconpo の文字列を取得します。

そして次に、取得した文字列を result で置換して出力します。

かかかず
かかかず

クリックで文字列を取得。そして置換して出力の順番で動くJavaScriptです。