JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptの.addEventListenerスクロールでプログレスバー

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

.addEventListener()

JavaScriptの.addEventListenerスクロールでプログレスバー

JavaScriptの.addEventListenerスクロールでプログレスバー

プログレスバーは、「ユーザーが記事やコンテンツをどの辺りまで読んでいるのか?」が視覚的に分かるUIです。

そんなプログレスバーを、ネイティブのJavaScriptで作ってみました。

かかかず
かかかず

コード量もそんなに多くなく、簡単に実装可能なスニペットです。

.addEventListenerスクロール

JavaScriptの.addEventListener は、指定したイベントで発動するメソッドです。

かかかず
かかかず

.addEventListenerは、使い勝手が非常に良いのでよく使います。

この記事でのプログレスバーは、スクロールで発動する scroll を使用しています。

ページスクロールのプログレスバーのサンプル

この記事でも実装しているプログレスバーですが、パソコンで見てみると以下の動画のように、ページのスクロールに応じてページ最上部のプログレスバーが、左から右に伸びます。

かかかず
かかかず

縦に長いページに合いそうなプログレスバーです。

プログレスバーのコード

プログレスバーのHTMLは、設置したいページの好きなところに以下を記述するだけです。

<div class="progress-bar"></div>
かかかず
かかかず

body タグ内であればどこでもOKですが、HTMLの上部の方に設置した方が構文的にも正しい気がします。

JavaScriptの大枠で言えば、progressBar() のプログレスバー自体と、updateBar() のスクロールイベントでの挙動を指定していきます。

(function progressBar(){
  const bar = document.querySelector('.progress-bar');
  window.addEventListener('scroll', function updateBar(){
    const windowScroll = window.pageYOffset;
    const docHeight = document.body.clientHeight;
    const windowHeight = window.innerHeight;
   
    const scrollUnit = (windowScroll / (docHeight - windowHeight) * 100);
    bar.style.width = scrollUnit + "%";
  })
}());

特に、コードの4行目以降の高さの指定方法と計算方法については、表示域の高さを取得する.clientHeightと、ウィンドウ内部の高さを取得する .innerHeight の2種類。それに加えて、.pageYOffset のスクロール量を取得・計算してプログレスバーの長さを表示させています。

CSS

以下がCSSですが、設置するHTMLも少ないのでこれだけです。

  .progress-bar{
    width: 0%;
    height: 20px;
    background-color: #707070;
    position: fixed;
    top: 0;
    left: 0;
    z-index: 200;
  }

重なり順を指定する z-index のプロパティは、当サイトに合わせて200にしているので設置するページに応じて変更ください。