JS

ネイティブネタ帳

UI

モーダル

タブ

ドロワー

スライダー

スクロール

アコーディオン

目次

ローディングアニメーション

ツールチップ

ヘッダー

テーブル

グラフ

背景

フォーム

フォーム

文字

文字の装飾

文字の操作

文字のカウント

数字の操作

ウィンドウ

ウィンドウ操作

タイトルの操作

ページ遷移時の動き

class

classの操作

要素

要素の操作

要素の追加

API

WP REST API

Google Books APIs

楽天市場API

openBD

画像・動画

画像の操作

YouTube

リンク

Google Analytics

cookie

検索

検索

お気に入り登録

JavaScriptの.childrenで指定要素の子要素にclass名を一括付与

お気に入り登録をすると、お気に入り記事一覧に登録することができます。

.children

JavaScriptの.childrenで指定要素の子要素にclass名を一括付与

JavaScriptの.childrenで指定要素の子要素にclass名を一括付与

要素が階層になっている「親要素・子要素・孫要素」で、JavaScriptを使って子要素に一括でclass名を付与します。

こんな時、.children プロパティが便利です。

是非、最後までご覧いただけたら嬉しいです。

.children

JavaScriptの.children は、 HTMLCollection で呼び出された要素の子要素をすべて返す読み取り専用のプロパティです。

var element    = document.getElementById('parentObj'),
childElems = element.children;
返す値

返す値は、要素のノードしか含まれません。例えば、テキストの文字列を取得したい時は .childNodes プロパティを使用しましょう。

ボタンクリックで子要素にclass名を一括付与するサンプル

早速サンプルです。

ボタンをクリックすると、子要素のclass名に「childclass」が付与されます。付与されると、font-weight:600; になるようにしているので、対象のものは全て太字になります。

子階層その1

子階層その2

子階層その3

  • liタグその1
  • liタグその2

サンプルでは、切り替えに準じた見た目の変更をご覧いただきました。実際のHTMLの変化については、変更前後を交え以下をご覧ください。

子要素にclass名が追加される前のHTML

まずは、JavaScriptでclass名を追加する前のHTMLです。「parentObj」のid名を持つ親要素に、p タグ・ul タグの子要素があります。

<div id="parentObj">
<p>子階層その1</p>
<p>子階層その2</p>
<p>子階層その3</p>
<ul>
  <li>liタグその1</li>
  <li>liタグその2</li>
</ul>
</div>

子要素にclass名が追加された後のHTML

この記事のサンプルにあるボタンをクリックすると、子要素のp タグ・ul タグの全てに「childclass」が付与されます。

<div id="parentObj">
<p class="childclass">子階層その1</p>
<p class="childclass">子階層その2</p>
<p class="childclass">子階層その3</p>
<ul class="childclass">
  <li>liタグその1</li>
  <li>liタグその2</li>
</ul>
</div>
かかかず
かかかず

ちなみに孫要素の li タグにchildclass」のclass名は付与されないです。

実装の手順と方法

手順と方法

コードの解説の前に、実装の手順と方法について解説します。

HTMLを記述

はじめに、HTMLを記述します。

<div id="parentObj">
<p>子階層その1</p>
<p>子階層その2</p>
<p>子階層その3</p>
<ul>
  <li>liタグその1</li>
  <li>liタグその2</li>
</ul>
</div>
JavaScriptを記述

次に、JavaScriptのコードをHTMLを設置したページに記述します。

コードは <body>〜</body> で、</body> の閉じタグ(クロージングタグ)の前に記述しましょう。

var element    = document.getElementById('parentObj'),
childElems = element.children;

for (var i = 0, len = childElems.length; i < len; i++) {
    childElems[i].classList.add("childclass");
};
console.log(childElems);

ざっくりとしたコードの解説

コードはHTMLとJavaScriptの2種類です。この記事のスニペットでは、見た目をさほどいじっていないので、CSSは割愛させてください。

HTML

HTMLは、「parentObj」のid名を持つ親要素に、p タグ・ul タグの子要素がある構造です。

<div id="parentObj">
<p>子階層その1</p>
<p>子階層その2</p>
<p>子階層その3</p>
<ul>
  <li>liタグその1</li>
  <li>liタグその2</li>
</ul>
</div>

先ほどのサンプルで出てきたコードと一緒です。

JavaScript

JavaScriptは、大枠で言うと「子要素を取得」と「ループで子要素全てにclassを付与」の2つです。

// 指定の親要素を取得
var element    = document.getElementById('parentObj'),
// 指定した親要素の子要素を全て取得
childElems = element.children;

// 取得した子要素をループで回す
for (var i = 0, len = childElems.length; i < len; i++) {
    // 子要素全てにclassを付与
    childElems[i].classList.add("childclass");
};

// コンソールログ
console.log(childElems);

.children で子要素を取得してくれるので、非常に簡単なコードでできています。

かかかず
かかかず

コード全体は、雰囲気でも理解しやすいシンプルな構造です。

さいごに

.children は読み取り専用のプロパティなので、利用が限定的になるかもしれませんが、このプロパティで一括取得できるので、カスタマイズして使えば非常に便利なものになりそうです。

是非カスタマイズするなどして使ってみてください。