JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptのライブラリSwiperでタブのメニューに連動したスライダー・カルーセル

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

Swiper

JavaScriptのライブラリSwiperでタブのメニューに連動したスライダー・カルーセル

JavaScriptのライブラリSwiperでタブのメニューに連動したスライダー・カルーセル

 JavaScriptライブラリの「Swiper」は、スライダーを簡単に設置できるライブラリです。これをベースに、ほんの少しコードを書けば「タブ」のUIと絡めたスライダーを実装することができます。

かかかず
かかかず

タブにスライドの動きが加わります。

そんなUIを、Swiperのオプションと少しのコードでできるので、是非参考にしてみてください。

Swiper

Swiperは、スライダー・カルーセルUIの超定番とも言えるJavaScriptのライブラリです。

かかかず
かかかず

Swiperは本当に便利です。

Swiperの利用は簡単で、以下3つの方法で利用することができます。

  • npmでインストール
  • CDNを利用
  • ファイルをダウンロードして利用

Swip絵kmは、jQuery不要で動き、オプションも豊富に用意されている為、カスタマイズもしやすいライブラリです。

以下の記事では、このSwiper.jsについて解説していますので以下の記事もあわせてご覧ください。

Swiperのイラスト スライダーの超定番ライブラリSwiper.jsの基本と使い方

タブのメニューに連動するスライダー・カルーセルのサンプル

早速サンプルです。

各タブには、リンクカードを模したオブジェクトを2つずつ格納しています。各メニュー部分をクリックすると、表示されるタブのコンテンツ部分が、左右へスライドしながら切り替わって表示されます。

かかかず
かかかず

タブUIですが、スライダーUIでもあり・・。両方の機能付きのUIみたいな感じです。

実装の手順と方法

手順と方法

コードの解説の前に、実装の手順と方法について解説します。

Swiperを記述

はじめにSwiper本体を読み込ませる必要があるので、以下のコードをHTMLの <head>〜</head> の中に記述しましょう。

<link
  rel="stylesheet"
  href="https://unpkg.com/swiper@7/swiper-bundle.min.css"
/>
<script src="https://unpkg.com/swiper@7/swiper-bundle.min.js"></script>

この記事では、記述するだけでOKなCDNでの読み込みの場合で進めます。

HTMLを記述

次に、HTMLの設置したい場所にコードを記述します。

<div class="javaSample">
<div id ="app">
    <div class="swiper-container tab-menu">
        <ul class="swiper-wrapper">
            <li class="swiper-slide">Tab 1</li>
            <li class="swiper-slide">Tab 2</li>
            <li class="swiper-slide">Tab 3</li>
            <li class="swiper-slide">Tab 4</li>
            <li class="Tabs__presentation-slider" role="presentation"></li>
        </ul>
    </div>

    <div class="swiper-container tab-content">
        <div class="swiper-wrapper">
            <div class="swiper-slide">
                <article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 1-1</p>
					</a>
				</article>
				<article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 1-2</p>
					</a>
				</article>
            </div>
            
            <div class="swiper-slide">
                <article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 2-1</p>
					</a>
				</article>
				<article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 2-2</p>
					</a>
				</article>
            </div>
            <div class="swiper-slide">
                <article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 3-1</p>
					</a>
				</article>
				<article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 3-2</p>
					</a>
				</article>
            </div>
            <div class="swiper-slide">
                <article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 4-1</p>
					</a>
				</article>
				<article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 4-2</p>
					</a>
				</article>
            </div>
        </div>
    </div>
</div>
</div>
JavaScriptを記述

次に、JavaScriptでSwiperのオプションを記述します。

コードは <body>〜</body>で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

var tab = new Swiper('.tab-content', {
    slidesPerView: 1,
    autoHeight: true,
    
    thumbs: {
        swiper: {
            el: '.tab-menu',
            slidesPerView: 4,
        }
    },
});
CSSを記述

最後にCSSを記述して、見た目を整えましょう。

ul.swiper-wrapper {
    border: none;
    list-style: none;
    margin: 0;
    padding: 0;
}
ul.swiper-wrapper li.swiper-slide {
    display: flex;
    justify-content: center;
    align-items: center;
    height: 60px;
}
ul.swiper-wrapper {
    border: none;
    list-style: none;
    margin: 0;
    padding: 0;
    box-shadow: 0 7px 34px rgb(50 50 93 / 10%), 0 3px 6px rgb(0 0 0 / 8%);
    border-radius: 3px;
    background: #FFF;
}
ul.swiper-wrapper li.swiper-slide {
    display: flex;
    justify-content: center;
    align-items: center;
    height: 45px;
    cursor: pointer;
    position: relative;
    z-index: 1;
    border-right: solid 1px #eee;
    color: #707070;
}
ul.swiper-wrapper li.swiper-slide:nth-child(4) {
    border: none;
}
ul.swiper-wrapper li.swiper-slide.swiper-slide-thumb-active {
    color: #FFF;
}
.tab-content {
    opacity: 1;
}
.swiper-container {
    padding-bottom: 20px;
}
.swiper-slide:first-child.swiper-slide-thumb-active ~ .Tabs__presentation-slider {
  transform: translateX(0) scaleX(0.25);
}
.swiper-slide:nth-child(2).swiper-slide-thumb-active ~ .Tabs__presentation-slider {
  transform: translateX(25%) scaleX(0.25);
}
.swiper-slide:nth-child(3).swiper-slide-thumb-active ~ .Tabs__presentation-slider {
  transform: translateX(calc(25% * 2)) scaleX(0.25);
}
.swiper-slide:nth-child(4).swiper-slide-thumb-active ~ .Tabs__presentation-slider {
  transform: translateX(calc(25% * 3)) scaleX(0.25);
}
.Tabs__presentation-slider {
  position: absolute;
  bottom: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 100%;
  transform-origin: 0 0;
  transition: transform 0.25s;
  background: linear-gradient( 45deg , #bdb9ff, #67b8ff);
}

.swiper-slide {
    display: flex;
    justify-content: space-around;
    flex-wrap: wrap;
    padding: 15px 0 10px;
}
/* カード */
article.card {
    width: 46%;
}
article.card a {
    display: flex;
    flex-direction: column;
    border-radius: 2px;
    background: #fff;
    box-shadow: 0 0 3px 0 rgb(0 0 0 / 12%), 0 2px 3px 0 rgb(0 0 0 / 22%);
    cursor: pointer;
    transition: 0.2s ease-in-out;
    padding-bottom: 12px;
    text-decoration: none;
}
article.card a:hover {
    box-shadow: 0 15px 30px -5px rgb(0 0 0 / 15%), 0 0 5px rgb(0 0 0 / 10%);
    transform: translateY(-4px);
}
article.card img {
    margin-bottom: 10px;
}
article.card time, article.card p {
    padding: 0 20px;
    color: #313131;
}
article.card time {
    font-size: 0.9rem;
    color: #aaa;
    font-weight: 600;
}
p.cardTitle {
    font-size: 1.3rem;
    margin: 0;
    font-weight: 600;
}

ざっくりとしたコードの解説

HTML

HTMLは、CDNで記述する内容と、スライダーを設置する内容の2種類です。

まずは、CDNでSwiper本体読み込ませる記述は、以下のコードをHTMLの <head>〜</head> の中に記述します。

<link
  rel="stylesheet"
  href="https://unpkg.com/swiper@7/swiper-bundle.min.css"
/>
<script src="https://unpkg.com/swiper@7/swiper-bundle.min.js"></script>

そして次に、Swiperでスライダーを設置します。コードは以下で、設置したい場所に設置します。

<div class="javaSample">
<div id ="app">
    <div class="swiper-container tab-menu">
        <ul class="swiper-wrapper">
            <li class="swiper-slide">Tab 1</li>
            <li class="swiper-slide">Tab 2</li>
            <li class="swiper-slide">Tab 3</li>
            <li class="swiper-slide">Tab 4</li>
            <li class="Tabs__presentation-slider" role="presentation"></li>
        </ul>
    </div>

    <div class="swiper-container tab-content">
        <div class="swiper-wrapper">
            <div class="swiper-slide">
                <article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 1-1</p>
					</a>
				</article>
				<article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 1-2</p>
					</a>
				</article>
            </div>
            
            <div class="swiper-slide">
                <article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 2-1</p>
					</a>
				</article>
				<article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 2-2</p>
					</a>
				</article>
            </div>
            <div class="swiper-slide">
                <article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 3-1</p>
					</a>
				</article>
				<article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 3-2</p>
					</a>
				</article>
            </div>
            <div class="swiper-slide">
                <article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 4-1</p>
					</a>
				</article>
				<article class="card">
					<a href="#">
						<img src="https://dubdesign.net/wp-content/uploads/2022/02/javatooltip.jpg">
						<time>6月19日</time>
						<p class="cardTitle">タイトル 4-2</p>
					</a>
				</article>
            </div>
        </div>
    </div>
</div>
</div>

HTMLのコード量は比較的多くなっていますが、大きく分けて「タブメニュー」と「タブの切り替えで表示されるブロック」の2種類です。

「swiper-container tab-menu」のclass名が付く要素がタブメニューのブロックで、その中にある li タグで「Tabs__presentation-slider」のclass名が付く要素が、タブの現在地につく背景色の要素です。

JavaScript

JavaScriptは、Swiperのパラメータに関するコード内容です。

var tab = new Swiper('.tab-content', {
    slidesPerView: 1,
    autoHeight: true,
    
    thumbs: {
        swiper: {
            el: '.tab-menu',
            slidesPerView: 4,
        }
    },
});

タブメニューをスライダーと連動させるには、thumbs のパラメータで swiper でサムネイルのスライダーのSwiperインスタンス名を指定してタブのスライダーを作ります。

ここで出てくるパラメータや、モジュールは、Swiperで使える全体のごく一部でこれ以外にたくさんあります。

外部リンク 利用できるパラメータやモジュール(英語)

是非あわせて参考にしてみてください。

CSS

CSSで、スライダー部分のCSSはSwiper本体のCSSで大枠のレイアウト・デザインがあたるので、タブメニューとリンクカードのスタイルをあてるコードがメインです。

ul.swiper-wrapper {
    border: none;
    list-style: none;
    margin: 0;
    padding: 0;
}
ul.swiper-wrapper li.swiper-slide {
    display: flex;
    justify-content: center;
    align-items: center;
    height: 60px;
}
ul.swiper-wrapper {
    border: none;
    list-style: none;
    margin: 0;
    padding: 0;
    box-shadow: 0 7px 34px rgb(50 50 93 / 10%), 0 3px 6px rgb(0 0 0 / 8%);
    border-radius: 3px;
    background: #FFF;
}
ul.swiper-wrapper li.swiper-slide {
    display: flex;
    justify-content: center;
    align-items: center;
    height: 45px;
    cursor: pointer;
    position: relative;
    z-index: 1;
    border-right: solid 1px #eee;
    color: #707070;
}
ul.swiper-wrapper li.swiper-slide:nth-child(4) {
    border: none;
}
ul.swiper-wrapper li.swiper-slide.swiper-slide-thumb-active {
    color: #FFF;
}
.tab-content {
    opacity: 1;
}
.swiper-container {
    padding-bottom: 20px;
}
.swiper-slide:first-child.swiper-slide-thumb-active ~ .Tabs__presentation-slider {
  transform: translateX(0) scaleX(0.25);
}
.swiper-slide:nth-child(2).swiper-slide-thumb-active ~ .Tabs__presentation-slider {
  transform: translateX(25%) scaleX(0.25);
}
.swiper-slide:nth-child(3).swiper-slide-thumb-active ~ .Tabs__presentation-slider {
  transform: translateX(calc(25% * 2)) scaleX(0.25);
}
.swiper-slide:nth-child(4).swiper-slide-thumb-active ~ .Tabs__presentation-slider {
  transform: translateX(calc(25% * 3)) scaleX(0.25);
}
.Tabs__presentation-slider {
  position: absolute;
  bottom: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 100%;
  transform-origin: 0 0;
  transition: transform 0.25s;
  background: linear-gradient( 45deg , #bdb9ff, #67b8ff);
}

.swiper-slide {
    display: flex;
    justify-content: space-around;
    flex-wrap: wrap;
    padding: 15px 0 10px;
}
/* カード */
article.card {
    width: 46%;
}
article.card a {
    display: flex;
    flex-direction: column;
    border-radius: 2px;
    background: #fff;
    box-shadow: 0 0 3px 0 rgb(0 0 0 / 12%), 0 2px 3px 0 rgb(0 0 0 / 22%);
    cursor: pointer;
    transition: 0.2s ease-in-out;
    padding-bottom: 12px;
    text-decoration: none;
}
article.card a:hover {
    box-shadow: 0 15px 30px -5px rgb(0 0 0 / 15%), 0 0 5px rgb(0 0 0 / 10%);
    transform: translateY(-4px);
}
article.card img {
    margin-bottom: 10px;
}
article.card time, article.card p {
    padding: 0 20px;
    color: #313131;
}
article.card time {
    font-size: 0.9rem;
    color: #aaa;
    font-weight: 600;
}
p.cardTitle {
    font-size: 1.3rem;
    margin: 0;
    font-weight: 600;
}

タブメニューがONになった箇所の背景色を変えるには、「.swiper-slide:first-child.swiper-slide-thumb-active ~ .Tabs__presentation-slider」のtransform プロパティを指定して、サイズを作り動きを出します。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

スライダーの部分は、Swiperのパラメータをいじるだけでカスタマイズが可能なので、いろいろ試してみてください。